スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /AIを利用したマーケティングリサーチのITプラットホーム 「しゃらぽ」株式会社しゃらぽ
インタビュー 2020.03.25

AIを利用したマーケティングリサーチのITプラットホーム 「しゃらぽ」株式会社しゃらぽ

企業にとって、市場調査とは顧客の意思や行動を知る上で欠かせないものだ。市場調査が正確に行われてないがために顧客のニーズが正確にわからない企業も多いのではないだろうか。

そんな中、顧客と直接触れ合うことで正確な情報を提供することのできるサービスがある。株式会社しゃらぽが提供しているサービス ”しゃらぽ” だ。

そのしゃらぽについて詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役
古波津 勝彦

顧客のリアルのシーンを見ることができるしゃらぽ!

―”しゃらぽ”とは?

ASEAN(東南アジア諸国連合)を主にターゲットとしたクラウド型リサーチツールです。消費者のスマートフォンにて撮影された画像を収集し、解析することで新たな知見を得ることを目標としています。

販売アフターサービスの課題に対してソリューションを提供することを特徴とし、購入した製品をお客様がいつ、どこで、誰と使用しているのかを現場に触れることによって正確な情報を企業側に提供できます。

――どうやって利用するのでしょう

弊社側からユーザーに課題を提供し、ユーザーは課題に合う写真をしゃらぽに投稿します。それを画像エンジンで中身を読み(読めない部分は人が読む)、定量的なデータとして表します。そのデータはそのまま直接意思決定に繋げていくことができますね。

そして、シーンに合わせてターゲットを決め、プロモーションや商品開発に反映することができます。

リサーチ側はミッションを正しく行うことができたらポイントが貯まり、そのポイントを他のポイントプログラム連携先を通して使用することができるんです。

ーーなるほど。今何か重要視しているものはありますか?

今とても重要視しているのが ” Enjoying Moment of Value “です。 提供側からすると自分たちの商品がどのような瞬間に使用されていて、どのように楽しまれているのかを知ることができます。

ーーターゲットになる顧客にはどのような業種が挙げられますか?

今現在では、”Mobility” ”Travel” ”Fashion” ”Outdoor activities” ”Food and drink”など、主にBtoCのビジネスプレイヤーをターゲットとし、特に海外でのリサーチニーズを掘り起こしていくことを目標としております

ーーなるほど。実際海外での導入事例はありますか?

弊社のメンバーの1人が元々ミャンマーのヤンゴンでエンジニアを育成する学校を立ち上げたことがありました。その経験を生かし、昨年ミャンマーで日系ビールメーカーが現地で展開しているビールブランドのマーケティングリサーチに携わったんです。

そこでは誰が、どこで、誰と、どのようなシーンでビールを飲んでいるかを明らかにするようなリサーチを行いました。

商品、サービス購入後のストーリーが知りたい

――もともと何をしていたのですか?

新卒では、環境の測定分析サービスを提供している会社にいました。

その後ニチアス株式会社で品質マネジメントに携わり、このスキルで日産自動車株式会社に転職し、数年ほどの品質マネジメントの業務を経て Market Intelligence の仕事をしていました。

――しゃらぽを始めようとしたきっかけを教えてください

日産で、お客様が車を購入後どのような場面で、何のために、誰と使用しているのかを知ることに対して自分なりに限界を感じていたのがきっかけです。

プロダクトのアフターシーンを企業に提供することができればサービス、プロダクトの改善に繋がるのではないかと思いました。

また、お客さんに寄り添い、事実からシーンを刈りとることによってお客さんの情報をしっかり掴みより良いコミュニケーションが取れると思いました

日本人の意思決定をもっと促進させたい。

――このサービスの今後は?

大きく2つの方向性があります。

・海外のリサーチを手軽にできるプラットホームの提供

・海外市場のファクト情報収集の網羅性

以上の2つです。

――目指す世界はありますか?

日本人の意思決定の遅さを海外では NATO(No Action Talk Only)と表されています。

そこで、私たちがアンカーとなりしっかりと情報を得て、仮説を作り直し、日本人の意思決定を促進させていきたいです。それと同時に海外に進出する企業の背中を押す力になれたらと思っております。

しゃらぽが気になった方は下記のリンクまで!

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

 ミャンマーの市場に期待し注目しているところが面白いですね!今後海外進出企業が増えていく中でしゃらぽさんの活躍を楽しみにしています!


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

旅をテーマとしたグルメとクラフトのECサービス『TripPicks』にかけた想い

「リンクトイン2020トップスタートアップ」 今働きたいと思う、最もレジリエンスのある 日本企業トップ10社を発表

本音の議論を実現させる完全匿名の社内掲示板「FLAT TALK(フラットトーク)」で従業員のエンゲージメントを高めるーー株式会社BaaS

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK