スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /個人の学びをサポートし、越境力を育てるプラットフォーム「LIBORA」に迫る。―株式会社Libora
インタビュー 2019.11.26

個人の学びをサポートし、越境力を育てるプラットフォーム「LIBORA」に迫る。―株式会社Libora

新しい分野の学習を始めるとき、動画学習を利用する人も多いのではないだろうか。

しかし、今の動画学習サービスだけでは、 網羅的にコンテンツを把握することは難しい。

そこで、数あるオンライン学習サービスから効率的に教材を探せるサービスが登場した。

株式会社Liboraが開発・運営している「LIBORA」だ。

LIBORAを使えば、学習を開始するまでの手間を減らすことができる。

どんなサービスなのだろうか。詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役 / Data Marketer
山下 雄大

東京大学大学院で機械学習の社会応用に関して研究した後、株式会社リクルートホールディングスでデータマーケティングに従事。独立後、Rubyエンジニアとしてプロダクト開発の経験を経て、株式会社Liboraを設立。

Eラーニングをメインとしたオンライン教材を一括検索できるサービス「LIBORA」

――LIBORAについて教えてください。

LIBORA(リボラ)を一言でいうと、「Eラーニングをメインとしたオンライン教材を、一括で検索できるサービス」です。

検索窓にテーマを入力すれば、Eラーニングコンテンツを表示することができます。

注力しているジャンルは、IT系やビジネス、デザインなどですね。

――どんなコンテンツプロバイダーがいますか?

コンテンツプロバイダーとしては、Schooさん、Udemyさん、ShareWisさん、manebiさん、ドットインストールさんなどが挙げられます。

これらのコンテンツをAPI連携やクローリングすることで、オンライン学習コンテンツを取得しやすくなっています。

LIBORAのトップページ

――ユーザーとしては、どんな人を対象としていますか?

初学者の方を主に対象としています。

最初に学習を始めるときに、スムーズに勉強を始められるようにしたのが、LIBORAです。

――ベンチマークしているサービスはありますか?

海外に類似したサービスがあります。Eラーニングを検索できるものや、大学の授業を検索できるものがあるんです。

しかし、国内のマーケットには類似したサービスはありません。

まだまだ国内には、Eラーニングのコンテンツの数が少ないですからね。今から地盤を整えておこうと思っています。

――強みについて教えてください。

現段階の強みとしては、検索性を大事にしていることですね。独自の検索アルゴリズムで、高い検索性を実現しています。

他にも、1つのコンテンツプロバイダーでは、幅広いコンテンツをカバーできません。一方、LIBORAでは、さまざまなコンテンツを網羅的に提供できるのが強みになっています。

サービスは発展途上なので、今後も開発を進めていきます。

明日を作るチームを創出するためのプラットフォームを創りたい。LIBORAの想いに迫る。

――LIBORAを立ち上げた経緯について教えてください。

ビジネスとテクノロジーの融合がうまくいっているチームを見ていて思うのは、チームを越境できる人がいるということです。

このように、チームをうまく生かすためには、多様性を享受できるだけの知識が必要になります。

実際に、現代ではBTC人材が必要だと言われています。BTC人材とは、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブのすべての知識を持ち合わせた人のことです。

このような人材を育てるためにも、越境した知識を得られる環境を作っていきたい。そして、より良いチームを増やしたいと思っています。その想いを実現するために生まれたのが、LIBORAです。

さらに学習しやすい環境へ―。

――今後の展望について教えてください。

今後は、学習補助の機能を充実させていこうと思っています。

コンテンツの拡充はもちろん、学習のロードマップを自動生成する機能を追加していく予定です。

ロードマップでは、自分の目指す方向に対して、何が足りていないのかが明確にわかるようにしていきます。

自分の状況・目指すラインの可視化をすることで、目標との差異を明確にし、その差を埋めるためのコンテンツを提案できるようにしていきたいと思いますね。

実際にLIBORAを使ってみたい!という方は、サイトをチェックしてみてください!

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

今まで本を読んで学習して、挫折を繰り返してきた橋本です。LIBORAを使って、効率よく学習したいと思いました…。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありませんチェコ語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK