スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /英語を効率よく学習するためにはAIが不可欠⁉株式会社コーリジャパンの開発する英語学習ツール「cooori」とは?
インタビュー 2019.11.26

英語を効率よく学習するためにはAIが不可欠⁉株式会社コーリジャパンの開発する英語学習ツール「cooori」とは?

グローバル化が進んでいる。英語力の必要性は今後も高まっていくだろう。

このような現状において、今までの講義形式の英語の学習方法では、まだまだ非効率的な部分があった。

そこで、人工知能を搭載した法人向け英語学習ツールを提供することで、効率のいい英語学習を実現している企業がある。

株式会社コーリジャパンだ。英語学習ツール「cooori」の開発・運営をしている。

coooriとはいったいどんなサービスなのだろうか。詳しく見ていこう。

プロフィール

cooori 創設者
Arnar Jensson

人工知能で効率よく英語を学習。「cooori」

――coooriについて教えてください。

coooriは、人工知能搭載の法人向け英語学習ツールです。

PCやスマートフォン、タブレットデバイスを通して、効率よく英語を学習できるツールになっています。

――どんな特徴がありますか?

特徴は、個人の学習癖や習熟度を人工知能が理解し、毎回の学習時に最適なコンテンツと出題形式を決められることです。

他にも、効率よく学習していただくために、いつ、何を学ぶべきかを人工知能が判断します。

加えて、英語力を効果的に高めるために必須となる厳選された単語や、各ユーザーの成長に合わせた最適なコンテンツを効果的なタイミングで提案します。

より先進的な人工知能の技術研究において、豊田工業大学シカゴ校と連携し、弊社独自の実験と検証を元に開発されました。

――ユーザーについて教えてください。

自動車業界や製薬会社、大手商社、航空会社、銀行など、幅広い業界に使っていただいているサービスです。

現在は大企業のご利用が多くなっていますね。

――競合について教えてください。

本格的にディープラーニングを搭載している英語学習サービスはまだ少ないです。

他にも、TOEIC(R)に特化している点や、実用的な英語を学べる点、復習するタイミングを計算して出題する点などは競合サービスにはないものです。

2019年10月30日、7万時間以上の学習者データを解析した独自開発 AI「3O」のアップデート版がリリースされた。

このアップデートにより、独自開発 AI「3O」が保有・解析する学習者のデータが7万時間以上になり、ユーザーの英語能力や学習の癖をより綿密に判断可能。

「知っている」「知らない」「覚えた」「忘れた」単語を AI が解析し、ユーザー一人一人の学習能力や進度、忘却曲線に基づいた繰り返し学習を提供することで、よりパーソナライズ化した学習法を提供できるようになっている。

講義型の語学学習ではない、新しい学習スタイルを!

――サービスを開発した経緯について教えてください。

私はアイスランドで生まれました。

2003年に来日。東京工業大学で音声認識学を研究し、博士号を取りました。このような経験の中で、私自身も英語・日本語・ドイツ語など、複数の言語を話せるようになったんです。

しかし、従来の講義型の言語教育には疑問を感じていました。もっと効率的に学習できると思ったんです。

この現状改善のための第一歩として、日本人の英語学習に目をつけました。TOEIC(R)学習のニーズが高く、法人としても社員の英語力の向上を必要としていたからです。

それから、BtoBのサービス開発・運営を進めてきました。そこで生まれたのが、coooriです。

コミュニケーションを円滑にして、世界平和の実現へ。株式会社コーリジャパンの展望に迫る。

――今後のプロダクトの展望について教えてください。

今後はBtoCのサービスも作っていこうと思っています。

AIを活用した、より多くの学習パターンを追加することを考えています。これを活かして、より一層効果的に学習を進めていけるようにしていきたいです。

――他にプロダクトの進化として考えていることはありますか?

今は、TOEIC(R)対策にフォーカスしています。

しかし、今後はスピーキングやライティングにも対応できるようにしていきたいと思っています。

――coooriはどんな展開をしていくのでしょうか?

今後は、英語に限らずさまざまな学習において貢献できるようなサービスを作っていきたいですね。

具体的には、子どもたち向けの数学や歴史、科学などの分野に生かせるものを作っていこうと思っています。

――ミッションについて教えてください。

短期的なミッションとしては、日本のマーケットでメジャープレイヤーになることです。

その後は、英語のプロダクトだけでなく、さまざまな分野の学習プラットフォームとして役に立つアプリや、プログラムを作っていきたい。

最終的には、私たちのサービスでコミュニケーションを円滑にして、世界平和に貢献できることを目指しています。

コミュニケーションで世界平和を実現する。株式会社コーリジャパンのチャレンジは続く。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

英語が得意でない橋本です。coooriのようなサービスでTOEIC高得点をたたき出したいと思いました。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

キャリア相談・転職エージェント最前線の3人が語る 「ワーママ転職成功のカギ」 2/24(木)21:30~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK