スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /24時間無人内見システム。ユーザーとオーナーを直接繋げるマッチングサイト「LEASE24」ーーショウタイム24株式会社
インタビュー 2021.04.07

24時間無人内見システム。ユーザーとオーナーを直接繋げるマッチングサイト「LEASE24」ーーショウタイム24株式会社

一般的に、部屋を借りる際には不動産会社に行き、立ち会いのもとで内見を行う必要がある。しかし不動産会社の方がいると気を遣ってしまい、内見に集中できないこともあるだろう。

ショウタイム24株式会社が提供する「LEASE24」を利用すれば、借りたい物件、買いたい物件を24時間いつでも自分の予定に合わせて、立ち会いなしで内見することができる。気を遣うことなく、自分のペースで内見が進められ、契約に関する手続きもオンラインで完結できるそうだ。

どんなサービスなのか。代表取締役の市川達也さんにお話を伺った。

プロフィール

ショウタイム24株式会社代表取締役
市川達也

不動産会社の立ち会いがなく、自分のペースで内見を進められる無人内見システム

ーー「LEASE24」を一言で言うと?

お部屋を探している方とオーナーを繋げるマッチングサイトです。

ーーどのような方が利用していますか?

お部屋を借りたい方と家を購入したい方にご利用いただいています。

ーーサービスを利用するまでの手順を教えてください。

オーナー・管理会社は、まず初めにスマートロックとIoTの機器を搭載していただきます。その後は、物件を登録していただくとご利用いただけます。LEASE24では、ユーザーの申し込みや予約ごとに通知が来る仕組みなので、登録後はユーザーの利用通知を待つだけです。また、現地にはWebカメラを設置しており、内見の様子をカメラで確認できるので、オーナーは現地に行くことなく内見に対応可能です。

お部屋を借りたいユーザーは、LEASE24のHPや現地に設置している看板のQRコードから会員登録をしていただきます。その後、ご自分の希望日に内見を予約していただきます。予約時間になるとWebサイト上に解錠の画面が表示され、スマートロックが自動で解錠する仕組みです。解錠後はご自分のペースで内見を進めることができます。

ーーユーザーが得られるメリットを教えてください。

直接オーナーとやり取りができる点です。間に仲介会社が入らないので、仲介手数料の支払いや契約手続きといったやりとりも必要ありません。また、一般的な内見は不動産会社に行き、車で送ってもらいながら内見していくと思います。それに対してLEASE24では、不動産会社の立ち会いはなくお客様お一人での内見になるので、時間の許す限りご自分のペースで内見を進められます。

ーーオーナーが得られるメリットは何ですか?

仲介会社が入ることで生じていた広告料や手数料といったあらゆる費用を削減できる点です。また、契約書や手続きにかかる時間をカットできるので、ユーザーに対応できる時間がより増えるのではないでしょうか。また、新型コロナ対策として非対面での内見を実現することが出来ます。

コロナ禍で生まれた「不動産DX」の波

ーーなぜこのサービスを始めようと思ったのですか?

不動産業界において基盤になっている、仲介会社が動かないとオーナーもユーザーも手続きに進めないという構図を変えたいと思ったからです。

ーー以前は何をされていたんですか?

athomeで不動産のポータルサイトを営業をしていました。多くの不動産会社に携わる中で、仲介会社の存在によってユーザーやオーナーが無駄な費用を払ってしまっているという課題を感じました。そこで、仲介会社が果たす役割をシステム化し直接集客できたら、ユーザーやオーナーは無駄な費用を払う必要がなくなるのではないかと考え、LEASE24の開発に至りました。

ーーサービスを立ち上げるにあたって乗り越えた壁はありますか?

仲介業者がユーザーとオーナーの間に入るという、古い慣習が根強く残る不動産業界でITを用いた新しいサービスを受け入れてもらうことに苦労しました。しかし、良くも悪くもコロナ禍になり、業界にも「不動産DX」という言葉が登場し始めたんです。業界内でも、古い慣習を続ける会社とDXに積極的な会社と二極化しはじめているので、弊社のサービスに積極的な会社には全力でサポートを行っています。

不動産業界に根強く残る既得権益を透明化させたい

ーー今後、サービスはどのような進化をしていきますか?

無人で見ていただくことで、内見に生じる無駄を省き、ユーザーに物件を見るだけでなくそれ以上の体感をしていただけるようにサービスを展開していきます。

また、借りたい人・貸したい人・買いたい人・売りたい人が直接繋がることによって、不動産業界の既得権益を透明化させ、新しいモデルを構築させたいと思います。

ーー目指している世界観・ミッションを教えてください。

ITを使ったサービスを不動産業界に浸透させていき、不動産業界の既得権益を無くしていくことです。LEASE24が不動産業界の新しい風になり、流れを変えていきたいと思います。

ショウタイム24株式会社の「LEASE24」が気になった方は以下のリンクまで。

サイトへ

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

転職理由は本音で話すべき?638人に聞いたアンケートを元に解説!

22年卒予定の学生に聞いた「就職活動中での企業の採用選考時の対応に関する意識調査」就活中、企業の対応によって志望度が上がった経験のある人が70%強 ~半数以上が「下がった経験がある」と回答。企業と学生が対等に選びあう時代に~

26の大学発ベンチャーのタネを一挙公開!京阪神スタートアップアカデミア・コアリション【KSAC】 Demo Day 2022開催!

「GET IN THE RING OSAKA 2021 -Sustainable Business-」優勝企業が決定。世界大会への挑戦権を獲得!

Job総研『2021年ニュースランキング』調査を実施

「起業の科学」田所雅之氏率いるユニコーンファーム。副業メンバーの日程調整における課題を解決!

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

音声SNS「Wacha」で、”人肌感がありながら、 自分を自由に表現できる世界”を創る。 〜Coeto創業ストーリー〜

IoT、ロボット、各種アプリなど情報通信分野に絞ったピッチイベント「ミライノピッチ2021」受賞者決定!

採用管理システム「sonar ATS」、タクシーCMを放送開始 ~「頑張るだけじゃ、良い人材は採用できない」採用現場の現状と「採用業務のデジタル化」の重要性を表現~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK