スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /モーショングラフィックデザイナー向け新サービス『MOTIONBOX』
インタビュー 2020.04.06

モーショングラフィックデザイナー向け新サービス『MOTIONBOX』

モーショングラフィックとは、静止画のグラフィックに動きや音を加えて動画にしたものです。そのデザイナーのための作品共有プラットホームがMOTIONBOXです。MOTIONBOXはただ作品を共有するだけでなく、ソースファイルも一緒に投稿することによって閲覧者の学習にも役立てます。

MOTIONBOXについて詳しく見ていこう。

プロフィール

浅野僚太

モーショングラフィックデザイナーが技術を交流する場

ーMOTIONBOXとは?

モーショングラフィックデザイナーが、 ファイルを共有・交換できるサービスです。

ー使い方を教えてください

投稿者はポートフォリオのような使い方ができます。最近は、テンプレートやファイル販売なども盛んに行われているので、最終的なアウトプットだけでは制作者の実力を証明するのは難しいのではと考えました。

そこで、MOTIONBOXでは自分の作品をソースファイルと共に共有するのでモーションの作り方や組み立て方も含めて公開することとなり、実力を証明することができます。

投稿を見る人はソースファイルから方法論が学べ、独自の勉強に役立てるんです。投稿を見て、勉強して、作ったファイルをまた共有する、という循環を通じて技術や知識が集まる場にしたいと思っています。

モーショングラフィックをもっと簡単に学びたい!

ー立ち上げた経緯について教えてください

もともとモーショングラフィックを自分で学ぼうとしたのがきっかけです。最初はYoutubeなど動画から学ぼうとしたんです。ですが動画だと複雑な表現は説明が長く2-3時間ほどかかりました。それならばファイルを見て自分で学習したいと自身で課題感を感じたんです。

オープンソース化を目指す!

ー今後の展開を教えてください

大きな目標としては、動画業界全体のオープンソース文化へ役立つことができればと考えています。

そしてモーションだけでなく3Dや映像などカテゴリーの展開も考えています。

ーオープンソース化した先の目指している世界を教えてください。

ゼロから作ったものを閉鎖的にするのではなく、オープンソースにしていくことによって、制作者同士が技術を高め合えるような空気になればいいと思っているんです。

現在は、徐々に動画のスキルや技術が情報商材のような扱われ方になってきていると感じています。

技術が閉鎖的であれば、初心者はそういった商材を買わなければ学ぶことができないと感じるからだと思っているんです。

しかし、技術をオープンにする文化をつくることによって制作者同士が学び合い高め合えるようになったらよいと思っています。

最後に、実は「#motiondonation」という新しいキャンペーンを実施しています。
今世界全体でコロナウイルスの感染拡大が起きています。そこにクリエイターの力で何か貢献するアクションを起こせないかと考えました。キャンペーンの概要は、#motiondonationというハッシュタグをつけた投稿数×100円を国連の基金に寄付をするというものです。
詳しくは、サービスのwebページにて紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

MOTIONBOXが気になった方は以下のリンクまで!

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

投稿をする側、見る側にもそれぞれメリットがあって素敵なプラットフォームですね!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK