スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /音声版Netflix『ear.style』 株式会社EARS
インタビュー 2020.05.11

音声版Netflix『ear.style』 株式会社EARS

スマホが当たり前になった今の時代、SNS、Youtubeなどの動画エンターテイメントは毎日から欠かせないものになった。

このようなサービスは人々を画面に釘付けにする。もっと顔を上げて目と手を縛ることなく、耳だけで楽しめるサービスを提供したい。

そんな想いと共に登場したのがear.style(イアスタイル)だ。

そのear.styleについて詳しく見ていこう。

プロフィール

代表取締役CEO 萩原 湧人(Twitterはこちら) 

音声だけで人々を楽しませたい!

ーear.styleとは?

発信したいユーザーが簡単に音声配信できるサービスが増えている中で、ear.styleでは音声コンテンツを聴きたいユーザーに寄り添ってコンテンツ制作を行っています。

今は主にビジネスパーソンをターゲットにしたコンテンツを拡充しております。

ーなるほど。ではメインターゲットはビジネスパーソンということでしょうか?

いいえ。音声版Netflixになるべく、ゆくゆくは誰もが音声コンテンツを楽しめるように、様々なコンテンツを配信していきます。

以下のラインナップが現在配信している弊社制作のコンテンツです。専門性の高いビジネス系コンテンツから音声講座、エンタメ系コンテンツまで幅広く配信しております。

ー面白そうですね!音声ドラマもあるんですか?

はい。アメリカでは音声ドラマがPodcastの上位の人気チャンネルということもあって、そのようなエンタメコンテンツ制作にも力を入れていきます。

日本ではまだ伸びていない音声メディア業界に注目

ー以前は何をされていたんですか?

去年は医療系のサービスに挑戦しました。オンライン診療のビジネスで起業しようとしたのですが、規制産業で事業を興すことの難しさに直面し、断念しました。

ーそうだったんですね。その後 ear.style にたどり着いたきっかけを教えてください。

弊社のCCOである植井が大学院で音声の研究をしていたのがきっかけでした。

そこから音声を使って何ができるかを考え、音声メディア業界に注目したんです。海外事例を調べていくとアメリカや中国では音声市場が伸びていることを知りましたが、その時日本ではまだあまり伸びていなかったんです。

また、自身がもともとラジオが好きだったこともありますが、当時Airpodsを購入して、その画期的な体験に感動したんです。

もはやAirPodsは今までのイヤホンよりARデバイスに近い存在だと思っていて、一日中不快感なくつけたままで、通話や音楽やラジオを聴けて楽しめる。VUIによる操作も可能なんです。

そこで、このワイヤレスイヤホンを使ってコンテンツを楽しめるサービスがあってもいいんじゃないかと思い、音声メディア事業にたどり着きました。

手と目を使わない新しい音声経験を届けたい!

ーこのサービスの今後の展開は?

コンテンツの改善はもちろんですが、画面上のUIも改善させることでさらにユーザーに楽しんでもらえるサービスになると考えています。

目指すは手と目を使わない新しい音声体験の提供です!

ear.styleが気になった方は以下のリンクまで!

アプリへ

編集後記

取材担当阿部

音声アニメというのは新しくて面白そうですね!私も聞いて見たいです!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK