スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /就活の進め方に不安を持っている就活生と、より多くの学生にリーチしたい企業の人事担当者をマッチングするサービス「就活メンターズfor人事」ーー株式会社Orario
インタビュー 2020.11.10

就活の進め方に不安を持っている就活生と、より多くの学生にリーチしたい企業の人事担当者をマッチングするサービス「就活メンターズfor人事」ーー株式会社Orario

新型コロナウイルスの流行が拡大する中、採用枠の大幅な縮小や、オンラインでの就活になったことで不安を抱えている学生は多い。また、大人数の学生を動員する就活イベントなどが軒並みに中止になったことにより、採用段階に至る前のリーチにおいて多くの企業が課題を感じている。

そんな両者にとってうれしいサービスが、株式会社Orarioが提供する「就活メンターズfor人事」。自分にあった仕事を見つけたい学生と、より多くの学生に企業のことを知ってもらいたい人事担当者を繋ぐマッチングサービスだ。

このサービスは、コロナ禍によって学生と企業が出会う機会が激減していることへの課題感から立ち上げられた。同社はサービスの提供を通じて、誰もが平等なリテラシーのもとで就職活動・採用活動ができる社会の実現を目指すそうだ。

「就活メンターズfor人事」とはどんなサービスなのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

株式会社Orario 取締役CEO

芳本大樹

求人票ではなく「社員のプロフィール」を見て繋がるマッチングサービス

ーー「就活メンターズfor人事」は一言でいうとどんなサービスでしょうか。

企業の人事担当者と学生をマッチングするプラットフォームサービスです。

ーーどんな方がサービスを利用していますか?

就活を始めたばかりの学生の方にご利用いただいております。ユーザー属性としては高学歴の方が多く、早慶上智や最難関国立、GMEARCH、関関同立の学生が半分以上を占めています。昨年度21卒は6000名の方にご利用いただきました。文系・理系の比率は3:1です。

ご登録いただいている企業様は、新型コロナの影響で例年の就活イベントができず、学生にリーチできていないといった課題を抱えていらっしゃることが多いです。

ーー企業側と学生側、それぞれの利用方法を教えてください。

企業の採用担当の方は、まず弊社と面談をして、就活メンターズfor人事のアカウントを開設します。企業概要欄と、ご自身のプロフィールを書いていただいた後は学生から連絡が来るまで待機するだけです。毎年求人票を作り直す手間は必要ありません。

学生は21,22,23卒関係なくサービスに登録することができます。人事部の方のプロフィールを見て申請を行い、承認されるとサービス内のチャットで連絡を取れるようになります。そのまま面談の日程調整を進めることができるでしょう。

ーーサービスを利用するメリットを教えてください。

学生はこのサービスを利用することによって、自分に合った業界について考えたり、自らの情報収集だけでは知り得なかった仕事を知ったりすることができます。

企業にとってのメリットは、より広く学生と繋がることが可能になることです。業界や業種を絞って一括検索をかけ、一括応募する形式をとっていた既存の就活サイトでは、「応募するまでではないが、話を聞いてみたい」という学生にリーチできませんでした。「就活メンターズfor人事」を活用すれば、そういった「少し興味を持っている」学生にもリーチすることができます。また、お互いのことをよく知っている状態で採用できるため、入社してからのミスマッチを防ぐことができます。

ーー競合サービスとの差別化点を教えてください。

就活メンターズの強みは、コストパフォーマンスです。

他社サービスでは登録するのに年間100万円ほどかかる場合もあります。「就活メンターズfor人事」の利用料は月あたり3万円と、コストを抑えながら採用活動を進めることが可能です。何人の学生にリーチしても利用料は変わりません。

また2020年12月末までにご利用希望の方には、初月分の無料トライアルを実施しております。まずは弊サービスをご利用いただき、効果をお試しください。

低価格でサービスを提供できるのは、弊社が以前から展開している「就活メンターズ」のデータベースを活用することで、開発費を抑えているからです。また、就活メディア「就活Hack」や履修管理アプリ「Orario」で大学生の情報を多く抱えており、集客コストがかかっていないことも理由として挙げられます。

オフラインではなくても質の高いマッチングの実現へ

ーーなぜこのサービスを始めようとしたのですか?

新型コロナウイルスの拡大によって、人事の方は例年のように多くの学生にリーチすることが難しくなりました。学生に出会いたいというニーズの高まりに対して集客をお手伝いすることによって応えたいと考え、サービスを立ち上げたのです。

また、学生にとってオンラインでの就職活動は、コロナ禍までに行われてきたものよりも自分から情報を収集して企業を知る必要があります。学生にもより納得感のある就職をしてもらえるよう、少しでも力になりたいと考えています。

ーー開発プロセスはどのような感じだったのでしょうか。

サービスのトライアルを今年の5月に行い、数社に試してもらいました。すると、わずか1、2ヶ月で実際に内定が決定するなどの実績が出ました。

一ヶ月で平均30~35人の学生にリーチできることもわかり、市場のニーズにあっていると確信し、8月に正式にローンチに至りました。

就活生と社会人メンターを繋げるサービス「就活メンターズ」のデータベースを活用したお話は先ほどもしましたが、このサービスも提供を続けていき、ゆくゆくは「就職メンターズfor人事」と一つのサービスにしていきたいと考えております。

全ての人が平等な立場で行動を起こせる社会の実現に向けて

ーーこのサービスの今後は?

スカウト機能やDM機能など、企業側から学生に動的にアプローチできる機能をつけていく予定です。

また、集客にはさらに力を入れて学生の利用者数を伸ばしていきます。「就活Hack」と「Orario」も含めた多角的なアプローチで、採用活動をもっと活発にしていきたいです。

ーー目指す世界観を教えてください。

誰もが平等なリテラシーのもとで就職活動・採用活動を目指しています。

就活をまだ始められていない人や、情報リテラシーが低い人も同じスタートラインに立てるように情報の提供を続け、弊社サービスを就活を始める第一歩として利用されるようにしていきたいですね。

株式会社Orarioの「就活メンターズ」が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

【本件のお問い合わせ先】
担当     :久慈(くじ)
メールアドレス:contact@shukatsu-mentors.com
電話番号   :080-3606-0236


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ニュース記事に特化した文章要約AI「タンテキ」β版(無料)リリース

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK