スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /チームコラボレーションツール「toaster team」を運営するnoco株式会社が総額7500万円のの資⾦調達を実施
ニュース 2020.10.09

チームコラボレーションツール「toaster team」を運営するnoco株式会社が総額7500万円のの資⾦調達を実施

チームコラボレーションツール「toaster team」を運営するnoco株式会社は8日、直近のラウンドで総額7500万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、株式会社アプリコット・ベンチャーズ、STRIVE 株式会社、株式会社 VOYAGEVENTURES、個人投資家2名。

「toaster team」は、組織内の情報共有やコミュニケーションなどチームコラボレーションを⽀援するクラウドサービスだ。業務マニュアル・⼿順書をかんたんに作成できるレシピ機能や、⽇報・企画書・議事録を共有するノート機能、画像編集機能、⽤語集管理、タスク管理機能など、ワークマネジメントに必要な機能をワンストップで利⽤できるようになっている。

これらの機能により、ひとりひとりの知識や経験をチーム全員が共有可能になる。くわえてチームが利用するたびに、内容についてフィードバックができるようになり、toaster teamは知識や経験がアップデートされ続ける循環型のナレッジシェアの場所となるのだ。

2020 年 10 ⽉現在においては、リリース間もないながらも1,300 社を超える企業が導入。東証⼀部上場企業から個⼈事業主まで規模を問わず、さまざまな業界業種で利⽤されている。

今回の新たな資金調達は、プロダクト開発の強化やカスタマーサポート体制の⽴ち上げなどのための採⽤活動のために使用される。

今後もミッションである「チームをもっと。なめらかに。」を実現するべく、チームが直⾯する課題をテクノロジーで解決し、組織で働くひとりひとりが⽣き⽣きと活躍できる新しい働き⽅と社会の実現を⽬指す。

toaster team」はコチラから

 

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK