CATEGORY ニュース

ニュース

ベッキーは”第2章の人生”を歩んでいる。「私は、小さなプライドやこだわりを捨てた」

華奢で白い背中は、強さの表れだったのだろうか。2016年9月の木曜日、日経新聞の朝刊に載った宝島社の広告。トレードマークだった長くてまっすぐな髪の毛はそこにはなく、短く切られた新しいヘアスタイルのベッキーがたたずんでいた。当時の彼女はしばらく芸能界を休んでいた。「髪を短く切るのはどうですか?その方がメッセージ性もあると思うので・・・」ベッキーが自分から提案したのだという。この広告から1年半。ベッキーは、今の自分の人生を「第2章」と呼んでいる。それまでやったことのなかった時代劇やファッションブランドとのコラボに挑戦。昔の「明るく元気なタレント」のイメージは大きく変わりつつある。4月には、プライベートでアメリカ・シリコンバレーを旅して、Google、Facebookなど、多くのIT企業の”自由な働き方”を学んできた。34歳の女性として、どんな気持ちで毎日を送っているのだろうか。ベッキーに60分間、話を聞いた。新しい扉をあけるーーIT関連のベンチャー企業や起業家が集まるシリコンバレー。会社の社長やエンジニアの人が興味を持つような場所に、どうして行ったのですか。私にとってシリコンバレーは、小学校の社会の教科書で何となく習った場所というだけで、正直ずっと興味がない場所でした。でも、LINEやメルカリのCMに出させていただくなど、最近ネット系の会社の方々とお仕事をすることが増えたんですけど、皆さんが口を揃えて「シリコンバレーに行った方がいい、見た方がいい」っておっしゃるんです。仕事のやり方の概念が変わる、オフィスなど働く場所の捉え方が変わるって。私は会社を経営するつもりはないので、自分には関係ないと思っていたんですけど、2018年はもう、そういうの関係なく、とにかく新しい世界を見たいと思っているので。「よし今だ!」ということで行ってきました。ーーそんなに日本と違いましたか。少しの滞在だったので、私の個人的な印象ですけど、シリコンバレーの人たちは、一人ひとりが自分の仕事や人生を「デザイン」してるんだなぁってのを感じましたね。日本だったら午前9時にオフィスに行って午後5時に帰る、という風に決められたルールに人が合わせていくって感じが多いと思うんです。でもシリコンバレーでは、それぞれの人が自分のルールを設計していた。普通に会議みたいに話していた人がいきなり「子ども

ニュース

山梨県立甲府一高/7 卒業後も続く縁、大切に 輿水精一さん /東京

◆サントリー名誉チーフブレンダー・輿水精一さん=1967年度卒サントリーの名誉チーフブレンダー、輿水精一さん(68)=1967年度卒=は山梨県立甲府一高時代、天文部員でした。原酒をブレンドしてウイスキーの味を生み出すブレンダーの仕事と、天体観測の共通点は「忍耐力」だと言います。かつての同級生から注文

ニュース

アイデアを試す場 スタートアップと大企業肩並べ─SXSWレポート

トレードショーは企業がクリエイティブなアイデアやプロトタイプを持ち寄る文字通りの商談会で、SXSWのなかでも規模の大きいプログラムだ。日本からは今年、30団体以上がブースを構えた。新規出展も多く、ジェトロの公募などによるスタートアップが複数参加した一方、大手企業の展示も目立った。

ニュース

池原真佐子 育児や仕事、生き方の決断を支える仕組…

起業するまでの経緯や仕事と家庭の両立についてなど、多くの壁を乗り越えてきたママ社長や起業家にインタビューする「私が壁を乗り越えたとき」。第14回は、ワーキングマザーのキャリア支援を行う「育キャリカレッジ」を2017 年に立ちあげたMANABICIA代表の池原真佐子さんを紹介します。池原さんは、PR会

ニュース

ビジョンバイオ(株)・塚脇博夫社長インタビュー 「異物検査技能検定」セミナー満員御礼、新キット開発に注力

――事業年度が6-5月ですから、創立20周年が終わり、21年目に入る時期にあたります。この機会に、今後の方針を伺いたいのですが、まず「(一社)検査技能検定協会」を設立して本格化させた各種認定事業のその後は?御社が開発したキット「異物鑑定団」を用いる「異物検査技能検定」と、主に学生を対象とした「コシヒ

ニュース

藻スタートアップ活発 たんぱく補給や抗鬱も

藻を活用するスタートアップへの投資が活発化している。タベルモ(川崎市、佐々木俊弥社長)は22日、産業革新機構や三菱商事からあわせて17億円を調達したと発表した。東京大学発スタートアップも大学ベンチャーキャピタル(VC)から調達した。石油燃料からの脱却、たんぱく質クライシスへの対策――。環境問題への寄

ニュース

「金利競争はしない」商工中金が業務改善計画

不正融資問題を発端にビジネスモデルの改革を迫られていた政府系金融機関の商工中金は、業務改善計画を提出しました。商工中金・関根正裕社長:「要するにお客様のニーズではなく、我々から持ち掛けて、『この(低い)金利でやりますから、シェアを下さい』みたいなことはしない」商工中金が発表した業務改善計画によります

ニュース

仮想通貨交換会社のビットトレード、シンガポール企業に経営権譲渡

仮想通貨交換会社のビットトレード(東京・港)は22日、シンガポール企業に経営権を譲渡すると発表した。同企業の資金力を背景に、セキュリティー強化やサービス拡充を進める。ビットトレードは改正資金決済法上の登録業者で、国内で事業を展開している。現在の実質的な親会社は外国為替証拠金(FX)取引業者のFXトレ