スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /最適な退職代行サービスが最短60秒で見つかる!Webメディア「退職ナビ」が無料診断ツール「セレクトシェア」をリリース
ニュース 2022.10.24

最適な退職代行サービスが最短60秒で見つかる!Webメディア「退職ナビ」が無料診断ツール「セレクトシェア」をリリース

最適な退職代行サービスが最短60秒で見つかる!Webメディア「退職ナビ」が無料診断ツール「セレクトシェア」をリリース

3行で言うと…「退職代行サービスを選びたいけど、たくさんあってどれがいいか分からない」
こうしたお悩みを解決すべく、退職代行メディア「退職ナビ」は、退職代行サービス診断ツール「セレクトシェア」をリリースしました。
「退職代行サービスを選びたいけど、たくさんあってどれがいいか分からない」
こうしたお悩みを解決すべく、退職代行メディア「退職ナビ」を運営するミナヒカリ(新潟市、代表:長谷川 匠)は退職代行サービス診断ツール「セレクトシェア」をリリースしました。

詳細はこちら➡ https://taishoku-navi.com/selectshare

【SelectShare(セレクトシェア)とは】

「セレクトシェア」は、4~5つの選択式設問にご回答頂くだけで、条件にマッチした退職代行サービスを調べられる無料の診断ツールです。

詳細はこちら➡ https://taishoku-navi.com/selectshare

【SelectShare(セレクトシェア)の特徴】

無料で何度でも利用可能
雇用形態別に退職代行サービスを探せる
労働組合の退職代行サービスを探せる
返金保証のある退職代行サービスを探せる
予算に合った退職代行サービスを探せる

【強み】その1
退職代行サービス診断ツール「セレクトシェア」は、どなたでも無料で何度でもご利用頂けます。

【強み】その2
「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」「公務員」の雇用形態別に退職代行サービスを探せます。

【強み】その3
労働組合の退職代行サービスを探せるため、弁護士違反の可能性がある業者を避けることができます。

【強み】その4
返金保証のある退職代行サービスを探せるため、万が一の場合でも損をすることはありません。

【強み】その5
たとえば2~2万円以内といった、予算に合った退職代行サービスを探すことができます。

詳細はこちら➡ https://taishoku-navi.com/selectshare

【退職代行サービスとは】

退職代行とは、本来は退職する権利を持つ依頼者が、様々な理由で退職できずに悩んでいるときに利用するサービスです。
退職できずに悩む主な理由としては、ブラック企業内で上司や同僚からのヒドいパワハラや引き止め、サービス残業の強要や残業代の未払い等のトラブルに巻き込まれる等が挙げられます。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK