スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /誰でもSNSのオーナーに!株式会社コアジェニックが開発中のサービスとは?
インタビュー 2019.12.10

誰でもSNSのオーナーに!株式会社コアジェニックが開発中のサービスとは?

株式会社コアジェニックは、誰でもSNSオーナーになれるサービスを開発している。

機能はそれだけではない。データベースを活用することで、企業の業務改善ツールとして使うこともできる。

どんなサービスなのだろうか。詳しく見ていこう。

プロフィール

コアジェニックCEO兼CTO
黒田 努

誰でもSNSのオーナーになれるサービスを開発

――現在開発しているサービスについて教えてください。

現在、私が開発しているのは「誰でもSNSオーナーになれるサービス」です。

自分のドメイン・デザインで、ミニSNSができます。最終的には、その人だけのFacebookを作ることを目指しています。

――具体的には、どんなサービスですか?

コミュニティを運営したい人がクローズドなSNSを作れます。

具体的には、スポーツ団体や囲碁将棋サークル、ボランティア団体などのコミュニティを想定していますね。

――幅広い団体に使えるサービスなのですね!

Teamgenikでは、データベーステーブルを自分で設計できます。フォームも作成可能でアプリの多国語化も可能

そのため業務効率化・業務改善ツールの用途でも使用できます。中小企業もターゲットになりますね。

――特徴を教えてください。

開発言語はElixirを使っています。Elixirは2013年に現れた新しい言語です。ここ2年ほどで人気が出てきました。

Elixirを使えば、従来のRubyで開発できないアイデアを実現できます。

そのほかにも、開発効率が良いことやエリクサーに興味を持つような優秀なエンジニアを集められることが強みですね。

――想定しているユーザーについて教えてください。

今開発しているサービスを使えば、コミュニティの神になれます。そのため、自分の理想とするコミュニティを実現する野心的な方がターゲットになっていますね。

また、一般人のサークル活動にも使っていただきたいと思っています。

新サービス開発のきっかけとは?

――開発を始めた経緯について教えてください。

独立する前は株式会社イオレにいました。そこで「らくらく連絡網」の開発に携わっていたんです。

サークルやイベントの出欠など幅広い場面で活用され、感謝の声を多数いただいていました。当時からサービス開発が楽しいという想いはありましたね。

それから、Rubyの受託開発をする企業を立ち上げました。しかし、日々の業務に追われて、大好きなサービス開発ができなかった。

そんな中、1年半前に、今のサービスを開発しようと知人と意気投合したんです。それから、新しいサービスの開発に取り組むようになりました。

プログラミングが広く世界で使われるサービスへ

――今後プロダクトはどんな進化を考えていますか?

まず、SNSの部分を整備していこうと思っています。データベース設計機能ももっと作りこみたい。

これらのシステム構築を進め、2年以内にはSNSや業務効率化のタスクができるような機能をそろえていきたいです。

――目指している世界観について教えてください。

今の段階では、新しもの好きの方々のサービスです。しかし、ミニアプリの開発をみんなにやってもらいたいと思っています。

ミニアプリの開発を通して、日常生活を便利にできるプログラミングの力に気付いて欲しい。

純粋に楽しいですしね。趣味としても非常に優秀です。

世界中の人がプログラミングを通じたコミュニケーションができるようにしていきたいのです。

クローズドSNSへの需要は大きいので、LINEやFacebookに勝てるようなサービスにしていこうと思っています。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

幅広い用途に使えるアプリを開発中の黒田さん。無限の可能性を感じました!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー
  • フレーズブックに追加
    • 該当するワードリストがありません日本語 -> 日本語…
    • 新しい単語リストを作成する…
  • コピー

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

未上場企業の株主総会が最短1日で完結!「FUNDOOR」の新機能”オンライン株主総会”をローンチ!!

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」が、オンライン社員訪問を通じた無料の採用支援ツールを発表!

アフターコロナ時代の非対面営業ツール『TANOMU』ーー株式会社タノム

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK