スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /アポイントの調整だけじゃない。打ち合わせの質まで上げる!Niils株式会社が開発したAdjusty(アジャスティ)
インタビュー 2019.06.28

アポイントの調整だけじゃない。打ち合わせの質まで上げる!Niils株式会社が開発したAdjusty(アジャスティ)

予定調整はめんどくさい。加えて、調整したアポイントの質が低かった時などは、さらに気が滅入る。

そんなことが起こらないようにサポートしてくれるツールが、Niils株式会社の開発したAdjusty(アジャスティ)というサービスだ。

アポイント調整だけでなく、会議の質まで上げてくれるサービスにしていくとのこと。

どんなサービスなのか。詳しく見ていこう。

代表取締役
山口 洋

新卒で人材サービスのアデコ株式会社へ入社。約6年間法人営業に従事。その後ポイントメディアを運営する株式会社ちょびリッチにてインターネット広告の運用、メディア運営などを経験。2016年2月、マサチューセッツ州立大学MBA取得。同年4月、Niils株式会社を設立。

目次

  • アポイントの時間をより価値のあるものにするための予定調整ツール「Adjusty(アジャスティ)」
  • 予定調整はめんどくさい…。そんな思いがAdjusty開発の原動力だった。
  • ボーダーレス社会の実現へ。プロダクトは様々な機能を追加していく。
  • 編集後記

アポイントの時間を、より価値のあるものにするための予定調整ツール「Adjusty(アジャスティ)」

――Adjustyはどんなサービスですか?

Adjustyは「アポイントの時間をより価値のあるものにするための予定調整ツール」です。

アポイントの調整だけでなく、打ち合わせ自体の価値も上げられるようにしていきます。

Adjusty(アジャスティ)の特徴。
機能は随時アップデートしていくとのこと。

――打ち合わせの価値を上げるために、具体的にどんなことができるのですか?

アポイントの調整を簡単にするのはもちろんのこと、その打ち合わせでの会話や決まったこと・決まらなかったことの自動化をしていく予定です。

具体的には、自動議事録のような機能をつけて、打ち合わせの価値をさらに上げていきたいと考えています。

――ユーザーについて教えてください。

想定しているユーザーは営業マンの方ですね。

現在登録してくださっている方の中には、経営者やVC、MRの方もいらっしゃいます。

現在は個人版としてリリースしており、今後は法人向けのサービスとしても展開していきたいです。

――競合を教えてください。

他の予定調整ツールは競合に当たりますね。具体的には、biskettさん、RECEPTIONISTさんなど。プロダクトが目指す世界観としては、Sansanさんかな。

弊社とは、「アポイントの時間をより価値のあるものに」というコンセプトの部分で違いがあります。

予定調整はめんどくさい…。そんな思いがAdjusty開発の原動力だった。

――Adjusty開発までの経緯を教えてください。

新卒では、人材サービスのアデコ株式会社に入社しました。

その頃から予定調整がめんどくさいという課題感があって。

個人的には予定調整を送ることは苦ではなかったんですが、アポを受けた時にやり取りが発生するじゃないですか。このやりとりがめんどくさかった。メールでアポイントの依頼を受けた場合、本来はメールを返信して終わりが普通なんですが、タイムラグがあるとやり直しがあったりして。本当にめんどくさいと感じていましたね。

その後博報堂関連のweb制作会社にディレクターとして参加したこともありました。ディレクターの仕事の1つは予定調整です。この時期は社内外の予定調整に苦労していました。

これらの経験がいまのAdjustyの開発のきっかけになっています。

ボーダーレス社会の実現へ。プロダクトは様々な機能を追加していく。

――今後のプロダクトの展望を教えてください

プロダクトとしては、アプリ化や他のSaaS系のサービスとの連携、AIや音声操作の導入で予定調整をさらにスムーズにしていきたいと思っています。

ゆくゆくは企業内の活動を履歴として蓄積して、行動データを取れるようにしていきたい。これができれば、売り上げの成果や決算データを人のアクションに紐づけて、成功と失敗の原因を導きだすことができますよね、成功事例・失敗事例の提供により、企業自体の価値を上げていきたいと思っています。

――Niils株式会社の名前の由来を教えてください。

Niilsは
Numerous(数多くの)
Informative(有益で)
Innovative(革新的で)
Lasting(永続的な)
Services(サービス群)
の頭文字を取ったものです。

Niilsの名前にふさわしいサービスを開発して、弊社のミッションである「ボーダーレス社会を実現して、人の幸せを提供する」ことを目指しています。

これからサービスが充実していくAdjusty。これからの進化に期待だ。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

予定調整の量がえげつない部署にいる橋本です。一刻も早い導入を希望します…(切実)

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK