Webセミナーで日本の生産性を向上――「コクリポ・ウェビナー」

セミナー運営の負担は大きい。集客・準備・実施・アフターフォローまでするべき業務が山ほどある。セミナー参加者もわざわざ会場まで足を運ばねばならず、コストや時間がかかる。また、そのため参加ができないケースが散見される。

2016年に創業、2019年夏に株式会社イノベーション(東証マザーズ上場3970)のグループにジョインした株式会社コクリポは、この現状を解決する。

Webセミナーを開催できるツール「コクリポウェビナー」で、セミナーの運営・参加の負担を軽減しているのだ。

コクリポウェビナーとは、どんなサービスなのだろうか。株式会社イノベーション代表取締役社長 兼 株式会社コクリポ代表取締役社長である富田 直人氏に話を聞いた。

プロフィール

代表取締役社長
富田 直人

手軽にWeb上でセミナーを実施!コクリポウェビナー

――コクリポウェビナーについて教えてください。

コクリポウェビナーは、Web上で簡単にセミナーを行えるツールで、3,000円/時〜という業界標準の1/10の価格でWebセミナーを開催していただけます。

ウェビナーは「Web+セミナー」の造語で、オンラインセミナーとも言われます。

――コクリポウェビナーの使用場面について教えてください。

このコクリポウェビナーは様々なシーンでご利用いただけます。

通常のセミナーの置き換えはもちろん、カスタマーサポートや社内・社外説明会、採用説明会、株主説明会にも使用の実績があります。

また、株式投資セミナーや企業向け研修などでの有料コンテンツでもご利用いただいています。

――コクリポウェビナーの強みについて教えてください。

他のWeb会議や、Web商談システムなどと違いウェビナーに特化しているため、使いやすく手軽にWeb上でセミナーができる点が強みです。また他社製品と比べて非常に安価であることも特徴です。

また、アンケート機能や顧客管理機能、予約状況管理機能などを備えており、Webセミナーを運営するための一連の流れをカバーできるようになっています。

ウェビナーのための、安く簡単なサービスを!

――コクリポウェビナーはどんな想いで運営されているのですか?

アメリカではウェビナーが一般的になっています。国土が広い点や効率化にごだわっているからだと思います。

一方日本では、Webセミナーを開催するためのコストもかかるし、また主催者側も経験がなくなれていません。そのため、実施のハードルが高くなってしまっているのです。

そんな状況を解決するために、私たちはWebセミナーを低コストで簡単に運営できるサービスを創りたいと思いました。そして日本の生産性向上に貢献したい。そんな想いでコクリポウェビナーを運営しています。

「ウェビナーをあたりまえの社会に」

――ミッションについて教えてください。

ミッションは「ウェビナーをあたりまえの社会に」です。

日本でWebセミナーを開催する企業や組織は少なく、定期的に実施しているのは稀だと思います。ただ、セミナーの運営や参加する負担は非常に大きいので、このような状況は非効率ですよね。

そこで私たちは、コクリポウェビナーでセミナー運営の時間を削減し、労働生産性を向上・働き方改革に貢献していきます。

――コクリポウェビナーは労働生産性の向上に大きな力を発揮するのですね!

その他の課題解決にも貢献できると思っています。現在、地方と都会には情報量で大きな差があります。例えば、地方の学生は東京の学生と比べて、就活情報を得るのが難しい。都市部にセミナーが集中しているので、これは就活に限らず全てにおいて言えることでしょう。

コクリポウェビナーは、このような情報格差の問題も解決できると思っております。

コクリポウェビナーが気になった方は、ぜひサイトをチェックしてみてほしい。

編集後記

取材担当橋本
生産性向上のために、幅広い企業でWebセミナーが導入されるといいですね!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *