スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /世界の技術やビジネスモデルの最先端を届ける海外スタートアップ情報データベース「SUNRYSE.」ーー株式会社Queue
インタビュー 2020.06.23

世界の技術やビジネスモデルの最先端を届ける海外スタートアップ情報データベース「SUNRYSE.」ーー株式会社Queue

企業や開発チームがイノベーションを生み出すとき、肝要になってくるのは情報収集だ。日本だけでなく、世界全体の視点で業界のトレンドには目を光らせておく必要がある。しかし、技術の最先端を行く海外のスタートアップの情報は日本語での情報量が少なく、常に最新トレンドを追い続けられる人はそう多くない。

株式会社Queueは、海外スタートアップ情報データベース「SUNRYSE.」で、日本企業がイノベーションを生み出す機会を最大化する。

この企業は創業当初からR&Dサービスで技術の提供を進めてきた。情報技術に強い技術者集団としての強みをプロダクトの展開にも生かす。

どんな企業なのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

株式会社Queue 代表取締役

柴田直人

技術やビジネスモデルに強みのある海外スタートアップの情報をいち早く伝えるメディア

ーーSUNRYSE.を一言でいうと?

海外のスタートアップ事例を日本企業に届ける会員型のクローズドメディアです。新規事業の立ち上げなど、新しいことを始めようとする日本企業にイノベーションのヒントを届けます。

ーーどのように活用するのでしょう?

SUNRYSE.メンバーにご登録いただくと、1日10社・毎月200社以上の新規リサーチをご購読いただけます。リサーチは業界タグ・技術タグによって分類されているので、それぞれの分野に対して強みがあるスタートアップを分析することができるでしょう。掲載しているスタートアップの件数は既に1500件を超えており、今後もさらに技術やビジネスモデルに強みがあるスタートアップのデータベースは拡大していきます。

――サービスを利用するメリットを教えてください。

日本語での記載情報が少なく、国内でリーチすることが難しい海外スタートアップの情報をいち早く手にできることです。英語を含めた外国語による検索をする必要がないので、チーム内の全員で世界のスタートアップのトレンドを把握できます。また、ボードやコメントなどのコラボレーション機能を活用すれば、新たなアイデアを生み出すきっかけになるかもしれません。

ーー競合サービスはありますか?どこで差別化しますか?

海外のスタートアップ情報を届けるメディアは他にもありますが、多くはファイナンス情報を中心に伝えるメディアです。SUNRYSE.は、海外スタートアップの技術やビジネスモデルを伝えることに注力しているので、投資家やVC事業者向けのメディアとは差別化ができていると思います。

また、大企業に向けたR&Dサービスの提供を通して、企業の企画や研究開発の部署の方々がどんな情報を求めているのか熟知していることも、メディアとしての強みです。

技術者集団として、技術とそのトレンドを各産業に提供したい

ーー起業の経緯を教えてください。

大学4年生の時に東京大学工学部を中心とした技術者を集め、立ち上げました。研究室では機械学習やコンピューターサイエンスを主に開発していたのですが、ソフトウェアの開発だけでできるプロダクトは、IT業界以外の産業ではかなり限られていることに気づいたんです。そこで、創業当初からR&Dサービスで企業の研究チームに直接参加し、各産業にこの技術力を還元することを目指しています。

ーーなぜこのサービスを始めようとしたのですか?

R&Dサービスを中心に機械学習や画像認識の技術を提供していく中で、技術そのものだけでなく、技術をどう活用するかのノウハウを提供する必要があると感じたのがきっかけですね。学生の頃からアジアのテックカンファレンスで活動してきたので、注目されているスタートアップの技術のどこがすごいのか、ビジネスモデルの何が強みなのか分析する難しさを知っています。技術者が集まった集団としての強みを生かし、海外の最新トレンドをわかりやすく伝えていきたいです。

アイデアと共に新規事業も生まれる知的インフラへ

ーーこのサービスの今後は?

今後はSUNRYSE.とR&Dサービスを連携させながら、SUNRYSE.を新しいアイデアを生み出し、事業に生かす知的インフラにしていきます。機能やコンテンツの追加も進め、海外のイノベーションの事例やトレンドに常に触れられ、アクティブな交流ができるSUNRYSE.のコミュニティを各業界に広げていけたらいいですね。

ーービジョンはありますか?

弊社のビジョンは「情報技術を用いて、アイデアが報われる社会へ」です。身の回りの生活を変えてしまうほどのアイデアを生み出したとしても、それを実現する技術がなければ、そのアイデアは無駄になってしまいます。サービスを通して、各企業のイノベーターがアイデアを出す機会を最大化し、新しい事業に取り組める環境を作っていくことが私たちの目標です。

株式会社QueueのSUNRYSE.が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

素晴らしいアイデアだったのに、技術力などの事情で立ち消えてしまったプロジェクトがあったとしたら非常にもったいない…各産業に貢献しようとされる広い視野に感銘を受けました!


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

本音の議論を実現させる完全匿名の社内掲示板「FLAT TALK(フラットトーク)」で従業員のエンゲージメントを高めるーー株式会社BaaS

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

未上場企業の株主総会が最短1日で完結!「FUNDOOR」の新機能”オンライン株主総会”をローンチ!!

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」が、オンライン社員訪問を通じた無料の採用支援ツールを発表!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK