スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /AIの活用で議事録作成を効率化する音声自動文字起こしサービス「Smart書記」ーーエピックベース株式会社
インタビュー 2020.05.21

AIの活用で議事録作成を効率化する音声自動文字起こしサービス「Smart書記」ーーエピックベース株式会社

会議や役員会、取材や商談。現代社会を生きるほとんどの人は避けて通れないシーンだが、議事録の作成や取材内容の文字起こしに苦労した経験がある人は多いのではないだろうか。

エピックベース株式会社は、音声をAIで自動的に文字データに変換するサービスSmart書記」で、会議・取材・講演などの内容を即座に「見える化」する。

代表取締役兼CEOの松田崇義さんは、技術革新による5Gの登場によって、テキストデータから音声データにビジネスに活用されるデータの主役が移り変わると予見する。

どんな企業なのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

エピックベース株式会社 代表取締役兼CEO

松田崇義

議事録作成の作業を効率化する音声自動文字起こしサービス

ーーSmart書記はどんなサービスですか?

音声をリアルタイムで文字データに変換するサービスです。ビッグデータやディープラーニングの技術の活用で認識精度は向上を続けています。社内ミーティングや取材の現場でご利用いただくと、議事録の作成や会話の文字起こしにかかる時間を劇的に減らすことができます。

約100カ国の言語の翻訳に対応しているので、複数言語での会議や外国人パネルディスカッションなど、国際的な場においても翻訳機能を発揮できるのも特徴の一つです。

ーーどうやって利用するのでしょう?

Smart書記にログインしていただき、「収録をする」をクリックしていただくと音声の文字起こしが始まります。同音異義語などの誤字がある場合は、音声認識されたテキストは収録を進めながら同時に編集できるので、効率的に編集を進められます。

また、文章の修正作業を重ねることで、ユーザーにとって最適な形で文字に変換できるように、独自の辞書を作成することで精度を向上させることが可能です。

文字起こしされた収録内容は、クラウドを通じて参加者全員にリアルタイムに共有されるので、参加者はどこにいてもリアルタイムに情報を取得できます。音声認識されたテキストは、ExcelやWordなど、用途に応じて最適な形式で出力することが可能です。

ーー競合サービスとの違いを教えてください。

サービスとして差別化ができる点は3つあります。

1つ目は、ソフトウェアの開発においてUIとUXを強く意識している点です。そのおかげで、お客様からは「編集作業がどのソフトよりも簡単」というお声をいただいています。

2つ目は、音声・文字データの流出を防ぐセキュリティ対策が万全な点です。先日には、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格を取得しました。

3つ目は、お客様へのサポート体制が整っている点です。サービスを切り売りするだけでなく、お客様がSmart書記の機能を余すことなく活用できるように、責任をもってサポートを続けます。

素早く発言の内容をテキスト化したい現場のニーズ

ーーサービスを始めた経緯について教えてください。

元々Smart書記は、私が前に勤めていた株式会社メディアドゥが、徳島県庁様との実証実験として始めたのをきっかけに誕生したサービスです。会見で知事がお話になった内容を文字に起こす目的で開発されました。2020年の3月に、機動力を生かした経営を進めるためにカーブアウトし、エピックベースを立ち上げて今に至ります。

次のビジネスシーンの変革は、音声データのメイン活用だ

ーーこのサービスの今後は?

現場で交わされた会話を音声データとして蓄積し、ビジネスに活かすことを一般化していきます。ブロードバンドが登場し、電話・FAXからメールに連絡方法が切り替わったように、テクノロジーの進化でビジネスシーンは大きく変わってきました。5Gが普及すれば、テキストデータではなく音声データをメインで活用する時代がやってくるはずです。

ーー目指す世界はありますか?

ビジネスにおいて最も重要な「会話」を、データとしてビジネスで当たり前に活用する世界をつくりたいです。大きなビジネスチャンスにつながったはずの会話が記録されておらず、埋もれてしまっていたとしたら、とてももったいないことだと思いませんか?サービスを通して、チャンスにつながる重要な会話をビジネスに活かしきれるようにしていきたいですね。

エピックベース株式会社が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

スマートスピーカーの登場など、音声認識技術は徐々に私たちの日常のあたりまえになりつつありますよね。文字をタイピングして打ち込むほうが珍しい世界がやってくる気がします!


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK