スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /小売業者のマーケティングをデジタル化で効率的に。株式会社コラボマーケ・パートナーズ
インタビュー 2019.07.22

小売業者のマーケティングをデジタル化で効率的に。株式会社コラボマーケ・パートナーズ

代表取締役
谷 紀輝

1962年 東京生まれ。東京工業大学工学部卒業。1986年システムエンジニアとして株式会社リクルートに入社後、1990年三菱商事株式会社に入社。主にIT系の新規事業の企画に携わり、三菱商事在籍中にビッグデータ・eコマース関連の新会社を設立し代表取締役として着任。2015年に三菱商事を退職し、現在の株式会社コラボマーケ・パートナーズ社を設立。

マーケティングのデジタル化を推進!株式会社コラボマーケ・パートナーズ

多くのスーパーやコンビニ、ドラッグストアでは、ポイントカードが使われている。

しかしポイントカードは、決済の時にしかプロモーションができなかったり、購買客のデータしか集められなかったりする点に課題がある。

それらをデジタル化して、解決しようとしているのが株式会社コラボマーケ・パートナーズだ。

どんな企業なのか。詳しく見ていこう。

――株式会社コラボマーケ・パートナーズのサービスを教えてください

弊社は、「小売業者さんのマーケティングをデジタル化する、OtoOのサービス」を提供する予定です。

現在、小売業者さんのマーケティング領域では、デジタル化が進んでいません。

ポイントカードでのマーケティングが代表例ですね。使用されているポイントカードは磁気媒体がほとんどで、モバイルを使っている人は少ない。

このようなポイントカードを使ったマーケティングでは、プロモーションのタイミングがレジの時にしかありません。決済の時にプロモーションをしても、効果は薄くなってしまいます。

そのため弊社のサービスは、そのお店に来たお客様の、情報が一番必要とされているタイミングで、プロモーションができるようにしています。

例えば、お店に入った時に、セール情報がプッシュ通知で届くようなサービスを考えています。

――想定しているユーザーを教えてください。

弊社のサービスは、コンビニ・スーパー・ドラッグストアさんに使っていただくことを想定しています。

ポイントカードを持っていて、購買客のデータがあり、販促のための施策を打てるような市場を狙っているんです。

デジタル化が進んでおらず、消費財を売っているような企業様の手助けをしていきたいですね。

――競合について教えてください。

競合が出るような市場は狙っていません。

というのも、弊社ではIDの決済情報とスマートフォンのIDを自動で紐づける技術を開発し、特許を取得したんです。この技術の事業化に動いています。

特徴は、種類の違うIDを統合できる技術を使っているので、個人情報を扱う必要がなく、データを扱うのに個人の承諾がいらない点です。

また、弊社のサービスは様々なアプリに対応できます。そのお店に来た時に、クーポンや販促をもらえればうれしいような媒体を柔軟に選択することが可能です。

購買履歴とデータを紐づけ。アイデアの背景にあるものとは。

――株式会社コラボマーケ・パートナーズを立ち上げた経緯について教えてください

もともとは三菱商事に勤めていました。

当時はスーパーとポイントカードのデータを分析。それに基づいてコンサルティングをし、CRMの施策のサポートをしていました。

しかし、データ分析だけでは売り上げは上がらないんですよね。そのため預かったデータをマーケティングに使えるように加工して、流通メーカーに売っていました。

そんな中で、POSデータだけでは売れた個数しかわからず、誰が買ったかなどの詳しい情報がわからないことに悩んでいました。「データがついていれば、誰が買ったか明確になるのに」と思いましたね。

スマホが登場した時に、過去の購買履歴と紐づけられるデータが生まれるのではないかと思いつきました。そこで特許をとって事業化。

それが今の株式会社コラボマーケ・パートナーズです。

そして技術は次の世代へ。

ーー今後はどんな展望をお考えですか?

まずは、今の技術をプロダクトとしてローンチすることを考えています。

弊社の持っている技術が、効果的であることを証明したい。

それができれば、新しい人にバトンを渡したいと思っています。

次の世代に技術を繋げていきたいですね。

次の世代へバトンをつなぐ。これからどんな技術の進歩をしていくのか。株式会社コラボマーケ・パートナーズのプロダクトを楽しみに待ちたい。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

新しい世代へとつながっていく技術の力強さを感じました。これからの展開に期待です!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

米調査会社Startup Genome発行「The Global Startup Ecosystem Report 2022」に大阪が掲載

Job総研『転職と年収に関する実態調査』を実施

フルカイテン、事業拡大を見据えたオフィス移転と採用強化のお知らせ事業成長には社員が「幸せ」を感じることが必要不可欠

AIによる表情解析などを手掛ける「リモートウェル」、総額約2.4億円の資金調達を実施 ビデオ接客ツールのユーザー拡大とAI解析に関する開発を加速

支援対象者決定!令和4年度「スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA(SIO)」

Job総研『2022年 転職年齢に関する意識調査』を実施

sonar ATS主催、第二回「採用あるある川柳2022」 応募総数900句から大賞作品決定! 【大賞:本当は 自分も悩む キャリアプラン】 佳作5作品ほか受賞作品も発表。今と未来の採用市場が垣間見える川柳が多数

Job総研『2022年 夏ボーナス実態調査』を実施

Repro、カスタマージャーニーに沿った コミュニケーションを実現する シナリオ機能(β版)の提供を開始

「すべての人に、ロボットの応援を。」  一般社団法人 ロボット応援団設立のお知らせ

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK