スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /デジタルマーケティングのナレッジマネジメントSaaS「GrowthPlanet(グロースプラネット)」ーー株式会社LeanGo
インタビュー 2021.04.23

デジタルマーケティングのナレッジマネジメントSaaS「GrowthPlanet(グロースプラネット)」ーー株式会社LeanGo

株式会社LeanGoが提供する「GrowthPlanet(グロースプラネット)」は、企画書作成からタスク管理、ナレッジ共有までひとつのツールで完結させることが可能なデジタルマーケティングナレッジマネジメントサービスだ。ディップでもこのサービスを導入している。

代表取締役の平井翔吏さんは、以前提供していた納品型のコンサルティングサービスを廃止し、GrowthPlanetの提供を始めた。サービスの提供を通して「社会の居心地を良くする」ことを目指すそうだ。

「GrowthPlanet」とはどんなサービスなのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

株式会社LeanGo 代表取締役

平井 翔吏

デジタルマーケティングの全フェーズをひとつのツールで行えるサービス

ーー「GrowthPlanet」を一言でいうと?

デジタルマーケティングのナレッジマネジメントSaaSです。

ーーサービスについて具体的に教えてください。

デジタルマーケティングの全フェーズがひとつのツールで完結し、企画、タスク管理、ナレッジ共有が従来よりも効率的に行うことができるのがこのサービスです。

デジタルマーケティングの業務は企画、タスク管理、ナレッジ共有の3つのフェーズにわかれます。

今までは、各フェーズでさまざまなツールを使わなければならず、その結果、マーケティングのノウハウが属人化していました。また、複数のツールを使うことでランニングコストがかかったり、それぞれのツールに同じ情報を入力するという雑務も発生したりしていて、生産性がとても低くなってしまうという問題点がありました。

それらの課題に対してGrowthPlanetは全フェーズをひとつのツールで出来るようにしました。加えて、今まで行ってきた施策をデザインデータで見ることが可能です。デザインで見れるということは視認性がよく過去にどういう施策をやってきたか簡単に見ることが出来ます。また、全てのデータをひと目で見れるようになっているので検索性が高く施策のナレッジ共有も従来よりも効率よくできます。

つまり、今までそれぞれのフェーズにおいて縦割りで閉鎖的だったデジタルマーケティングに関わる業務が、GrowthPlanetを使うことでオープンになり、今まで積み上げてきた全てのマーケティングに関するデータに誰でも効率よくアクセスすることができ、無駄を省いて業務を行うことができるのです。

ーーサービスにはどのような機能がありますか?

主な機能としては自動キャプチャ機能での雑務削減、タスク管理、ライブラリ機能があります。

まずGrowthPlanetではキャプチャ撮影を自動化し雑務の削減を図ることができます。
例えば、企画書を作る場合、従来の方法では、各デザイナーが他サイトから手動でキャプチャを撮り、エクセルに反映させるのが一般的でした。
しかし、このやり方だと、全て手動ですので時間もかかりますし、違うデザイナーが重複したキャプチャを拾ってくる可能性もあり、非効率な作業でした。
そこで、そうしたデザイナーの雑務を削減するために、GrowthPlanetでは自動キャプチャ撮影を搭載し、キャプチャ撮りした内容からそのまま企画書まで作ってくれる機能を搭載しています。

また、そのままタスク管理をすることもできます。GrowthPlanetはデジタルマーケティングの企画から全てのフェーズを横断して一つのツールで行うことができるので、今まで複数のツールに散らばっていたタスクを集約し、従来よりもスムーズにタスク管理をすることができるのです。

さらに、従来のように行った施策を資料にまとめ、グーグルドライブやローカルフォルダに共有するのではなく、GrowthPlanetで企画を考え、それをそのまま他のメンバーに共有することが可能です。そのため担当者・部署が違う場合でも、他サービスはどんな施策をやっているのかを同じ場所で見れるので、ナレッジがスムーズに行き来します。

ーー利用するメリットを教えてください。

雑務を大幅に削減できる点です。だいたい1人あたり40時間削減できます。具体的な削減できる雑務としては企画書を探すことや、GrowthPlanetでは自動化されているベンチマークの分析などが挙げられます。

いままではフェーズごとに違うツールを使っていることで、情報が散らばってしまっていて、せっかく施策を検討してリリースして振り返っても、そこで終わっていました。

しかし振り返った施策を元に新しい施策を検討したり、振り返った施策を他の人に共有してそれを元にまた新しい施策を考えたりというサイクルが可能です。

コスト削減も大きなメリットです。今までと価格を比較すると、ツールの数やコストが減ることでコスト削減を図ることが出来ます。

サービスのコンセプトがナレッジマネジメントなので、やってきた施策のデータが着実にたまり、管理されることはもちろん、たまるだけではなく視認性も良いので、UXとしても優れているんです。データ管理の一本化とみやすいデザインで従来より格段に効率よく、生産性の高いパフォーマンスを支えるツールとなっています。

納品型コンサルティングはクライアントサクセスプランへ

ーー以前提供されていたサービスはどうなったのでしょうか。

以前提供していた納品型のコンサルティングは廃止となり、代わりにクライアントサクセスというプランを作成しました。納品型コンサルティングは、1施策何円という提供の仕方だったのですが、クライアントサクセスプランはクライアントのデジタルマーケティングのご状況に合わせ、企画書作成を代行もしくはアドバイスさせていただき、改善策を提供する仕様になっています。

デジタルマーケティングの必需品となるために

ーーこのサービスの今後は?

今後は、サービスの機能をさらに拡充していきたいと思います。

GrowthPlanetはデジタルマーケティングのナレッジマネジメントSaaSなので、ドメインとしてはデジタルマーケティングです。デジタルマーケティングは集客改善をしたり、LPOやサイト改善をしたりさまざまな観点があります。その点、このサービスには、SEOやデータ分析などのデジタルマーケティングの必需品として成り立っていくための機能がまだまだまだ足りていません。

これからも、デジタルマーケティングに必要な機能を拡充し続け、「デジタルマーケティングならGrowthPlanet」と言っていただけるようなサービスを目指したいと思います。

ーー目指す世界観を教えてください。

弊社サービスを通して社会の居心地をよくすることです。

世の中にはソフトウェアを通して自分たちで自分たちの良い世の中を作ろうと思っている企業がたくさんあると思うんですね。弊社のサービスはそういう何かしらを叶えたい人たちの後押しをするためのサービスなんです。間接的に彼らの支援をしていくことによって我々が目指す「社会の居心地をよくする」ことも結果的に社会に反映されていくのだろうと考えています。

いまサービスと理念が合致しているので今後もこの理念を元に更なる飛躍を目指したいと思います!

「GrowthPlanet」が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK