真贋鑑定で、偽物の撲滅を目指す―ウリドキがフィギュア特化の越境売買プラットフォームをリリース

ウリドキ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木暮康雄)が、フィギュアの真贋保証付き越境売買プラットフォーム4real(フォーリアル)」を、3月17日(火)から提供開始しました。

4realは個人間でフィギュアの未開封品(一部を除く)を売買できるプラットフォームです。

取引時に全ての商品をウリドキ株式会社で真贋鑑定し、偽物を排除することによって本物のフィギュアのみが取引される仕組みになっています。

近年、二次流通市場の成長は著しく約2兆円市場にまで拡大しました。一方で、二次流通市場では偽物・海賊版が横行しています。それらの偽物・海賊版は、本物と見紛うばかりの精巧なもの。個人間取引でフィギュアの真贋を判断するのは難しい現状です。

そこで、4realでは出品されている商品が購入者の手に渡る前に、ウリドキ株式会社が実物を真贋鑑定します。

ウリドキ株式会社は創業よりC2Bの買取プラットフォーム「ウリドキ」を運営しており、多くのリユース企業と連携しています。それらの連携企業の中から、4realではフィギュア専門店との連携を進め、真贋鑑定力を強化しました。そして、本物のフィギュアのみが取り扱われ、偽物ゼロの売買プラットフォームの構築を目指しています。

そのほかにも、4realには以下のような特徴があります。

  • 多言語対応・PayPal支払い対応により世界中でフィギュアの売買が可能。
  • フィギュアの売買を売り手と買い手が希望価格を指定できる「板寄せ方式」を採用。売り手と買い手が直接やり取りする必要なく、フィギュアの価格を適正化できる。
  • 販売業務コストの低減。売りたい商品を見つけたら、希望販売価格を入力するだけで出品可能。

今後の4realは、利用状況を見ながら鑑定体制の強化・フィギュアの取扱商品数の増加に努めていきます。

■ リリース記念キャンペーンを実施中!

友達招待で500ポイントプレゼント、購入ごとに商品代金の1%ポイント還元実施中。


AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *