スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /飲食業界に今までになかったソリューションを!『TricoEye』ー株式会社TricoLogic
インタビュー 2020.04.24

飲食業界に今までになかったソリューションを!『TricoEye』ー株式会社TricoLogic

飲食店において顧客を増やす販売促進はとても重要だ。どの商品がどのような人に買われているのかを理解する事で、正しいターゲットに正しい施策を取る事ができる。お客さんに限らず従業員の動作まで観察し、データ化できるTricoEye。そのTricoEyeについて詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役 西尾 彰将

お客さんの細かい情報まで取得可能、TricoEye!

ーサービスを一言で言うと?

”顧客の情報を取得して経営施策に生かす”サービスです。

ー具体的に教えてください。

飲食店向けのサービスです。今の飲食業界では顧客のデータがPOSデータしかなく、どれだけ物が売れたのしかわからないのが現状です。

TricoEyeを使うとディープラーニング技術によって入店した人の年齢、性別、リピーター客なのかどうかなどの情報を得る事ができるんです。

お客さんに限らず、従業員がどのように店内を移動し、どれだけ笑顔を見せたのか、そして接客にどれだけ時間がかかったのかも知る事ができるんです。

これらのデータはWeb上でグラフ化され見る事ができます。

そのデータと既存のPOSデータを結びつけることによって、どういう人がどの商品を食べて、飲んでいるのか、商品のリピート率などがわかるようになるんです。

ー飲食店における課題感は何でしょうか。

顧客を増やす方法は新規顧客を取得するか、リピート率を上げるかの2つです。飲食店がそもそも取得できていた情報は全体の来客数のみで、細かい情報は取れていなく、どういう人が来ているのかがわからないという課題感があったんです。そしてリピート率が取れていませんでした。

ー飲食店がTricoEyeから得られるメリットを教えてください。

効率的な販促施策が取れるようになります。

お客さんの細かい情報を知る事でセグメントを絞ったクーポンなどの販促施策や

メニュー構成の見直しなど、今まで勘と経験で行なっていた店舗における施策を正確に、データに基づいて打つことが可能になります。

そして従業員情報や混み具合の数値化によって、効率的な動線作りやお客様満足度の向上施策・マニュアル改定を行えます。さらにデータに基づいた予測を用いることで、発注や在庫管理などの店舗管理のムダが無くなるんです。

きっかけは大学のゼミ!

ーサービスを始めたきっかけを教えてください

同じゼミに参加していた3人でこのサービスを立ち上げました。そこのゼミのコンセプトが”起業してみよう”というものだったんです。その一貫として東大教授の松尾先生がやっている松尾研究室とコラボする機会がありました。そこでのテーマが人工知能の技術を使ってビジネスを始めるというものだったんです。

数回あったディスカッションの中で、ディープラーニング技術を使うのであればどの業界が一番いいのかと話し合あった結果、飲食業界にたどり着きました。

そこから実際40社くらいのカフェやレストランに話を聞き、課題検証を行ったんです。

一番多かった課題は人材不足でした。そんな中、30%の企業さんからは経営の仕方がわからない、経営の指標がないという声もあったんです。

そこでこのサービスのニーズを確かめる事ができ、開発に至りました。

未来の技術をもっと身近にしたい

ー今後のサービス展開を教えてください。

まずはコロナウイルスの状況が落ち着くのを待たなければなりません。その後は、今提携のあるカフェに限らず、レストラン、居酒屋、小売業界にも導入していきたいですね。

ー最終的に描いている世界観はありますか?

小さな会社にテクノロジーを入れて進めていきたいという思いが強くあります。最新のテクノロジーが飲食業界にはあまり導入されていないと思うんです。自動車業界やIT業界といった大きな起業にはもちろん導入されていますが、小さい会社にはまだまだ少ないと思うんですよね。そういった国民に身近な中小企業から変えていければ、経済がもっと強くなると思っています。

TricoEyeが気になった方は以下のリンクまで!

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

TricoEyeを導入する店舗が増えて、レストラン業界に革命が起きることを期待しています!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK