スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /オンラインで最高品質の自学自習を。『スタディカルテLab』ー株式会社スタディカルテ
インタビュー 2020.04.29

オンラインで最高品質の自学自習を。『スタディカルテLab』ー株式会社スタディカルテ

オンライン塾、家庭教師といった自宅から受けられる学習指導サービスが増えている。そんな中、指導にはもちろん授業後の学習サポートに特徴がある”スタディカルテLab”。そのスタディカルテLabについて詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役 樋口雅範

最高品質の自学自習を届ける!

ーサービスを一言でいうと?

”自学自習を最適化させるための教育サービス”です。

ー具体的に教えてください!

”授業後に生徒がどのように勉強すれば良いのか”という所に重点を置いたサービスです。学校の授業、塾を除いた、自分1人で勉強する時間は大体60-70%占めていて、伸び悩んでいる生徒の大多数が、その自学自習の仕方に原因があります。

自律的な学習習慣を確立させるのは容易なことではありません。現状を正しく把握し、生徒に自分にあった学習方法を正しく知ってもらい、プロフェッショナルの継続的なサポートによって習慣を確立させ、「自分の力で物事を変えていくことができるんだ」という自信をつけてもらう。そのような特別プログラムを経て、「こうやって勉強すればいいんだ!」という自分に最適な学習習慣を確立させていくことが、スタディカルテLabの最大の特徴です。

ーなるほど。生徒さん1人1人に合ったカリキュラム作成のプロセスを教えてください!

まず、プロの講師が、生徒さんに学力、過去に使っていた参考書、目標などを自社で開発した”シート”を用いてヒアリングをおこない、その情報に基づいて本人に合ったカリキュラムを作成するんです。

それに対して、生徒さんのスタート地点を明確にして上でその子に合った参考書に足りないところを補完していくようなプランを立てます。

ープロの講師というのはどう選抜しているんですか?

前職が医学部受験の数学講師をしていました。そういった中で優秀な講師と出会うことが多く、自ら声をかけて集めたんです。

ーメインのターゲットはどの年代になるのでしょう?

メインのターゲットとしては、医学部や難関大学受験を考えている学生です。

他塾に行っているけれど物足りない、授業についていけないと行った生徒さんが多いですね。

ー個別指導をしている教育サービスと差別化できている点は何ですか?

1番の独自性は、オンラインでの指導内容や学習アドバイスが毎月末にオーダーメイドの参考書になって郵送されることです。生徒側からすると毎月何を達成出来たのか、何を復習すれば良いのかという到達点が明確になるんです。

そして、大学生講師ではなく、経験豊富なプロ講師が一貫してサービス提供をおこない、自学自習をサポートするのも特徴ですね。

更に、保護者の方との連絡はLINEでチームを組んで取り合うので、気軽に相談が受けられるのもスタディカルテLabの特徴なんです。

都内に集まるプロ講師の高品質な教育をみんなに届けたい

ーサービスに至った経緯について教えてください。

自分自身が学生の頃、父親の病気の影響で大学受験に苦労した経験がありました。学費を払いきれずに私立大学を一度は中退したこともあり、最終的には自宅から通えて学費免除のある国立大学に再受験することで大学にも進学できましたが、似たような環境で諦めていく人たちを沢山見てきました。プロ講師による高品質な教育を、地理的、金銭的な格差なく提供することは出来ないか、と思ったのがきっかけです。

教育格差を解決したい

ー今後のサービスの展開を教えてください。

現時点で提供しているサービスは1対1の個別授業なのですが、1年後には、1対4で個別指導を提供できるようなサービスを開始することによって、コストダウンを実現することを目指しています。一方通行な集団指導ではなく、独自の教育手法を提供することであくまでインタラクティブなやり取りを維持しつつ、集団指導の個別対応化の仕組みを作ろうとしてるんです。

そのためには、今の提供しているサービスで、個別指導をしている時の垂れ流しになっているデータを蓄積する必要があるんです。

この1年間でシステムを作っていき、1年後にリリースを目標としています。

ー最終的に目指している世界観はありますか?

20年後に「教育格差って言葉があったよね」という会話があるような未来をつくりたいです。そのために、まずは従来のサービスで高品質な教育を受けられない層に対して、より高品質な教育を提供していきます。

日本の教育格差は大きな社会課題ですが、沢山の方々が解決に向けて尽力されてきたものの、まだ解決したとはいえません。学習を諦め、職につけずに生活保護などを受給するような人達がこのまま増え続けると、その経済的な損失は50兆円にものぼると言われています。そういった現状に対してテクノロジーを融合させた新しい教育方法を社会に提供していくことで、変えていきたいと考えています。

スタディカルテLab気になった方は以下のリンクまで!

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

月末に自分のオリジナル参考書が届くのが面白いですね!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

【業界初】フリーエンジニアの悩みを一挙に解決するサービス「Stanfit」始動!

高度な営業企画書をオンライン上で自動生成。クラウド型提案書作成サービス『YAORDER』β版の事前登録を受付開始。

ペットの健康維持をよりカンタン・手軽なものにするサービス「pett」をリリースしました

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

みなさまは月に何回洗車しますか?

ミートキャリア、法人向けに育休復職社員カウンセリング開始 ―長期的な女性活躍に向け、大手企業で先行導入―

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK