成功報酬無料で即戦力「複業」人材に出会える時代へ。株式会社Another works「Another works」

大手企業でも複業を認める企業が増え始めた。ついに、社会で複業が受け入れられるようになったのである。

今後もこの複業の流れはさらに加速していくだろう。

そんな時代の中で株式会社Another worksは、複業をしたい個人と企業を繋げるマッチングプラットフォーム「Another works」を運営している。

Another worksは幅広い業種の複業人材を受け入れ、企業はプロジェクトごとに成功報酬無料で最適な人材をアサインできる。

サービスについて、詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役 CEO
大林 尚朝

早稲田大学在学中に株式会社リアライブに参画しマーケティング責任者として強固な集客基盤を構築。
その後、株式会社パソナ パソナキャリアカンパニーに新卒入社し顧問やフリーランスを業務委託紹介する新規事業に従事。全社総会にて史上最年少で年間最優秀賞を受賞するなどギネス記録を数多く樹立。
2018年に株式会社ビズリーチのM&A領域の新規事業における創業メンバーとして参画。
2019年5月7日に株式会社Another worksを創業。
業界初の成功報酬無料の総合型複業マーケットプレイス「Another works」を立ち上げる。

成功報酬無料で即戦力複業人材と出会えるプラットフォーム「Another works」

引用:https://anotherworks.co.jp/

――Another worksについて教えてください。

Another worksを一言でいうと「成功報酬無料で即戦力複業人材と出会えるプラットフォーム」です。SaaS型のサービスで、複業したい人と企業をつなぐ機能を持っています。

リリースから3ヶ月経った2019年9月現在、およそ1200名の方にご登録いただいています。必要なタイミングで、必要な人材に何人でもスカウトを送ることが可能。プロジェクトに必要な人数だけアサインできます。

――Another worksの特徴を教えてください。

Another worksは、企業とユーザーがインタラクティブな設計になっています。

企業側は、ユーザーを見てメッセージを送り、複業人材をスカウト・プロジェクトにアサインできます。利用料金は半年契約で月額3万円です。

個人のユーザーも、企業のプロジェクト案件がオープンになっているので、エントリーするだけでなく興味があるなどの軽いメッセージを送ることができます。

今まで紹介会社からの案件待ちだった状況から、自分から案件を獲りに行けるようになっているんです。企業と個人にとって、挑戦の機会を最大化するサービスになっています。

また、メッセージを送ってライトに会えるような画面も実装。複業をやりたい方・人材を採りたい企業の両者がプラスの関係になることを目指しています。

――ユーザーについて教えてください。

Another worksをご利用いただいている企業様は、スタートアップやベンチャー企業に限らず、大手企業にもご活用いただいています。

Another worksはプロジェクトごとに、業務委託で仕事を任せられるのが特徴です。そのため、採用するリストを作る手間やコストを削減できます。

プロジェクトに必要な複業人材を採用したい企業様にご利用いただきたいと思っていますね。

引用:https://aw-anotherworks.com/

Another worksの特徴

――株式会社Another worksの強みを教えてください。

Another worksは、オンライン発注できない事業課題に特化しているのが特徴です。マーケティング戦略の策定や広告運用、営業代行や採用支援、プロダクト開発のサポートをするなどの仕事が多くなっています。

また、発注する際に顔が見えることも特徴です。Another worksではFacebookと連携して複業を受注する人の顔が見えるようにし、信用性を担保しているんです。

その他にも、Another worksで中間マージンや成功報酬を頂かないことを強みにしており、企業と人材がプラットフォーム上で出会うことに特化しています。

――企業も人も使いやすいサービスですね!

他にも、全職種取り扱っているのは大きな特徴です。

企業にはさまざまな課題があります。それらを包括的に解決できるように、エンジニアはもちろん、マーケティングや営業など幅広い業種の複業人材と出会えるようになっています。

カスタマーサクセスも充実していますので、安心してサービスを使えるようになっていますね。

――実際に複業をしている人はどんなメリットがありますか?

企業に属していると、今後の方針などが変わり、先が見えない不安を感じることがあるかと思いますが、複業として第2・第3の働く場所があると、気持ちにも収入にも余裕が生まれることですね。

第2の居場所を作れることは、複業をしている人にもメリットが大きいサービスになっています。

目の前の困っている人や企業を助けたい。株式会社Another worksの立ち上げに込められた想いとは?

引用:https://aw-anotherworks.com/clients

――新卒では何をやっていらっしゃったのですか?

新卒では 株式会社パソナに入社しました。そこでは、フリーランスの顧問の業務委託での紹介を担当し、3年目の全社総会で史上最年少でMVPを受賞させていただきました。

 株式会社パソナを退職後、新規事業立ち上げのために株式会社ビズリーチに転職しました。

もともと人材領域が好きだったんですよね。学生時代に新卒採用系のインターンを2年間やっていたこともあり、当時から個人の力に可能性を感じていました。業務委託で、人がひとり入るだけで、組織が大きく変わることを目の当たりにしていたんです。

だからこそ、現在の人材紹介会社の料金プランや契約形態で、企業の成長機会と個人の就業機会を損失しているのはもったいないと思っていました。その問題を解決したいと思い、Another worksを立ち上げました。

――人材紹介での経験がきっかけになっているのですね。

複業したい友人が身近にいたこともきっかけになっています。

その友人は複業をするために、副業を解禁した大手企業に入社していました。しかし、転職して副業解禁になったものの、何をすればいいのか、どこに登録すればいいのか、誰に頼ればいいのか分からなかった。そんな友人はウォンテッドリーのサイトから、複業をするためにメールをたくさん送ったそうなんです。このようなやり方では、負担がとても大きくなってしまいますよね。

企業側も複業を解禁する企業は多くなっていますが、複業を受け入れられる体制が整っている会社は少ない。また、複業人材をどこで採用すればいいかわからない企業もありました。

このような困っている人や企業を目の前にし、その人たちをサポートしたい想いでAnother worksを立ち上げました。

複業・業務委託領域で随一のプラットフォームサービスへ―。

引用:https://anotherworks.co.jp/

――プロダクトの展望について教えてください。

「複業=Another works」と思ってもらえるようなサービスにするために、認知度を上げたい。そのために、今後はPRにも力を入れていきます。

大手企業様にも使っていただいて複業の事例を作り、Another worksを複業求人が多く並んでいるAmazonのようなマーケットプレイスにする。そして、ユーザー登録数が1万人を超えることを今は目指しています。

――ミッションについて教えてください。

今後、複業は当たり前になる時代がくると思っています。また、働き方改革の広がりで、空いた時間に仕事をしたい人は仕事・趣味に集中したい人は趣味という風に分かれていくのではないでしょうか。

そんな時代において、Another worksは「複業したい」と思った段階で、すぐに登録していただけるようなサービスになっていきたい。

私たちは複業・業務委託領域における随一のプラットフォームを目指しています。そして、必要なタイミングですぐに人と出会えるようなサービスでありたいですね。

複業・業務委託領域における随一の存在へ。複業をしたい人や複業人材に興味がある企業はぜひ、サイトをチェックしてみてください!

編集後記

取材担当橋本
大林さんたっての希望で「副業」ではなく「複業」と記述しています。これは「仕事に1位も2位もない」という熱い想いに基づいてのこと。橋本、感動しました…!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *