スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /アパレル店舗にメディアの役割を与えるサービス「KITEKU」ーー株式会社SPRING OF FASHION
インタビュー 2020.05.27

アパレル店舗にメディアの役割を与えるサービス「KITEKU」ーー株式会社SPRING OF FASHION

インターネットが普及し、Webでショッピングすることが現在では身近になった。衣料品を通販で購入するという人は多く、アパレルECの市場規模は拡大を続けている。

アパレル業界では、EC市場が拡大していく反面、実店舗は利用される機会が減少している。リアル店舗は必要とされなくなってしまうのだろうか。

SNS上でインフルエンサーになりたくても投稿するコンテンツがない人と、SNSで情報を拡散させたいアパレル企業をマッチングするサービス”KITEKU”で、店舗にこれまでになかった付加価値を与える企業がある。

株式会社SPRING OF FASHIONだ。

KITEKUはどんなサービスなのか。代表取締役の保坂忠伸さんに話を聞いた。

プロフィール

株式会社SPRING OF FASHION代表取締役

保坂忠伸

リアル店舗だけの体験価値を、再認識させるサービス

ーーサービスを一言でいうと?

お店にある服を着て、最大120分間外出できるサービスです。SNS上のインプレッションが欲しいアパレル企業と、SNS上でファッションコンテンツによって、有名になりたい人をマッチングします。

ーーどうやって利用するのでしょう?利用するメリットは?

ファッション領域で有名になりたい個人のKITEKUユーザーは、購入前の商品を試着して外出できます。好きな場所で撮影してインスタグラムなどのSNSに投稿すると、「いいね」数に応じて報酬が支払われる成果報酬型です。

ユーザーにとっては、ファッションコンテンツを作るのに不可欠な衣料品が無料で借りられるほか、買わない服を試着することに対してのハードルが下がるメリットがあります。アパレル企業にとってのメリットは、ブランドの認知度向上はもちろん、実店舗を利用してもらう機会を得られることです。3月の実績は、後半コロナの影響もありましたが最終的に頂いている料金の20倍の広告換算の成果を出すことができました。

ーー競合サービスはありますか?それとの違いは?

ファッション領域で成果報酬型のインフルエンサーマーケティングを行うサービスは他にもあります。しかし、それらの多くは1フォロワー×2円=1回投稿に2万円等の費用がかかります。例えば3月の実績で言いますと、KITEKU導入店舗様で42万フォロワー分の投稿を生み出す実績となりましたが、従来のインフルエンサーマーケティングでは80~120万円程度かかります。KITEKUであれば1店舗当りの月額料が3万円なので、圧倒的な費用対効果を実現できます。投稿者がECではなく実店舗を利用することがKITEKUだけの特徴です。KITEKUは、リアル店舗にしかできない体験価値の提供ができます。

消費者の視点に立ち、実店舗に新たな価値を見出す

ーー起業のきっかけを教えてください。

経営コンサルタントとして働いていましたが、ファッション業界に行きたいという思いはずっと持っていました。

転機を求めて海外留学をしたときに、強盗に遭って死にかける体験をしたんです。その時にいつ人生が終わるかわからないことを知って、「今本当にやりたいこと」をやろうと決心したことがきっかけです。弊社は初期のサービスから6回ピボットしていますが、強い想いで起業を決断したので事を成すまでは諦めません。

ーーなぜこのサービスを始めようとしたのですか?

ファッション業界でもWebでの購買が浸透した後、リアル店舗の売り上げが減っていくのを見て、何かを変えないといけないと思ったからです。自身が販売員をしていた経験もあり、服は袖を通して初めて良さがわかるものであり、これまでになかった理由で試着を促したいという想いもありました。一方ビジネスの視点では、今後小売店舗が”物を販売する場所”から”体験を提供するショールーミング店舗”が出始めていることもポイントでした。

コンテンツ制作をしたい全ての人がつくる「個」の時代

ーーこのサービスの今後は?

リアル店舗にメディアという付加価値をつけていきます。消費者にとって「買う」か「買わないか」の2択しか選択肢がないリアル店舗に、「コンテンツを作成する拠点にする」という選択肢を増やせば、購買活動としての場所でしかなかったリアル店舗に対する見方を変えられると思います。

ーー目指す世界はありますか?

コンテンツ制作の「民主化」により、一人ひとりの才能が開花した世界です。インターネットやSNSが普及する中で「個」の時代がやってくると感じてから、コンテンツ制作をしたいすべての人たちが制作活動をできるように事業を展開してきました。社名の由来のアラブの春のように、コンテンツをつくる人たちの「民主化」を広げていきたいです。コロナ影響下により中長期的に店舗の集客&活用に課題が出てきますので、KITEKUはそのような時代感で求められるサービスであり、自分たちのビジョンを実現できるタイミングが来たと考えております。

株式会社SPRING OF FASHIONのKITEKUが気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

店舗がメディアを動かすのではなく、店舗自体がメディアになるという発想に驚きました。リアル店舗に対するイメージがこれから変わっていくのではないでしょうか。

 


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【アップサイクルから日本のシルク産業再建へ「WOWフラッフィーソープ」伊勢丹新宿店での発売開始リリースのご送付】

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

Job総研『2022年 職場の上司に関する調査』を実施

部下タイプ別1on1シーンのAI分析による調査報告 〜適性検査×トーク構成分析で、SDGs「働きがい」を醸成できる職場づくりのためのウェビナーを開催〜

ウェビナー「中小企業のためのデータ分析導入ケーススタディ~鹿児島県曽於市小迫ストアーの挑戦~」を6/3(金)に開催します

更なる成長をめざすスタートアップの事業拡大を支援!「スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING4.0!」」参加者募集

採用ベストマッチングへの取り組みを表彰する 「Best Recruit Matching Award 2022」、受賞企業10社を発表

Job総研『2022年 脱マスクに関する意識調査』を実施

プレスリリースタイトル ヘルスケア分野に特化したビジネス創出プログラム!【大阪公立大学ヘルステックスタートアップス2022】プログラム参加者募集開始

Jicoo(ジクー)、時間の使い方を分析できる統計機能を提供開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK