スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /誰でも作曲ができるツール「ecrett music」で音楽を誰でも作れるような世界の実現へ。Dmet Products株式会社
インタビュー 2019.10.16

誰でも作曲ができるツール「ecrett music」で音楽を誰でも作れるような世界の実現へ。Dmet Products株式会社

現代、コンテンツがどんどん増えてきている。ブロガーやユーチューバーなど、個人での発信力が大きくなり始めている。

多くの人が動画を作ることはできるが、自分だけで音楽を作れる人は少なくなっている。

そこで、誰でも作曲ができるツール「ecrett music」を開発している企業がある。Dmet Products株式会社だ。

どんなサービス・企業なのだろうか?詳しく見ていこう。

代表取締役 プロフィール

楠太吾

立命館大学理工学研究科卒業。学生時代はダンスグループを組み、ダンスコンテスト「BIG BANG大阪」などで優勝。大手メーカーから転職し、Dmet Holdings株式会社(株式会社阪神メタリックス)に入社。同社内にてIoT系スタートアップ部門を立ち上げ、Dmet Products株式会社として分社化。ウェアラブル楽器ガジェットSoundMoovzを開発し、世界17カ国でローンチ。
そのAI作曲ソフトecrett musicを開発してリリース。現在はその普及に専念する。

「誰でも作曲ができるツール」ecrett music

――ecrett musicについて教えてください。

ecrett musicを一言でいうと「誰でも作曲ができるツール」です。

法人・個人問わず利用できるサービスになっています。

――具体的にはどんなサービスですか?

シーンやムード、ジャンル、曲の長さを選択するだけで、AIによって数秒で楽曲が自動生成されます。現在では、5000万通り以上の作曲が可能です。

――機能が充実していますね!やっぱり利用料は高いのでしょうか?

月額8ドルで利用できます。とてもリーズナブルな価格設定です。

――ユーザーについて教えてください。

個人でのご利用の場合、ユーチューバーやインディーズゲームのディベロッパーがターゲットになっていますね。

――競合について教えてください。

ストック素材のサービスは競合になっていますね。AI技術で作曲するサービスという観点では、Amadeus Code(アマデウスコード)さんも競合になっています。

AI作曲技術を開発するためには、エンジニアスキルだけでなく、音楽スキルを兼ね備えたチームが必要でした。

そのため、非常に開発のハードルが高く、海外でも競合サービスは少なくなっています。

――強みについて教えてください。

ecrett musicの強みは、自分の好みでさまざまなカスタマイズができることです。

例えば、動画の秒数に合わせて、楽器を抜き差しするなどのカスタムが可能です。

自分の欲しいサービスは自分で作る。ecrett music開発の経緯とは?

――ecrett musicを開発していた経緯について教えてください。

新卒から3年間は比較的大きな上場企業で技術職として勤めていました。それからDmet Holdings 株式会社の転職。

そこでは、SoundMoovzの開発をしました。SoundMoovzはウェアラブル楽器ガジェットで、アプリをダウンロードし、Bluetoothでスマートフォン・タブレットを接続すると、人の動きで音を奏でられるサービスでした。

この事業の成功をきっかけにAmper Music(アンパーミュージック)と出会いました。Amper Musicは人工知能作曲によるシステムしている企業です。

その時に彼らと話をして、AI作曲の分野に非常に興味を持ち、動画は誰でも作れる時代になったが、作曲はまだまだ専門スキルが必要なので、そこのハードルを少しでも下げれれば、コンテンツクリエイターはより自由に良い作品を生むことができるようになるのではと思い、今のecrett musicを開発しました。

音楽を誰でも作れるような世界の実現へ―。

――プロダクトの展望について教えてください。

現在はecrett musicの音色の種類は限られています。

これをほぼ無限にまで増やしていき、よりプロクリエイターの方でも満足いただけるクオリティーに仕上げていきたいと考えています。

――無限に増やせるってすごいですね…!

これらの取り組みを通してecrett musicは、音楽業界におけるAdobeのポジションを獲りに行きたい。

ecrett musicを使えば、音楽を作るために、鍵盤を弾く必要はありません。多くの映像制作者が使えるツールにしていきたいですね。

――Dmet Products株式会社の展望について教えてください。

現在はAIを使った作曲サービスの開発に取り組んでいますが、固執するつもりはありません。

より良い世界を実現するために、幅広い事業に取り組んでいこうと思っています。

無限の音楽を奏でられるサービスを実現し、音楽を誰でも作れる世界へ。Dmet Products株式会社の進化は続く。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

音楽を作ることに憧れがある橋本です。ecrett music、使ってみたくなりました!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません英語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

米調査会社Startup Genome発行「The Global Startup Ecosystem Report 2022」に大阪が掲載

Job総研『転職と年収に関する実態調査』を実施

フルカイテン、事業拡大を見据えたオフィス移転と採用強化のお知らせ事業成長には社員が「幸せ」を感じることが必要不可欠

AIによる表情解析などを手掛ける「リモートウェル」、総額約2.4億円の資金調達を実施 ビデオ接客ツールのユーザー拡大とAI解析に関する開発を加速

支援対象者決定!令和4年度「スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA(SIO)」

Job総研『2022年 転職年齢に関する意識調査』を実施

sonar ATS主催、第二回「採用あるある川柳2022」 応募総数900句から大賞作品決定! 【大賞:本当は 自分も悩む キャリアプラン】 佳作5作品ほか受賞作品も発表。今と未来の採用市場が垣間見える川柳が多数

Job総研『2022年 夏ボーナス実態調査』を実施

Repro、カスタマージャーニーに沿った コミュニケーションを実現する シナリオ機能(β版)の提供を開始

「すべての人に、ロボットの応援を。」  一般社団法人 ロボット応援団設立のお知らせ

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK