スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携
ニュース 2022.10.06

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

3行で言うと…ラピュタロボティクスと、みずほリースがラピュタロボティクスが提供する物流倉庫向けヒト協働型ピッキングアシストロボット(以下ラピュタPA-AMR)を対象としたサブスクリプションモデルの展開に関して、資本業務提携を締結した。
省力化・省人化が急務となる物流業界ではDXを通じた生産性向上への取り組みが急務となっている。

そんななか、ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携を締結。両社が連携することで、ラピュタPA-AMRにおけるサブスクリプションモデルの提供をより一層強化し、ロボットの導入障壁を軽減させる。

■ ラピュタロボティクス
 ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の群制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を活用した、ロボティクスソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルで物流業界に精通した営業チームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

■ みずほリース
 みずほリースは、「モノ」に関する広範な知見と商流に対する深い理解および高度な金融ノウハウを用いて、お客様の事業推進に資する幅広い金融・事業サービスを提供する総合リース会社です。経営理念のVision(目指す姿)は「サステナブルな社会のクリエイター」を掲げています。とりわけ、テクノロジーにより新しい価値を創出していくことは、サステナビリティ施策の重要課題の一つとして位置付け、注力しているとともに、お客様と共同でのサービスビジネスの拡大を推進しています。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK