CATEGORY インタビュー

インタビュー

チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」

株式会社Be&Doの石見一女さんにインタビューしました。 石見一女 1959年5月8日生まれ 武庫川女子大学文学部卒業 大学卒業後、1985年に25歳でセールスプロモーション系人材派遣会社を創立。1988年に法人化して以来、経営を続けている。 1994年に組織・人材活性化コンサルティング会社を共同経営で設立し、通販会社、物流会社、IT企業、エネルギー会社、総合電気メーカー、医薬品メーカー、販売会社などの組織活性化コンサルティングを行う。 1998年から組織論の第一人者である加護野忠男先生(現:甲南大学特別客員教授)、キャリア論の第一人者である金井壽宏先生(神戸大学大学院経営学研究科教授)のご指導を得て、「人と組織の活性化研究会(APO研究会)」を設立し、働く人のイキイキについて研究活動を継続している。 2000年に株式会社キャリアステージに社名を変更し、人材紹介事業に従事。 2011年に株式会社Be&Doを設立。 「個人と組織のイキイキ」をライフワークとしている。 チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ Habi*do(ハビドゥ)は、目標・習慣・タスク・学びを可視化し、モチベーションを相互に高め合う、あらゆる組織や目的に対するエンゲージメントを向上する仕組み。 サービスサイトによると「チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ」とコンセプトが表現されている。代表の石見氏はもともとにはチームのパフォーマンスのコンサルをしており、数多くのチームをコンサルしてきた実績を持つ。 こんな体験がサービス開発のきっかけ。 成果を挙げるチームとか、営業組織とか…調査をたくさんやってきましたが「共有をして成果を称え合う」のがどのチームにも共通したゴールデンプロセスでした。一方でコンサルだと一時的に効果ありますが、コンサルがいなくなると効果がなくなります。 それはお客さんにすごい負担なのではないかなと思いました。 その気づきから、大手企業のコンサルティングプロジェクトで現在のサービスのプロトタイプを作成し、手ごたえを得たそうだ。 あるお客さんで「社員の健康増進施策の施策はないか」と言う話があり今のサービスのプロトタイプを作りました。100日間で9割の人が健康改善効果を感じ、続けたいが7割、という成果が出ました。副次的には部門間のチームワークが良くなったという声も受けたり、開発や企画が仲良くなったという声もいただきました。 一方で管理者からの関与は負担が多い状態で、事務局を務めた当社もご担当者もとても大変でした。それでちゃんと開発しようとなって1年ぐらいをかけて改良版を作っていきました。 石見氏はそのサービス設計のポイントをこのように表現する。 目標を達成するためにやる行動習慣やタスクをメンバーと共有することでコミュニケーションを発生させて、今後どう達成を目指して行動させるのか、行動変容させるのかがサービスのポイントです。チームのメンバーが自発的に行動を起こし、助け合いが生まれるように仕組みを設計しています。 行動継続やコミュニケーションにフォーカスした類似のサービスにシンクスマイルの提供する社内SNS「HoooP」や、A10Labの提供する三日坊主防止アプリ「みんチャレ」があるが、前向きにとらえている。 Hooopさんの承認し合うところは似ている言われることもありますし、A10ラボさんの習慣化のところは似ているかなと思います。ただ目的が違っていると思っていて、Hooopさんは人的評価、みんちゃれさんはBtoC。ハビドゥは企業内での組織の継続運用に特化しています。 ロート製薬株式会社をはじめとして、複数の企業で成果が上がっておりその様子はWebサイトでも確認できる。 サービス面ではAIを活用したアドバイス機能を強化していくつもり、とインタビューに同席してくれた取締役 執行役員/COO の槁本豊輝氏は語る。 現在は診断25問程度を聞くことでタイプ診断をして「例えばお調子者もアクセスが減ってくると未来へのニンジンをぶら下げると頑張れる」 とかアドバイスのタイミングや言い方をルールベースで出すようなことを計画しています。今年の秋ぐらいには行動タイプに合わせたアドバイスをしようと思っています。行動ログを取っていって機械学習を取り入れ、さらにアドバイスの精度や多様性を強化しようと思っています。 今後は、2017年度中には登録1万ユーザーの獲得を目指していきたい考えだ。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』

AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』を提供する松本直樹さんにインタビューしました。本インタビューの前後でSkyland Venturesと個人投資家1名より資金調達をされたということで、その詳細はぜひPediaさんで。 AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』 松本直樹 株式会社Carat(カラット)代表取締役社長 2016年12月5日に創業 ( https://www.caratinc.jp ) ▼略歴 ・同志社大学商学部卒業 (2010年~2014年) ・株式会社SHIFT (2014年4月~2016年11月) ・株式会社Carat (2016年12月5日創業) ▼これまでの経歴 2014年に同志社大学を卒業し、ソフトウェアテスト事業を行うSHIFTに入社。 外資系大手SIer案件にてオフショアへのテストアウトソーシングのコンサルティングを行う。 新卒1年目から部署の立ち上げを行い、営業/顧客折衝/提案/プロジェクト管理/予算管理/採用と幅広い業務を経験後、 海外に設立した子会社の立ち上げ支援を行う。 TinderライクなUIで楽しく仕事探しができる 編集後記 TinderライクなUIと仕事探しの相性へのテストは当社もご多分にもれず行っているが、HR本丸の転職領域ではまだ大きなサービスは出てきていないのが現状。Yentaをそんな感じに使ってるエンジニアさんもいらっしゃるなか、松本さんのチャレンジは楽しみです。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

組織心理学を応用してスキル採用からシナジー採用を目指す「INOBER」

株式会社Meta Anchorの山田 邦生さんにインタビューしました。 社員の性格や価値観をもとに、組織にフィットする人材を採用できる「INOBER」 山田 邦生 名古屋工業大学大学院卒。管理部門や士業に特化した転職エージェントMS-Japanに入社。キャリアコンサルタントとして1000人以上の求職者と接し、100名以上の転職支援実績を持つ。同社退職後は独学でプログラミングを学び、Webアプリ開発、Pythonを使った人事関連のデータ解析の実績あり。 スキル採用からシナジー採用へをコンセプトにサービスは作られている 編集後記 ミツカリさんなど、たくさんのカルチャーフィットソリューションがでてきていますが、データ活用が遅れるHRの領域にとってはよいことですね。「スキル採用からシナジー採用へ」をかかげるINOBERさんのコンセプトには共感できるものがあり、MS-JAPAN出身の山田さん、人材企業出身ならではのソリューションが楽しみです。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

QRコードよりも遠いところから読み取れる「XPANDコード」

銀座交通デザイン社合資会社の南木 徹さんにインタビューしました。 QRコードよりも遠いところから読み取れる「XPANDコード」 南木 徹 大学で法律と建築デザインを学ぶ。大手弱小自動車メーカーを経て2000年に創業。 iモードコンテンツの開発やウェブ制作などを経て、交通系・産業系の情報デザイン・工業デザインにシフト。 2016年に新サービスをリリースし、第二創業。 中千住、の下の方にあるバーコードがXPANDコード 編集後記 QRコードって日本が誇るソリューションですが、遠距離に弱いのが玉にきず…そんな痛し痒しに解決策がでてきました。XPANDコード、リアルマーケ関係者は試してみたいですね! スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

高校1年生が運営する中高生の意見発信プラットフォーム「Mediums」

中高生の意見発信プラットフォーム「Mediums」を提供する白髭直樹さんにインタビューしました。 高校1年生が運営する中高生の意見発信プラットフォーム「Mediums」 白髭直樹 映像制作からプロモーション、プログラミングなど多岐にわたり活動。映像関係においては主にNHK主催大会にて全国3位、映像コンテスト優勝など数多くの受賞歴。 またITベンチャーにクリエイターとして参画のほか、記者としての活動やイベントの企画運営なども行っている。学生にも知る権利、発信する権利はある、をモットーに学生報道メディア Mediumsを立ち上げ、リリース。2017年5月よりニュージーランドの高校に留学。現在、高校1年生。 https://www.wantedly.com/users/17852405 ウェブマガジン形式で運営されている 編集後記 現在高校1年生の白髭さん。起業に年齢は関係ないものの…苦労されたことも多かったはず。彼のメッセージからはそれにとどまらず将来に向かった思いがつづられていました。 4年前の話ですが私が起業したいといっても、あまり真に受けられなかったのも過去の話になりつつあります。ITの進化や技術革新によって、なんでも手軽に物事を起こせるようになりました。 とはいえ今でもその壁は壊れたとはいえず、企画書を持ち込んでも門前払いされることが多々あります。一般的に見たら未だ中高生の力は無いように思えますが、社会の風潮というものに無力化されているだけで、本来は中高生にしかできないことがいっぱいあると考えています。 私たちは壁を壊すために活動を進めています。このような活動から自らを中高生で何かをすることは決して早いことではない、何かアクションを起こしたいと思ってもらえれば何かが変わると思っています。 そうしていくと結果的に中高生も認められる社会になっていくと信じています。 スタートアップタイムズでも学生起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

元体操選手が作る、体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS」

体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS / ジムナスツ」を提供する下田邦比呂さんにインタビューしました。 体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS / ジムナスツ」 下田邦比呂 7歳より器械体操を始め、高校時代には新潟県ジュニア選手権団体3位、大学時代には全日本学生体操選手権大会出場や関東甲信越体育大会体操競技の部団体優勝など。新潟大学を卒業後、新潟大学大学院へ進学。 同大学院を中退後、某IT企業でインターン、正社員として参画。 現在は某デジタルマーケティング企業にてディレクターを務める傍ら、体操専門ウェブマガジン「GYMNASTS / ジムナスツ」を制作・運営中。 ウェブマガジン形式で運営されている 編集後記 体操への熱いメッセージを寄せてくれた下田さん。スポーツスタートアップが盛り上がりつつある昨今、楽しみなサービスです。 体操はまだまだ発展途上のスポーツです。 しかしながら、それだけこれから面白くなっていく可能性を秘めたスポーツとも言えます。 今後も体操競技をより楽しんでもらえるよう、何卒ご協力いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

20歳起業家のReTechスタートアップ「SmartEstate」は不動産業界の変革に挑む

今日は、仲介手数料や礼金なしで不動産の貸し借りが出来るサービスを運営するスタートアップのインタビューです。SmartEstate,Inc.の吉本さんに話を聞いてきました。 吉本明弘 中学校の頃から不動産業界に関わり始めて高校の頃からプログラミングを独学で学習して受託開発をしてプログラミングスキルを向上させ、2016年3月からの開発を開始、2016年5月にベータ版をリリース。 管理会社・オーナー・一般個人から、直接物件を借りることができるSmartEstate 吉本さんが運営するのはSmartEstate。 SmartEstateは最小限の時間とお金で簡単に管理会社やオーナーから直接借りられるプラットフォーム 不動産のCtoCといったところか。 メリットも多いようだ ちょっとしたブーム感もある不動産テック(ReTech:Real Estate Tech)で唯一のモデルに見えるのだがどうか。そのあたりを聞いてきた。 最短10秒「不動産業務の全自動化」 20歳の挑戦   物件数数十万のサービスにしてリリースしたい 編集後記 不動産テック(ReTech:Real Estate Tech)領域はプレイヤーの参入が相次ぐ領域。さんはそのユニークさから気になっていました。学生起業家マップを作っていたところ、Yentaでばったり名前をお見かけして取材のお願いをしたのでした。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

今までにないVRデベロッパー向けツール「アクセシブル」を手掛けるダズル

今日は、VRを手掛けるスタートアップのインタビューです。 今までにないVRデベロッパー向けツール「アクセシブル」 今までにないVRデベロッパー向けツールツール「アクセシブル」がリリースされる。 「アクセシブル」はゲームをはじめとするVRプロダクト運営のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー企業向けツール。VRプロダクトを開発・運営するデベロッパー企業様に対して、既存の分析ツールでは対応できない、VRならではのデータ収集・分析機能を提供。 また、予算や施策スケジュールの管理機能を提供することで、運用計画・実行、データ分析、プロダクト改善までをシームレスにサポートする。 今までにないVRデベロッパー向けツール「アクセシブル」 ダズル代表の山田さん曰く「VR版のGoogleAnalytics」とのこと。珍しいVRデベロッパー向けツールについて代表の山田さん、広報の川上さんにお話を聞いてきた。 山田泰央(やまだやすてる) 2005年、大阪でフリーランスエンジニアとして起業 。2008年株式会社イスト入社 。2009年オーストラリア留学を経て、2010年に東京でフリーランスエンジニアとして起業。2011年に株式会社ダズルを設立し、代表取締役就任(現任) 今後10年成長し続けるVR市場で伸び続けるもの オキュラスを触って、衝撃が忘れられない 社員はお揃いのパーカーを着ている。左手がインタビューに同席してくださった川上さん。 「アクセシブル」で海外にも展開を図る 編集後記 VR系スタートアップはちらほら出てきているものの、ツール系はまだまだ余地がありそう。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

24hで10000人登録…ヤンキーインターンの「ハッシャダイ」が次に打ち出すサービス

今日は、中卒・高卒といった学歴や地方格差によって可能性に気付けない「よそもの、ばかもの、わかもの」に、東京での職・食・住を無償で提供するヤンキーインターンシップを実施するスタートアップのインタビューです。株式会社ハッシャダイの久世さんに話を聞いてきました。 久世大亮 自身の経験をもとに、学歴や地方格差によって可能性に気づけ無い若者たちに、「東京での食・職・住」を無償で提供することで体験格差を埋め、より「選択格差」のない社会の実現を目指す「ハッシャダイ」を創業。 久世さんがハッシャダイでやっているのは「ヤンキーインターンシップ」に代表されるインターンシップ事業。 ハッシャダイとは? ハッシャダイの事業定義はホームページによるとこのようになっている。 株式会社ハッシャダイは中卒・高卒の16-22歳の方を対象とした漠然と今の自分を変えたい「わかもの」の、社会進出、自己実現、自分探しの支援を行うサービスを行なっています。 学歴や地方格差によって可能性に気付けない若者たちに、「東京での食・職・住」を無償で提供することで、「選択格差」のない社会の実現を目指す、エシカルカンパニー(倫理的企業)です。 ビジネスモデルはインターンシップを通じた育成型人材紹介とでもいうもの。 都心体験型インターンシップという漠然と今の自分を変えたい「わかもの」の、社会進出、自己実現、自分探しの支援を行うサービスを行なっています。 ユニークなブランディングを中心に話を聞いてきた。 第ゼロ新卒マーケットを作る 株式会社ハッシャダイのサービス紹介動画 『What’s Yankee Intern』 1社1学生制度と7/5/3問題 エモーショナルな方を攻める 連携の一部がYouTuberのヒカルから発表されている 編集後記 わたしも九州の田舎出身なのですが、元ヤンキーだった同級生も今は社長に…エモい部分にこだわると言い切る久世さんとVAZ森さんのあらたたなサービスが楽しみです! スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

ウェビナーのコストを1/100に。全国の誰にでも、新たな価値を「手軽に」「深く」伝えられる社会を作る

『コクリポウェビナー』という名称で、ウェビナーツールを提供する株式会社コクリポの正井 貴さんにインタビューしました。 ウェビナーの利用料金を従来の1/100に 正井 貴 東北大学大学院 工学研究科修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、丸の内キャピタルを経て、iPS細胞ビジネスのパイオニアであるリプロセルに参画。 リプロセルでは、取締役 営業・マーケティング部長として、全国・全世界の販路開拓、米国支社の設立・経営を担った。売上の大幅拡大、営業関連費用の削減により、2013年の上場直前期の黒字転換に貢献し、上場資金を活用した米国2社・英国1社の買収・業務統合をリード。 リプロセル在職中にウェビナーの価値と料金が高止まりしている現状に問題意識を感じ、2016年 株式会社コクリポを共同創業。 正井さんが運営する株式会社コクリポ 圧倒的なコストパフォーマンスが特徴 編集後記 コストが1/100とは…スタートアップが成功するには今までのやり方を、圧倒的に「早い、安い、シンプル」にするとよく言われますが、まさにコクリポウェビナーはその通りのサービスでした。『全国の誰にでも、新たな価値を「手軽に」「深く」伝えられる社会』が楽しみです。 スタートアップタイムズでも学生起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

大阪のティーン起業家が日本をハックする「NPO法人ハックジャパン」

中高生から大学生までを対象にした社会課題解決型の起業体験キャンプを運営するNPO法人ハックジャパン代表理事小山 優輝さんにインタビューしました。 16歳で起業「小山 優輝」が手掛ける社会起業の新しい形とは? 小山 優輝 大阪出身の10代起業家。大阪府内の公立高校に通う傍ら16歳で起業。現在はNPO法人ハックジャパンの代表理事、ChangeMaker LLC. 副社長など複数社を兼務。世界経済フォーラム Re-Generate Japan Project にて最優秀賞を受賞。他、慶応ビジネスコンテストにて2部門で最優秀賞を獲得など。現在は、プログラミング教育事業、キャリア教育事業を中心に教育の領域でイノベーションを起こし始めている。 小山さんが運営するNPO法人ハックジャパン(HACK JAPAN) リアルな場づくりを重視したプログラミング学習が特徴 編集後記 代表は海外大学。他の役員は、高校生。社員の約70%が大学生。他、高校生などといった学生によるスタートアップ。日本中にインターネットの環境の有無に関係なく10代にNPOという立場を活かして行政、地域、企業、学校を繋いで社会を変えていこうとする姿…年齢は関係ないですね。着実にビジョンに向かうしたたかな起業家の姿が見えました。 スタートアップタイムズでも学生起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

インスタ映えする店が見つかるグルメアプリ「Tastime」がインスタ女子を募集中

今日は、インスタ映えする飲食店が見つかる新感覚グルメアプリ(Tastime)の開発・運営を行うスタートアップのインタビューです。株式会社TripBoxの根本さんに話を聞いてきました。 Atsunari Nemoto(根本 淳成) CEO 1994年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科在学中。高校時代に受講した早稲田大学ビジネススクール共催の起業家育成プログラムにおいて、ビジネスとは目的でなく、問題解決をする手法であることを学ぶ。その中で起こした事業で社会起業家支援団体ASHOKAから当時最年少ベンチャラーに選出。その後、いくつかの事業を関わる過程において参加したダボス会議系列組織「Global Shapers」にて英語能力の重要性を認識し、2014年からビジネスと英語を学ぶためにNYに1年間留学。帰国後、本事業案の元となるプランで東京都主催「TokyoStartupGateway」にて546組から10組のファイナリスト(最年少)に選出。 インスタ映えする飲食店が見つかる新感覚グルメアプリ「Tastime」 TripBoxが運営しているのは、飲食店をインスタ映えする写真から探す「Tastime」。 ■Tastime(テイスタイム)とは Instagram社の公式APIを使用した新感覚グルメサービスです。Instagramで人気のお店や、世の中のトレンドを先取りできるグルメサービスはTastimeだけ。 ・Instagramに載っている内装、外装、食事の写真から、インスタ映えする写真が撮れる飲食店が見つかります。 ・投稿者のコメントから、ユーザーのリアルな声が分かります。 ・他のグルメサービスのような評価点ではなく、Instagram内でのポスト数をランキングの指標にしています。 ・カテゴリー・値段・場所といった詳細なジャンルから絞り込んで、あなたの求めている写真が撮れる飲食店を見つけることができます。 ・現在地検索が可能なため、近くにあるインスタ映えする飲食店を見つけることができます。 ・気に入った飲食店は、お気に入りとして保存しておくことができます。 最近人気上昇中のアプリのようだ。 他人にシェアするための情報 現在の社名の由来ともなっているTripBox時代のサービス。 情報検索サイトの王道とは逆 雑誌のような美しいUIが特徴。 BtoB営業ゴリゴリはやらない 編集後記 「このアプリ知ってますか?」とインターンの子に教えられたのがTastime。学生起業家マップを作っていたところ、名前をお見かけして取材のお願いをしたのでした。Tastimeのインターンはインスタ女子には夢バイトだとおもうぞ、ほんと。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

公開48hで2000人が利用、求人票採点AI「Findy」の新サービス

今日は、採用マーケティングを手掛けるスタートアップのインタビュー続報です。ファインディ株式会社の山田さんと佐藤さんに話を聞いてきました。※いつも同席いただきながら登場しなかった佐藤さんもちゃんと登場しますよ! スキル偏差値60以上のエンジニアに、Tech企業トップ100+からオファーが届く ハイスキルなエンジニアのプレミアム転職「Findy(ファインディ)」 「こんなに高く出ていいのかな」「こんなにスキルがあるのに」良くも悪くも反響がある Findyに関するツイート 求人票を入力すると3秒で採点し、 改善アドバイスを提供するFindyScore 転職にもライフチェンジングエクスペリエンスを 編集後記 前回の取材からわずか半年。早くも第二弾サービスが好調でなんだかうれしくなりました。レアジョブマフィア(レアジョブ出身起業家)の山田さんに期待です。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

「チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来」著者と謎の男、座談会

今日は、「チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来」を出版された金城さんと、謎の渡邉さんを交えた座談会です。 <金城さんの略歴> 1987年生まれ沖縄県出身。WEBマーケティングを専門領域とし、フリーランスとしてNHKなどを相手にソーシャルメディア運用、コンテンツ企画、イベント等のサポートを行なう。2013年に起ち上げ間もないBASEに入社し、マーケターとしてオンライン/オフライン施策問わず様々な取り組みを行いBASEの成長を促進。ネットショップオーナー15万人が購読するBASE Uや合計1万人を集客したイベントWEEKEND BASEを主催するなど実績を残す。2016年に独立し、沖縄におけるデジタルマーケティングエージェンシーとしてオキナワアイオー株式会社を設立。 新幹線のナンパから始まる座談会 金城さんの近著「チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来」 左から、金城氏、匿名某氏、渡邉氏、亀田 チャットボットの今 チャットボットの未来は音声なのか? 泥臭いテックがチャットボットの未来 編集後記 不思議なご縁から、座談会になりました。街で見かけたら気軽に声をかけてくださいね。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

唯一?メディア専門のインキュベーション「メディアインキュベート」

今日は、唯一?メディア専門のインキュベーションを手掛けるスタートアップのインタビューです。株式会社メディアインキュベートの浜崎さんに話を聞いてきました。 <浜崎さんの略歴> 複数メディアのに携わり、編集・ディレクション・営業・マーケティングを担当後、大手通信キャリアや大手新聞社やゲーム、VR、民泊、就職、教育、地方創生、映画、ベンチャー、インバウンド、ヘルスケア、通信などのメディア支援やイベント事務局やPR・マーケティングを担う。 唯一?メディア専門のインキュベーション メディアの立ち上げ、運用支援から投資までを行うメディアインキュベートは概ね4つのサービスを展開している。 1.メディアづくりの包括的な支援(事業計画、取材、ライティング、編集、開発) メディア運営を行う中で、編集だけでなく、開発ディレクションも行い、 メディア事業の事業計画も策定しながらサービス作りを行います。オウンドメディア運用では、 広報業務からマーケティングの支援も行います。 2.メディアの運用支援ツールの提供 メディア運営を効果的、効率的にするための支援ツールの提供を行います。 自社でも運営・利用しており、目線の合った提案・支援を行うことができます。 3.メディアに特化した事業投資 自社でメディアを作るだけでなく、意欲のあるメディア運営者に向けた投資事業も行います。 投資を行った後は、ハンズオンでメディア運用に悩んでいる企業の支援を行います。 4.クリエーターのチーム組成を行い、プロジェクトを受注 弊社が展開するクリエイタープラットフォームでは、 クリエイターの皆さんにビジネスパートナーを紹介します。法人向けには、 優秀なクリエイターのチームがサービスをご提供いたします。 個人のクリエイターの方には、チーム組成のお手伝いと、お仕事をご紹介いたします。 メディアに関することなら何でも、珍しいメディア専門のインキュベーションチームのようだ。 メディアに特化した包括的な事業支援「メディアインキュベート」 メディアに惚れ込んでいる 「動画」「テキスト」「イベント」メディア全てが対象「メディア特化のM&Aサービス」 ハンズオン型VCのように動いていく 編集後記 メディアインキュベートさんのお名前はちらほらお聞きする中初めての出会いでした。「とにかくメディアが好き」とおっしゃる浜崎さんのインキュベーションストーリーをお聞きするのが楽しみです。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

夢はバナナから始まる。ゲームリノべの魔術師デジタルモンキーに取材に行ってきた!

皆さんこんにちは。 インターン生の大塚です。 こんな顔です。 ・・・すみません、関係ないですね。 今回はデジタルモンキーさんにお話をお伺いしてきました。 【経歴】デジタルモンキー創設者。2011年にKLab株式会社新卒入社、ディレクターとしてスマートフォンゲーム開発に従事。その後、2014年にフリーランスとして独立。ディレクター、プロデューサーとして様々なプロジェクトに携わる。翌年、2015年にDigital monkey株式会社を設立し、代表取締役に就任。『世界を感動させるコンテンツを創る』『クリエイターが成長し続けるプラットフォーム』をビジョンに掲げ、事業運営中。 夢はバナナから始まる 今は何をやっているか。 最近テレビにも出たそうで。 そうですね。最近はマッチングサービスを使っていたご縁から2018年就職活最新事情として日本テレビ系の朝の番組にも出たり、活動の幅も広げています。   【Facebook 引用】 【会社HP】   将来的にはグローバルに まとめ 今まで、こういった事業は知らなくて、大変恥ずかしながら「ゲームは売れなくなったらこれで終わりだ。」とずっと考えていました。 リリースしたてのゲームだったら、コンテンツの追加だったり、中身が頻繁に変わることはなんとなく予想がつくのですが ですが、そうではなかった。 ゲームはいくらでも生き返ることができ、サービスに一手間加えることによって、いくらでも長生きすることはできるのだと、今回取材して改めて感じました。 また、こんなにバナナを愛する社長さんにも度肝を抜かれました。 ●福利厚生 ・もちろん、、バナナです。本当にバナナあります。代表の天野が大好きです。 【wantedly掲載一部抜粋】 とwantedlyにも載せてしまうほど相当バナナ好きさが激しめです。 過去の経験によって、今の経験に繋がったと思うと非常に小さいことでも「スキを仕事にする」ということの重要性が改めて分かった気がします。 そのために私も些細なことでも好きから真剣に仕事を考えていきたいなーと改めて思いましたね。 バナナのことを考えていたため、非常におなかがすいてきました。 天野さんを始め、同席してくださった広報の中薗さん、社員さんの皆さん、取材のご協力ありがとうございました! 以上、大塚でした。 どろん 今回のように、「是非うちも取材に来てほしい!」という方こちらのボタンクリックを。 大学生目線からサービスをお伝えできればと思います~! ↓    ↓    ↓     ↓    ↓    ↓     ↓ ディップのスタートアップ支援プログラム 最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

FBのアクセラに採択された「Tinderを超える」スタートアップCEOは元コンビニ店長

今日は、元コンビニ店長がしかけるスタートアップのインタビューです。Facebookメッセンジャーなどのメッセンジャーアプリで利用できるチャットボットによるマッチングサービスを提供する「Foxsy」を運営するXpresso, IncのJinさんに話を聞いてきました。 <Jinさんの略歴> セブンイレブンのフランチャイズ店舗で店長を務めたのち、リクルートエアレジの北米展開を担当。AnyRoad (500 Startup出身のStartup)の日本市場展開を担当したのち、Xpresso, Incを創業、Foxsyをリリース。 元コンビニ店長がしかけるスタートアップ 仁さんが所属していたセブンイレブン千葉県市川市平田3丁目店では自治会との共同イベントを開き新しい客層を開拓。 Jinさんがコンビニ時代にやっていた宅配サービスのチラシ。サービス範囲は千葉県市川市全域。全国でトップクラスの配達件数のようです。 ありそうでない「メッセンジャーの中で動くマッチングBOT」 Jinさんの運営するFoxsyはメッセンジャー内で稼働するマッチングBOTサービス 利用の流れはFoxsyのサイトにある動画をご覧いただくと理解しやすい 強敵!?Tinderとの違い FbStartProgramに採択、VentureBeatボットランキング1位 ※ FoxsyViber展開のビデオ。早くもイメージができあがっている。   編集後記 マッチングやデーティングのマーケットって、日本だと「なんか怪しい」なんですが、世界的に見ると必需品に近いサービス。そのマーケットに挑むJinさんはとっても楽しそうです。個人的にはJinさんのプロフィール写真がお気に入りです。 ディップのスタートアップ支援プログラム 最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

「旗を掲げれば、仲間が集まる。」事業コンセプトを貫き通すCombinatorの新たなチャレンジ

「採用側にまわると人間はなぜこんなに変わってしまうのか」…採用担当として学生さんの悩みを聞いていて思うことです。 今日は、採用を仲間集めに再定義するスタートアップのインタビューです。リファラル採用を活性化するための施策設計から、運用・効果測定をシンプルに仕組化し、質の高い候補者獲得、定着率のアップ、採用コストの削減を実現する「Refcome」を運営する株式会社Combinatorの清水さんに話を聞いてきました。 <清水さんの略歴> 明治大学経営学部卒。Sansan株式会社にてカスタマーサクセス部の立上げを経験。2014年1月に株式会社Combinatorを設立。創業1年目には、創業初期の事業のマネタイズに苦戦し、東京のオフィスを解散し、地元である石川県と東京を行き来しながらRefcomeの開発を推進。「採用を社員みんなでやる仲間集めにする」をミッションに戦っている。 新卒入社8か月で離職して独立 苦戦も「旗を掲げれば、仲間が集まる。」を貫く 清水さんの創業サービス「Combinator」は世界を変えるビジョンを持つ新進気鋭なスタートアップと出会えるウェブサービス。 現在清水さんが注力しているのはリファラル採用ツール「Refcome」 リファラルの本質は、良い会社であること。 Refcome Engage(リフカム エンゲージ)は社員のエンゲージメントを可視化し、向上するクラウドサービス。 仲間集めを加速するためなら何でもやる Refcomeでは実店舗やドライバーさんなどの現業採用でも利用を促進するためカードを準備するなどの工夫を行っている。 編集後記 実は2011年にバイトルソーシャルなる社員紹介サービスを開発した経験のある私。その経験から考えても、清水さんのアプローチはとっても共感できるものでした。うちの新卒採用でもつかってみたいぞ。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 ディップのスタートアップ支援プログラム 最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

「愛される企業を増やす」スタートアップselfreeのCallConnect

今日は、「愛される企業を増やす」スタートアップのインタビューです。初期費用0円、5分で電話窓口を立ち上げられるブラウザ電話システム「CallConnect」を運営する合同会社セルフリーの畠さんに話を聞いてきました。 <畠さんの略歴> 金沢大学を卒業後、デザイン事務所で約6年間、大手百貨店のWEBサイトのデザイン・撮影・管理などを担当。その後、セルフリーにデザイナーとして加わる。デザインの力で社会の課題を解決することを目標にしている。 趣味は、中央線(中野〜西荻窪あたり)で飲むこと、飼っているオカメインコと一緒に近所を散歩すること。 セルフリーではデザイン以外に、自社サービスのサポートや勉強会などの企画を担当している。 ブラウザで電話ができるサービス 畠さん達が運営する「CallConnect」は初期費用0円、5分で電話窓口を立ち上げられるブラウザ電話システム。 きっかけはハッカソン「Smart Communication Award」 CallConnectは「Smart Communication Award」で優秀賞を受賞。 愛される企業を増やす 37signalsはBaseCampなどを提供する企業。小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則が有名。 編集後記 selfreeさんは本気でCallConnectサービスに取り組んでいらっしゃるようで、サポートの方向けのオウンドメディア、サポートタイムズも運営しています。熱海にはスタートアップキャンプを設けテレワークの環境を他の会社にも提供するなど会社としてもおもしろい取り組みをしています。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

インタビュー

リーガルテック「残レコ」で社会課題に挑む弁護士スタートアップ

今日は、社会問題としてあるのに、誰もアプローチしていない問題に挑むスタートアップのインタビューです。弁護士が作った残業代推計・証拠確保アプリ「残レコ」を運営する株式会社日本リーガルネットワークの南谷さんに話を聞いてきました。 <南谷さんの略歴> 都内法律事務所で弁護士として勤務後、大手戦略コンサルティング会社での経営コンサルタント経験を経て、2015年に南谷綜合法律事務所を開設。経営コンサルタント時代には、複数の新規事業プロジェクトやインターネット系サービスのプロジェクトに関与。 唯一無二のサービス残レコで裁判に勝てるのか? 南谷さんが運営する「残レコ」は弁護士が作った残業代推計・証拠確保アプリ 社会問題としてあるのに、誰もアプローチしていない問題 個人だけでなくホワイト企業や、なりたい会社を支援する LegalZoomは米国各州の法律に対応した役所手続き支援サービス。登記、不動産、商標登録、移民登録、特許登録などの役所手続きを、書類作成から提出まで自動サポート。 編集後記 「社会問題としてあるのに、誰もアプローチしていない問題」は難しいテーマであることが多いのですが、個人だけでなくホワイト企業や、なりたい会社を支援するという事業に昇華していこうとされているところがとてもユニークだと感じました。 スタートアップタイムズでもスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。