スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /人と人の間にある壁を壊し、簡単に人とつながれる社会へ――大学生限定マッチングサービス「DIVE」
インタビュー 2020.02.20

人と人の間にある壁を壊し、簡単に人とつながれる社会へ――大学生限定マッチングサービス「DIVE」

大学生の出会いの場は意外と少ない。サークルに所属しないと、授業やバイト先など出会いは限られてしまう。

そこで、大学生が安心して出会える場所を作るサービス「Dive」が登場した。

Diveはタップひとつで人と出会えるのが特徴だ。どんなサービスなのだろうか。詳しく見ていこう。

プロフィール

Co-Founder / CTO
Diego Reinecke


Co-Founder / CMO
William Svalander

人と簡単につながれる、大学生限定のマッチングサービス「DIVE」

――「DIVE」について教えてください。

DIVEは、一言でいうと「人と簡単につながれる、大学生限定のマッチングサービス」です。

特徴は、従来の出会い系アプリのような心配をする必要がなく、安心してサービスを使える点です。

完全に知らない人とでも、安心感を持ってつながることができます。

――DIVEの強みについて教えてください。

DIVEの強みは「スピード」です。

従来のマッチングアプリでは、相手からリプライが来るまでに時間がかかっていました。

その課題を解決し、その場で人とコミュニケーションできるようになっています。

――他に強みはありますか?

はい。「使いやすさ」もDIVEの大きな強みです。

ユーザーには、スワイプしたくない・検索したくないといったニーズがあります。

そんなニーズを満たすべく、DIVEではアプリ内でボタンを押すだけでマッチングできるように設計しました。

また、デザインの美しさ・シンプルさも特徴です。DIVEを使うと気分が上がるようなデザインになっています。

安心感を持って人とつながれるアプリを開発したい。そんな想いからDIVEは生まれた。

――DIVEを開発したきっかけは何だったのですか?

DIVEは自分自身の課題感から開発しました。

私たちが日本に来た当時、大学でたくさんの人と出会えると期待していました。東京には人が多いですからね。しかし、なかなか人とつながれなかった。新しい友人はサークルなど独自のコミュニティに所属しなければできなかったんです。

そこで、自分たちの力で、人とのつながりが少ない現状をなんとかしようと思いました。

――それからサービス開発までの経緯について教えてください。

そこで半年前からサービスを開発を開始。考えていたのは、安心感を持って人とつながれるアプリを作ることでした。

そこで、大学生限定のサービスにしました。年代が違うと信頼性が下がってしまいかねないですからね。

大学生限定のサービスであれば、メールを認証するだけで年代の確認が可能。これにより、安心感を確保したサービス設計になっています。

――今後のDIVEについて教えてください。

今後は、リアルタイムのサービスを追加していこうと考えています。

具体的にはユーザー同士が近くにいたら、プッシュ通知でお知らせする機能を追加したい。これにより、リアルタイムな体験を目指しています。

どんどん機能を追加して、アプリが生きているようにしていきたいです。

人と人の間の壁を壊し、簡単に人とつながれるサービスへ―。

――ミッションについて教えてください。

現在、人と人の間に壁があります。そのため、たくさんの人が寂しいと思っているのではないでしょうか。私たちはその壁を壊していきたい。

そのために、私たちのアプリで話すためのきっかけを提供していきます。多くの人に満足してもらえるようなサービスにしていきたいです。

とはいえ、私たちはデーティングだけのラベルをつけたくありません。ユーザーによって違う目的が達成できるようにしていきたい。

最終的なゴールは簡単に人とつながれること。目的が無くても人とつながれるサービスにしていこうと思っています。

DIVEのサービスが気になった方は、ぜひサイトをチェックしてみてほしい。

サイトへ

編集後記

取材担当橋本

大学に友達が少なかった橋本です。DIVEがあればもっと充実したキャンパスライフになった気がする…(涙)

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

投稿者プロフィール

橋本 雅弘
橋本 雅弘
大学では社会福祉学を専攻。現在はStartupTimesのほか、日本最大級のAIメディア「AINOW」でも執筆。学生スタートアップ特化型アクセラレータープログラム「GAKUcelerator」でメンターを勤める。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK