スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /伝えるを豊かに!『StoryAI』ークロスリバ株式会社
インタビュー 2020.04.17

伝えるを豊かに!『StoryAI』ークロスリバ株式会社

映画やドラマ、ゲームなどエンターテイメントに欠かせない「ストーリー」ですが、近年では、エンタメ以外のさまざまなところに含まれてきています。しかし、表現が上手く伝わらないとせっかくのストーリーも台無しになってしまいます。そこで、『伝えるを豊かに。』を使命にストーリーを輝かせるサービスが登場しました。それが”StoryAI”です。今回はStoryAIについて詳しく見て行きましょう。

プロフィール

代表取締役 川合 雅寛

 

感情を元にストーリーテリングを可視化する「StoryAI」

ーサービスについて教えてください

物語を機械学習を用いて解析し、伝わらないところを明確にするサービスです。そしてストーリーやシナリオの成分が人々にどう受け取られるのかを予測します。

ストーリーにおける成分とは「感情」です。StoryAIはその多数の感情からストーリーを分析し、数値化します。それを元にストーリーを読み直し、指摘し合い、改善できるようになるんです。

ストーリーの流れを理解することによって、読み手とのニーズを確認できます。

ーどのように使うのでしょう?

使い方はシンプルです。まず始めに解析するためのストーリーやシナリオのデータを脚本形式かゲームシナリオなら指定のフォーマットで用意していただきます。これはいわば「準備」の段階です。

次に”アップロード”をしていただきます。準備したデータをダッシュボードからアップロードします。

3つ目のステップは”解析”です。ストーリーやシナリオデータがアップロードされると、すぐに解析が始まります。

解析終了後の最後のステップが”結果”です。ストーリーやシナリオの解析が完了するとダッシュボード上で解析結果グラフを見ることができるようになります。

ーターゲットカスタマーを教えてください

主に投資委員会、スポンサー、プロデューサー、ディレクター、シナリオライターなどが挙げられますね。今はゲーム、ドラマ・映画業界を主にクライエントとしています。今後は動画広告分野を視野にいれています。

ーストーリー、シナリオが伝わった側にはどんなメリットがあるんでしょう

誰にでもコンテンツから勇気をもらったことってあると思うんです。それは作者の伝えたいことが、表現を通して上手く伝わったからなんですよ。

つまり、ストーリーやシナリオを感情分析を元に改善することで、受け手に伝えたいことが伝わるということは、受け手は伝わった内容を自らの人生に取り入れ、人生そのものを豊かにすることができる、ということなんです。

作家を目指していた時もあった

ーこのサービスに至った経緯について教えてください

元々はSIerや通信キャリアで働いていました。しかし、港区の起業家が出入りする場所に何年間か通っているうちに自分でもやろうと思い立ち、あまり考えず、まずは会社を辞めたんです。しかも、手持ち金額はほとんどない状態で、わらしべ長者に果たしてなれるのかという実験も含めていました。RPGの勇者の気分ですね。

会社を辞めてもやりたいことが見つからず、自分が元々何をしたかったのか考え始めました。そして自分は作家になりたかった事を思い出し、なぜ自分の作品は受けないのかを真剣に考えました。その時、機械的に作品を分析できるという記事と論文に出会い、StoryAIの初期アイディアにたどり着いたんです。

自分が思ったことが思った通りに伝わる世界に

ー今後のサービスに展開を教えてください

”Prevbe(プレビー)”というStoryAIを拡張する新サービスを考えています。名前はpreventable butterfly effectから来ているんです。The Butterfly Effectという映画が個人的に好きで、将来起こる悲劇をどこで食い止めるかというストーリーの映画です。

”Prevbe(プレビー)”は従来分断されている出資者・代理店・制作会社がシームレスに情報を共有でき、企画やシナリオ開発段階で問題を発見し是正させる仕組みを持ちます。ここに、StoryAIの機能を組み込むことでプロジェクトマネジメントを円滑に行う仕組みを提供します。

というのも、今ってプロジェクトベースで動いている割にお金の出し手、広告代理店、現場のディレクター間の情報の質や量が一致してないんですよ。

この課題をPrevbeによって解決し、企画の時点からきちんと策を練ることで、長期的な効率化を実現できると思っています。

ー最終的に目指す世界はありますか?

自分の伝えたいことが伝わる世界をつくっていきたいです。

今後さらに声なき声がインターネットを通じて発信され、そして直接民主主義的な世界に移り変わっていくでしょう。そんな中で自分が想うことが想った通りに伝わり、それがきっかけで様々な人々の人生が良くなっていけばなと思います。

StoryAIが気になった方は以下のリンクまで!

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

感情の数値化というのがとても興味深いですね!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

日本の外国人材を留学から就労まで一貫して支え、「日本に来てよかった」を最大化するーー株式会社Linc

トークンエコノミーの導入で食レビューの形を変えるグルメSNS「SynchroLife」ーー株式会社GINKAN

ペットの健康維持をよりカンタン・手軽なものにするサービス「pett」をリリースしました

コロナうつを未病の段階で食い止める!現役精神科医が作成した、日本で唯一の精神疾患スクリーニングWebツールを期間限定で無料提供開始

紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実

【コロナ対策サービス】低価格、ジム&スクール向け連絡アプリ「Linker Bell」を7月初旬ローンチ予定!

健康管理を徹底できるヘルスケアアプリ『カロミル』ーライフログテクノロジー株式会社

企業の採用をより効率的に!『HRFan』ーsasry株式会社

食事を寄付につなげ、2つの社会問題を解決に導く「tabekifu」ーー株式会社tabekifu

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK