スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /20代から成長するためのキャリア形成の描き方。未来に備えた進路「Career Meeting」開催のお知らせ
ニュース 2022.05.11

20代から成長するためのキャリア形成の描き方。未来に備えた進路「Career Meeting」開催のお知らせ

20代から成長するためのキャリア形成の描き方。未来に備えた進路「Career Meeting」開催のお知らせ

3行で言うと…キャリア形成を模索する関西の大学生・大学院生に向けた講演会&座談会「Career Meeting」を2022年3月15日(火)大阪イノベーションハブ(会場とオンライン)にて開催します
大阪・関西におけるスタートアップ・エコシステムの構築をミッションとする大阪イノベーションハブ(OIH)は、キャリア形成を模索する関西の大学生・大学院生に向けた講演会&座談会「Career Meeting」を開催します。今後社会で求められる人材像のリアルと20代のキャリア形成をお伝えする講演会と、スタートアップ最前線で活躍する現役の方々からリアルな声が聞ける座談会の2部構成で、キャリア形成の視野を広げるきっかけを提供します。会場とオンラインでのハイブリッド開催となります。
環境をはじめとした様々な課題が顕在化し、社会環境も急激に変化していく中、テクノロジーの進化と共に仕事がアップデートされ、新しい働き方も推奨されています。そのような中、自分はどのようにキャリアを形成し、成長していこうかと悩む若い世代も多いのではないでしょうか?
 本イベントでは、学生のみなさまに、大手企業からスタートアップまで多様な企業の人事戦略に携わるReBoost代表取締役 河合 聡一郎 氏が、これからの社会に求められる人材や、20代で成長するための第一歩の踏み出し方についてお話しします。また、スタートアップで成長を続ける現役インターン生や2021年度新入社員、20代で課長職を務める社員が、キャリアへの挑戦について実経験をお伝えします。自身のキャリア形成に新しい視点や選択肢を取り入れたい、自分の成長のためにいろいろと知っておきたいと考えている学生のみなさま、ぜひご参加ください。

■このような学生にピッタリです
・将来に向けて積極的にキャリア形成を考えたい
・将来に対するキャリアデザインが固まっていない
・このままではいけないと思っているが具体的にどうしていいかわからない
・スタートアップ や起業に興味がある

■概要
未来に備えた進路 Career Meeting-20代で成長するためのキャリア-

未来に備えた進路【Career Meeting】-20代で成長するためのキャリア-


<対象者>
関西の大学生・大学院生
<開催日時>
2022年3月15日(火) 15:00〜17:00
<開催場所>
会場開催:大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC7階)
オンライン開催:Zoomでの配信
<定員>
会場開催:40名
オンライン開催:60名
※締切日までに定員に達した場合、受付を締め切ります。
<料金>
無料
<申込締切日>
2022年3月13日(日)
<申込方法>下記ページよりお申し込みください。

未来に備えた進路【Career Meeting】-20代で成長するためのキャリア-

<プログラム>※プログラムは変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
15:00-15:05 オープニング
15:05-15:40 <第1部 講演会>河合 聡一郎氏が語る「20代で成長するための最初の一歩の踏み出し方」
15:40-15:45 休憩
15:45-16:35 <第2部 座談会>20代で課長職、現役インターン生、スタートアップ新入社員が語る「挑戦者の進んできた道」
16:35-16:40 クロージング
※オンライン開催はクロージングをもって終了となります。
16:40-17:00交流会~完全終了
※会場開催参加者のみでの実施となります。

<第1部 登壇者>
株式会社ReBoost
代表取締役 河合 聡一郎 氏
大手企業からスタートアップまで、事業戦略と連動した採用支援事業、評価制度構築やマネジメント研修、バリュー策定を中心とした組織開発事業など、人事面から組織強化を手掛ける。大学を卒業後、東証1部の印刷機械メーカー、リクルートグループにて勤務。その後、株式会社ビズリーチの立ち上げ期を経験し、セールスフォース・ドットコム等を経て、ラクスル株式会社に創業メンバーとして参画。人事マネージャーとして会社創りを牽引。2017年、株式会社ReBoostを創業。2020年4月、卒業生が全員起業することを目的とした、iU 情報経営イノベーション専門職大学の客員教授に就任。

<第2部 登壇者>
神戸大学 経営学部3回生
廣田 未来 氏
IT業界への就職をめざすが自分に法人営業職が合っているか分からない、また実務を経験して就職活動に生かしたいと考え、2021年5月からビジネス職のインターンとして株式会社フツパーに参画。「はやい、やすい、巧い、AI」を製造現場に提案する現役インターン。

夢見る株式会社 FC事業部 スーパーバイザー
2021年度新入社員 松本 留奈 氏
岩手県奥州市出身。国際基督教大学を卒業。「好きを学びに社会とつながる」というコンセプトに共感し、ロボットプログラミング事業を全国展開する夢見る株式会社に新卒1期生として入社。FC加盟先サポートの傍ら、新教材開発など興味のある業務に次々と挑戦中。

BabyJob株式会社 マーケティング部
カスタマーサクセスG 課長 村上 正樹 氏
大学3回時に友人2人と起業。ベビージョブの代表と出会い半ば吸収される形で閉業。4回生の春にベビージョブに入社し学生と正社員を両立。日本初の紙おむつのサブスク(「手ぶら登園」)事業を同社代表と共に立ち上げる。現在、全国1,700以上の保育所などで導入されるサービスへと成長。プライベートでは3児のパパ。

<第2部 モデレーター>
株式会社MIYACO
代表取締役 中馬 一登 氏
2014年、兄弟3人で株式会社MIYACOを設立。若手の活躍を推進するプロジェクトなどを多数企画・開催。特に10代の起業家育成に注力。京都にて若者のコミュニティU35-KYOTOのプロジェクトマネージャーや世界経済フォーラムによる33歳以下の若者のコミュニティ「GLOBALSHAPERS KYOTO」元代表。

<主催>
大阪イノベーションハブ
<共催>
大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム

■公益財団法人大阪産業局について
2019年4月、公益財団法人大阪産業振興機構と公益財団法人大阪市都市型産業振興センターの合併により、公益財団法人大阪産業局が設立。大阪経済の発展をめざし、大阪の中小企業などの経営力強化や創業支援などの事業を通じて健全な事業創出や育成を図り、活力ある大阪経済の発展に寄与することを目的にしています。大阪産業局では「大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」事務局を担っており、大阪・関西の中心部の集積を活かして、シーズからレイター時期までのシームレスな支援環境の構築・強化に取り組んでいます。また、未来を創造する起業家や技術者があつまるイノベーション拠点である「大阪イノベーションハブ(OIH)」の運営も行ない、起業家の支援、新事業の創出、スケールアップにつながる数多くのイベントやセミナーを開催しています。

大阪産業局 ホームページ:https://www.obda.or.jp/
大阪イノベーションハブ ホームページ:https://www.innovation-osaka.jp/ja/

【本件に関する問い合わせ先】
大阪イノベーションハブ
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC7階
TEL:06-6359-3004 E-MAIL:ohclub@innovation-osaka.jp
(月‐金 10:00〜18:00 ※祝日、年末年始除く)

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日程調整ツールJicoo(ジクー)、業界最低水準のクレジットカード手数料3.6%に引き下げを実施

自治体向け「みんチャレ HEALTHCARE フレイル予防」を横須賀市、綾瀬市に提供開始

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK