スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社
インタビュー 2020.07.07

飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社

食材の仕入れからメニュー考案、集客に至るまで、飲食店の経営課題は多岐にわたる。口コミサイトなど、飲食店の経営を支えるサービスは近年増えてきた。しかし、ITに詳しくなければ、どのサービスが店の経営に役立つか判断するのは難しい。

キャロット株式会社は、飲食店向けのサービス・情報比較メディア「CAROT(キャロット)」で、店舗の経営に役立つツールやノウハウを提供する。

代表取締役社長の嶋田光宏さんは、飲食店経営の現場と飲食店向けにサービスを提供する現場を両方経験して得た課題感からサービスを立ち上げた。CAROTを「飲食店関連のサービスを全部見れる場所」として飲食業界のインフラにすることを目指す。

どんな企業なのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

キャロット株式会社 代表取締役社長

嶋田光宏

店舗に合った飲食店向けサービスの比較検討ができるメディア

ーーCAROTを一言でいうと?

飲食店の経営に役立つツールの比較検討や、店舗経営ノウハウに関する情報収集ができるサービスです。飲食店向けのサービスを提供する企業と、飲食店の経営者が抱える課題の双方を解決します。

ーー飲食店の経営者はどうやって利用するのでしょう?

飲食業は仕入れから加工、店舗経営までの多岐にわたる業務を同時にこなす必要がある業界なので、経営課題の個別性は高いです。CAROTにはジャンルごとに分けて飲食店向けサービスや店舗経営ノウハウが掲載されているので、改善したい課題に沿ったITツールを見つけていただけます。飲食店様のサービス利用料は無料です。

また、導入するサービスの選定に困っても、「CAROTコンシェルジュ」にご相談いただければ、第三者目線で店舗に最適なサービスをご紹介します。現在はLINEの公式アカウントで個別にご相談を受け付けており、サイト内で気軽に相談できるチャットボットも開設する予定です。

ーー飲食店向けのサービスを提供する企業にはどんなメリットがありますか?

営業マンの人手不足に悩んでいたり、コロナ禍で飲食店への営業活動が困難な状況に置かれている企業がリードを獲得できる点ですね。サイトにサービス情報を掲載することで、資料請求数の増加や新たな営業先の獲得を狙うことができます。成果報酬型の無料プランを用意していますが、基本的には加盟料やランニングコストはかかりません。

加えて、サービスを掲載していただいた企業様には、ダウンロード状況や掲載内容をいつでも変更できる管理画面を利用していただけます。経営状況に合わせ、欲しいリードだけを選択することが可能です。

ーー競合サービスはありますか?それとの違いを教えてください。

飲食店向けの情報をWeb上に掲載するサービスは他にもありますが、サービス認知度の広げ方が差別化点です。飲食業界は店舗同士の横のつながりが強い業界なので、Google SEOではなく、飲食店同士のコミュニティにアプローチをかけられるようにサービスを開発しています。

飲食店の経営に役立つサービスが見つけられる場所を作り、飲食業界のIT化を推進したい

ーーこのサービスを始めた経緯を教えてください。

飲食店経営の現場と飲食店向けにサービスを提供する現場を両方経験し、飲食業界全体の課題を感じたことがサービス立ち上げのきっかけです。26歳まではフランス料理店でシェフとして従事し、その後は飲食店向けの営業とマーケティングをしてきました。

そんなキャリアを進むうちに、飲食店の経営業務をサポートするサービスは増え続けているのに、肝心の飲食店の経営者がその情報を手に入れられていないという状況に気づいたんです。飲食店の経営に携わる人たちにとって役立つツールやサービスをCAROTにまとめることで、飲食業界のIT化やデジタル化を推進していきたいと思っています。

CAROTを飲食店の経営者なら誰もが知る業界のインフラへ

 

ーーこのサービスの今後は?

サービスの掲載ページのフォーマット化を進め、飲食店向けサービスの掲載数を増やしていきます。比較できるサービスの数が増えるほど、より利用する店舗に合ったサービスに出会っていただける可能性が高まるでしょう。

将来的にはCAROTをアプリ化して、飲食業界のインフラにできたらいいですね。「飲食店関連のサービスを全部見れる場所」として全国の飲食店の経営者にインストールしてもらうのが目標です。

ーー目指す世界を教えてください。

外食産業をアップデートします。この業界に携わって感じることですが、日本の料理人の技術は世界的に見てもかなり高いです。本来は人がやらなくてもいいことをITに任せ、彼らにしかできない作業に集中してもらえば、日本の外食サービスの質をさらに高められるのではないでしょうか。

キャロット株式会社の「CAROT」が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

私の知り合いにも飲食店を経営している人がいますが、ITには疎いです…ITサービスに詳しくなくても、経営に役立つツールを知れる場所があると嬉しいですね!


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

シンガポール発!日本のサプライチェーンファイナンスをアップデートし銀行と中小企業の橋渡しを実現する会社ーー株式会社RootAnt(ルートアント)

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK