CATEGORY インタビュー

インタビュー

流行語大賞を受賞した「聖地巡礼マップ」のスタートアップ生存戦略

「流行語大賞…だと?」 スタートアップタイムズを運営するディップのサービスのひとつ「聖地巡礼マップ」がなんと12月1日に行われた「流行語大賞」を受賞。 世のスタートアップのように新規事業として低コスト低リソースではじまったサイトが、どのようにして流行語を受け取るまでに「ユーザーに育ててもらえたか」をディップ株式会社の山根さんに聞いてみました。 ある日メールが届く「何故うちが?」 「ん?流行語大賞…だと?」 ある日、広報担当者宛にあるメールが届きました。「御社が流行語大賞にノミネートされました」「何でうちが…?」…「いち早く聖地巡礼マップを製作・発表されていますので…」「いやそれは…」 当社の広報担当と、流行語大賞を主催するユーキャン新語・流行語大賞の担当の間で数回のやりとりを経た後、受賞と相成りました。  “聖地巡礼”が受賞したのは、「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」。ご存知の通り、ユーキャンさん主催の今年の世相を表している言葉や流行語を表彰するイベント。公式サイトはこちら。   最初は受賞を断ろうと思った 受賞したのはディップ株式会社が運営する「聖地巡礼マップ」日本最大級のアニメ聖地5000箇所を簡単に検索可能、Google社のストリートビューを使えば、家にいながら聖地巡礼ができる。 決意として受け取る 聖地巡礼マップはユーザーが作ったサービス 聖地巡礼マップでは広告等は行わず、PRを中心に認知を図っている。こちらはアニメの都道府県別聖地数ランキング2016年版 「アニメ」を「聖地巡礼」を「地方」を盛り上げたい 編集後記 スタートアップの世界では「成長なくば死」がルールですが聖地巡礼マップでは「ユーザーの行動支援に徹して」「生き残る」ことを一貫して考えておられるのが印象的です。世界の変え方の一つとしてとても参考になるお話でした。 スタートアップタイムズでもスタートアップのPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

アドテクから「仕組み化ビジネス」で世界を目指す、フルアウトの「成長市場でのスタートアップ戦略」

転職したメンバーから贈られた鏡の裏に書かれていたメッセージ。快く撮影OKでした。 拡大中のアドテクの中のDSP運用代行で200社以上の運用実績、300%以上の成長率を誇る急成長中の企業「フルアウト」。アドテクが主戦場…だけどキーエンス、良品計画を事業上のロールモデルに置くと語る金田社長に「成長市場のスタートアップコンセプト」その心を聞いてきました。 「仕組み化ビジネス」で世界のロールモデルとなる会社をつくる フルアウト代表の金田さん。25歳で起業し、現在4年目の29歳。 顧客がほしいのはテクノロジーではなく効果 急成長中のフルアウトDSP 「仕組み化」の軸はぶれさせない アナログで整理して、機械学習で最適化する 採用ホームページには創業者2人が語るコンテンツも 編集後記 レッドオーシャンの業界にいるといえるフルアウトさん。課題を「お客さんは成果がほしくて別にテクノロジーが欲しいわけでない」と捉えたJOB TO BE DONEの発想が金田さんの「スタートアップのコンセプト」です。 「仕組み化をプロダクトとして提供するものであれば、アドテクでなくてもいい」という言葉が印象的です。世界の変え方の一つとしてとても参考になるお話でした。 スタートアップタイムズでもフルアウトさんのようなスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

価格も公開する「PreferGrowth」はスタートアップのための開発サービスになるか?

株式会社Everforthが「いいアイデアはあるけど開発できない…」悩みをもつスタートアップ向けの開発サービスを作った、と聞いて CRO Evangelistの沖津竜平さんにお話をお聞きしました。 「作る」「作った後」はスタートアップの悩み Prefer Growthはビジネスを加速させる開発   アパレル7000店舗で利用されているAPPAREL CLOUDはご存知の方も多いのではないだろうか。 APPAREL CLOUDを支えるPrefer Cloud Platform上のもくもく=クラウドサービスPreferGrowth。 サービス開発のきっかけ 独自開発メソッドPrefer Growth Cycleで「伴走型クラウド」 価格が公開されている…ビジネスモデルが作れているスタートアップには現実的な価格感のようである…   編集後記 沖津さんご自身も、社内で新しい事業を生み出す社内起業家とでも言える存在。事業開発をしながら感じた「不」から生まれたサービスがどうなっていくか楽しみです。 スタートアップタイムズでは起業支援となりそうなツール等も取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

「外国人のためのインフラを日本に作る」東大生スタートアップJapan-Work

留学等で日本に住んでいる求職中の外国人と、働き手を必要としている企業をマッチングするJapan-Workを運営する株式会社JapanWork代表取締役鈴木悠人さんにインタビューBOTβがインタビューしました。 学生起業家「鈴木悠人」とは? 鈴木悠人氏:東京大学修士2年。学生交流イベント開催、webサービス立ち上げ等を通して事業立案を学ぶ。友人の留学生を助けたいという思いからJapanWorkを創設。ゴールドマンサックス、ベインアンドカンパニー、デロイト等10社以上のインターン経験あり。孫正義の後継者育成プログラム”ソフトバンクアカデミア”の第7期生。 Japan-Workとは? 国内最大級の外国人向け求人検索プラットフォームです。日本にいる外国人の方は、日本語の読解力不足が原因で自分が就きたい仕事の求人情報を見つけられていませんでした。そこで、英語と中国語で求人情報を閲覧でき、自らが持つ日本語能力に応じた求人を検索できるサービスをリリースしました。Facebookいいね数は4万、月間PV25万、月間応募数は1500を超えており、現在も急速に成長しています。 創業のきっかけ これからの戦略 社員の約70%が外国人という国際色豊かなチームは、JapanWorkの魅力の1つです。 編集後記 コーポレートサイトには鈴木さんの思いがメッセージとして綴られています。 私は”外国人雇用が日本の働き方を変革する”と本気で思っています。 私は活発な外国人の友人と出会ったことで大きく人生が変わりました。 何事にも挑戦する姿は私の憧れとなり、消極的だった自分の人生を変えるきっかけになりました。 多くの日本人が外国人と接することでこのように人生観を大きく変え、挑戦する日本人を増やしたいと思います。 興味をお持ちの方はぜひ一度お問い合わせください。 ご本人にもお会いしましたが、鈴木さんの思いが優秀な仲間たちを集めているのが伝わってきました。それにしてもコロプラネクストさんはとってもいい出資をされていますね。 スタートアップタイムズでも学生起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

あのスタートアップがWBSに…TV出演前後で世界はどう変わるのか

約1万人以上の人が回答した人事アセスメントツール「mitsucari(ミツカリ)」。以前、姉妹サイトAINOWでサービスのインタビューをしたのですが、テレビ出演の情報をキャッチ。 「スタートアップはメディア出演前後で世界はどう変わるのか」をテーマにスタートアップタイムズ編集部のくぼちが、株式会社ミライセルフの表孝憲さんに伺いました。 ある日「WBS」に出演した 表さんが出演したのは、WBS。ご存知の通り、テレビ東京系列からBSジャパン・日経CNBCで1988年から放送されている老舗経済情報番組です。番組コーナーのトレたまや特集で取り上げられると、次の日には意識の高い社会人の間で話題になる番組。 ビズリーチさんとのテーマ特集となっている。mitukariは14分ころから。 顧客の問い合わせが130%で推移、Web2次効果も発生 Blogosでの記事。元記事はキャリコネニュース。 「渋い人」にリーチできるのがテレビの強み 取り上げられるまでには半年 ミツカリのPRパートナーはシェイプウィン社。シェイプウィン社はIT企業を中心にPR/メディア露出によるブランディングとWEBによるプロモーションで宣伝活動を支援するマーケティング企画会社。WBSトレたまや日経MJ、Yahoo!ニュースにも露出実績あり。 ミツカリでは採用PRにも力を入れている。画像はWantedlyより。 編集後記 スタートアップの世界ではプロダクトに注力することとPRは別の世界で捉えられることも多いですが、ミライセルフさんではプロダクトとPRを「どうやったら届けられるか」「プロダクトの先にいる人」のこととして一貫して考えておられるのが印象的です。世界の変え方の一つとしてとても参考になるお話でした。 スタートアップタイムズでもスタートアップのPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

「秒速で億稼ぐ」投入!…成熟マーケットに「面白くない」と言わせない、Idealinkのゲリラスタートアップ

左から、広報担当の盛さん、代表の島袋さん すでに20年の歴史があり、大手企業が盤石のビジネスを展開するフランチャイズ情報メディア。そんな市場に身一つで後発新規参入し地歩を築いている『フランチャイズの窓口』。運営するIdealinkの島袋代表、広報担当の盛さんに「寡占市場のスタートアップ戦略」を聞いてきました。 「ランチェスター戦略」で後発でも参入口は作れる イベントに50人集客するとコミット。蓋を開けたら「5人」。 島袋さんが起業したのはフランチャイズの窓口 「秒速で億稼ぐ」✕「マネーの虎」 ロールスロイス:ファントム ロールスロイス社ホームページより。 「顔ぶれが面白くないから帰る」とは言わせない 島袋さんはフランチャイズエキスポの運営に長年取り組む 2016年のフランチャイズエキスポでは日本未上陸のブランドが多数出展し話題に このビジネスで経験がない人と時間軸を超えた成長を 「かっこいいカット」とのムチャブリに応えてくれた島袋社長とブレストしたい人はこちらへ 編集後記 成熟しつつあるとも言えるフランチャイズ業界。そんな業界を行動力で突破していく「リアル俺の空」な島袋さんの「ゲリラスタートアップ」はとってもたのしかったです。 「「顔ぶれが面白くないから帰る」と絶対言わせない!」という言葉が印象的です。ユーザーのバリューを起点に競合がやらないことをやる、世界の変え方の一つとしてとても参考になるお話でした。 スタートアップタイムズでもIdealinkさんのようなスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 ディップのスタートアップ支援プログラム 最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

世界初サービス「Payke」はバーコードでインバウンド消費を加速するスタートアップ

商品のバーコード(JANコード)をスキャンするだけ。ユーザーの使用言語に合わせ、無駄なコストをかけず、自社商品の魅力を世界中の人に届ける世界初のソリューション「Payke」。 じつはPaykeさんは沖縄スタートアップなのですが…今日は「Payke祝東京進出」ということで、東京支店長の吉井さんとPR戦略室の宮木さんにお話伺いました!   吉井さんに聞いた「Paykeってなにがうれしいの?」 [吉井]:訪日外国人に対して多言語化や翻訳を提供しているサービスはたくさんありますが、バーコードというどの商品にもついているものを起点にしているのはPaykeだけです。 バーコードを使っていることで2つのうれしいことが実現できています。 ひとつめは、 日本語を読めない外国人には、どんなにいい商品でもその魅力は伝わりません。そもそも訪日外国人のキーボードは日本語入力に対応していないので検索することも困難です。だからといって、パッケージを外国語にするわけにもいきません。paykeはパッケージについている、既存のバーコード(JAN)を読むことでユーザーの母国語に合わせて商品情報を閲覧できるサービスです。 ふたつめは、 どの商品にもついているバーコードを起点とすることで、新たにパッケージを変更したり、新たにQRコードなどを付ける必要もありません。今あるものに価値を与え、手間とコストが削減できます。バーコードに付け加える情報はメーカー様向けの管理画面からいつでも編集、更新ができます。 Paykeを導入することで、 日本語が読めない外国人観光客に対しても、余すことなく貴社の商品の魅力を伝えることができ、購入率を大幅に向上させ、機会損失を低減します。 コスト、障壁がなくサービスに導入できるのが特徴です。 宮木さんに聞いた「Paykeが役に立てるシーン」 [宮木]:とくにメーカーさんでのPayke管理アカウント活用をおすすめしています。 メーカーさんには無料で管理アカウントを発行しておりますので、自由に商品情報を入力、編集頂けます。有料アカウントでは、マップに紐づいた商品スキャンデータ、商品スキャンデータ、お店の閲覧データをはじめ、口コミやイイネ!数、国や性別、年代といったマーケティングに活かせる様々なデータを取得できるようになります。 これまで動向が掴みづらかった外国人観光客のデータを可視化します。 Paykeが可視化するバーコードリーディングのデータ…すごい 卸問屋さんやメーカーさんには流通やパッケージの変更コストを掛けること無く、海外対応ができることはもちろん、国内でのバーコードの読まれかたが見えたり、海外での売れ行きが把握できたりするマーケティングメリットも大きいと思います。 続々と大手化粧品メーカーさんやナショナルブランド企業にご導入いただいております。化粧品メーカーや食品メーカーさんなどは積極的にご説明に伺っていますので、お気軽にお声掛けください。 まとめ インバウンド対応のアプリは多々あれど、実は一番知りたいのって買い物するシーンだったりするよね、ということでPaykeさんが目につけたのはバーコード。 枯れた技術の水平展開というかバーコードバトラー世代(古いか)としては馴染み深い手法で世界進出を図るあたり胸アツです。