スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /雇用を前提としない方法で、企業の「会いたい」を叶えるーーSpready株式会社
インタビュー 2020.04.16

雇用を前提としない方法で、企業の「会いたい」を叶えるーーSpready株式会社

新しいことを始める時、まずは詳しい人に話を聞いたという経験を持つ人は多いだろう。それが何かを始めるのに一番早い手段だからだ。

しかし、企業が人と出会って話を聞くことは、個人間と比べて簡単ではない。

企業が人と出会う機会といえば、新卒の就活や転職くらいしかないからだ。就労人口が縮小する中、その機会も減少の一途を辿る。

企業の人探しのニーズを雇用を前提としない方法で解決し、人と組織の新しいつながり方を提供する企業がある。

Spready(スプレディ)株式会社だ。

Startup Timesは、昨年8月にもSpready株式会社の記事を公開している。今回は、サービスの現在地と今後の展望を中心に掘り下げていく。

プロフィール

Spready株式会社代表取締役

佐古雅亮

企業の「会いたい」という欲求を、個人のつながりによって満たす「Spready」

ーーSpready株式会社はどんな企業ですか?

ソーシャルキャピタルの可視化を目指し、複数のサービスを提供する企業です。人と組織の新しい”つながり”をつくるためのサービス”Spready”はそのサービスの一つです。個人様向けのプロフィール管理サービス”Profiee”の運用もしています。

ーーSpreadyについて教えてください。

企業の「人を探したい」という課題を、スプレッダーと呼ばれる登録者が持つ個人間のつながりで解決するコラボレーションSNSです。企業の会いたい人材に合致する方を、スプレッダーが知人の中から紹介します。

今までは人と組織が出会う手段が就職や転職しかありませんでしたが、Spreadyは人と組織のコラボレーションという新しい出会いのかたちを提供します。

ーーサービスとしての強みは何ですか?

会いたい人と「必ず会える」点です。Spreadyには、社内外に幅広いつながりを持つスプレッダーが2000人以上います。さまざまな分野の人材につながる大勢のスプレッダーが新しいコラボレーションのきっかけをつくるので、あらゆる人材との出会いが約束できます。

また、スプレッダーは事業に共感した会社や応援したい案件に対して友人や同僚を紹介するので、必然的にコラボレーションのクオリティは高まります。面談の満足度はデータ化しており、面談に行かれた個人の満足度は84%、企業の満足度は88%と高い結果となっています。

信頼しあえる人のつながりを作るために、進歩を続ける

 

ーー会社はどのように成長していますか?

事業の立ち上げ後は、継続して現行サービスの拡充に努めてきました。そのため、会社の成長も、サービス内容が改良されたSpreadyのプロダクトサイトを見ていただければ、お分かりいただけるかと思っています。

ーー機能的な成長は?

今年1月のサービスリニューアルでは、「⼈と⼈が信⽤を基につながり、共に信頼し合って新しいことに挑戦するためのプラットフォーム」というコンセプトは変えずに、サービスを刷新しました。

具体的には、企業側はユーザーのこれまでの紹介実績を「おつなぎポイント」という形で知れるようになったほか、紹介してほしいユーザーに企業側からアプローチをかけることが可能になりました。

ーー数字的な成長は?

人と人をつなげる仲介人であるスプレッダーは2000人以上、ご登録いただいた企業様は100社を超え、成立した「つながり」は1100件になりました。(2020年3月末時点)

ーー前回の取材時から半年以上たちましたが、今の率直な思いを教えてください。

改めてこのサービスは面白いと思っています。昨年の5月30日にSpreadyを立ち上げてから、日常では探すことが難しい、様々な出会いがつながっていく様子をを見てきました。幅広い人材を集めるためにサービスの対象とする業種・業態をあえて限定しなかったことが、柔軟性の高いプロジェクトの成立に結びついているのだと思います。

ソーシャルキャピタルの可視化を進め、人と組織のつながりを変える

ーーSpready株式会社の今後は?

まずは、より多くの方に利用していただけるようにこのサービスを広げていきます。並行して現在、SpreadyやProfieeをクローズドな環境で最適化することにも挑戦しています。今はサービスを運用する領域を限定していませんが、社内やコミュニティなど、SpreadyやProfieeをある特定の環境に最適化したものにすれば、よりメンバーの組織に対するエンゲージメントの向上などにも使えるものになるかと思います。

ーー目指す世界はありますか?

一人ひとりが”やりたい”に出会い続ける世界です。私は、キャリアアドバイザーとして万を超える人たちと話してきました。その中で感じたのが、将来に対して漠然とした不安を抱えて転職を望む人が多いということです。外の世界とつながり、新しいことを始める方法が他にもあることを、多くの人に知っていただきたいと思っています。

Spready株式会社が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

コラボレーションSNS”Spready”

サイトへ

プロフィールサービス”Profiee”

サイトへ

編集後記

取材担当佐野

「人は何かの組織に属するもの」という私の認識が大きく変わりました!これからの時代は、個人と組織の関係性が変わっていきそうですね。


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK