スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /紹介営業のプラットフォーム”side bizz”で、営業職の本来の価値を見出すーーウェブエックス株式会社
インタビュー 2020.03.26

紹介営業のプラットフォーム”side bizz”で、営業職の本来の価値を見出すーーウェブエックス株式会社

「働き方改革」がキーワードの昨今、副業を解禁する企業が増え、本業とは別の仕事を探すサラリーマンの数も増えてきた。

副業は例えば、エンジニアとしてのスキルがあれば、サイト開発の受託をするなどの選択肢がある。本業で身に着けたスキルを副業に活かす人は多い。

では、営業職のスキルを活かせる副業はあるのだろうか?

紹介営業のプラットフォーム”side bizz(サイドビズ)”で、営業系の副業を支援する企業がある。

ウェブエックス株式会社だ。

どのような企業なのか。代表取締役の佐野雅也さんに話を聞いてみた。

プロフィール

ウェブエックス株式会社代表取締役

佐野雅也

セールスパーソンと企業の両者にメリットがあるプラットフォーム

ーー”side bizz”を一言でいうと?

営業系の副業支援を目的にしたリファラル営業(紹介営業)のプラットフォームです。side bizzは、副業として営業系の仕事を探す人に企業側が提供する商材を紹介するサイトで、セールスパーソンの人脈や既存顧客の有効活用を目指します。

ーーセールスパーソンはどうやって利用するのでしょう?利用するメリットは?

セールスパーソンは、顧客や企業に提案したい商材をside bizzから探し、紹介します。その商材に応じて報酬が支払われます。セールスパーソンにとっては、商材の仕入れに会社を通す必要がないので、稟議などの手間がいらないメリットがあります。

また、side bizz上には一企業には用意しきれないあらゆる商材が用意されているので、顧客の話を聞き、課題を解決するための商材を提供できる可能性が高まります。これは顧客の課題解決のために商材を提供するという本来の「営業職」の価値の底上げにつながると思っています。

ーーでは、企業はどうやって利用するのでしょう?利用するメリットは?

企業はside bizzに商材情報を掲載し、その商材を”人に紹介したい”というセールスパーソンとコミュニケーションをとります。企業や商材の特徴を詳細に理解してもらうためです。メリットは、商材の掲載の依頼をするだけでside bizzに登録するセールスパーソンが代理店になってくれるので、見込顧客が継続的に入ってくる仕組みができあがります。

ーー競合サービスはありますか?それとの違いは?

営業系の副業を支援するサービスは他にもありますが、仕組みは様々です。実際、side bizzと全く同じコンセプト&仕組みでサービス提供しているモノはなく、目指すゴールも違っていると思います。side bizzは報酬が自由設定できることが特徴的で、ジャンルを問わずさまざまな商材を掲載できることが強みになっています。

働き方改革の時代に副業を探す営業職のためのサイトを

ーーサービス立ち上げの経緯を教えてください。

「営業職に就く人の副業って何だろう?」と考えたときに、紹介営業という営業形態があることに気付きました。紹介営業には、ノルマがなく業務外の時間にでき、本業にもメリットがあるという条件がそろっています。そこから、2017年12月に厚生労働省が示したモデル就業規則に端を発する「副業解禁」の流れもあって、立ち上げを決意しました。

代理店の仕組みを活用したプラットフォームを作るには、代理店の仕組みをよく理解しておく必要があります。前職で代理店募集サイトを運営していたときに得た、代理店ノウハウがあったからこそ立ち上げができたと思っています。

誰もが幸せになる業務効率化を進めていく

ーーこのサービスの今後は?

今後は法人会員を増やしていき、企業内で副業が容認できる仕組みを提供したいと思っています。営業員はside bizzを用いて副業的な活動ができるので、営業マンのモチベーション上昇と離職率の低下が期待できるでしょう。企業としては、自社の可能性を探るマーケティング活動にも活用することができます。

ーー目指す世界はありますか?

効率化された営業活動が実現できた世界ですね。プラットフォームに世の中の商材がすべて集まり、個人や法人を問わずに購買のサイクルが発生するようになれば、前時代的で非効率な営業は必要なくなります。人間がやるべき業務を念頭に置きつつも、業務効率化を進めるサービスを提供し続けたいです。

ウェブエックス株式会社が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

”営業系の副業”という着眼点が素晴らしいと思いました!労働者数の10%は営業職だといいますから、今後ますます事業としても市場としても発展しそうですね。


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

転職理由は本音で話すべき?638人に聞いたアンケートを元に解説!

22年卒予定の学生に聞いた「就職活動中での企業の採用選考時の対応に関する意識調査」就活中、企業の対応によって志望度が上がった経験のある人が70%強 ~半数以上が「下がった経験がある」と回答。企業と学生が対等に選びあう時代に~

26の大学発ベンチャーのタネを一挙公開!京阪神スタートアップアカデミア・コアリション【KSAC】 Demo Day 2022開催!

「GET IN THE RING OSAKA 2021 -Sustainable Business-」優勝企業が決定。世界大会への挑戦権を獲得!

Job総研『2021年ニュースランキング』調査を実施

「起業の科学」田所雅之氏率いるユニコーンファーム。副業メンバーの日程調整における課題を解決!

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

音声SNS「Wacha」で、”人肌感がありながら、 自分を自由に表現できる世界”を創る。 〜Coeto創業ストーリー〜

IoT、ロボット、各種アプリなど情報通信分野に絞ったピッチイベント「ミライノピッチ2021」受賞者決定!

M&A総合研究所が上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】を発表 。建築・土木業、IT・ソフトウェア業のM&Aが大幅に増加〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK