スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /スタートアップ企業のオフィス移転にかかる無駄なコストや時間を削減!昇りたい企業に昇る場を。「NovolBa(ノボルバ)」株式会社ボーンレックス
インタビュー 2020.12.18

スタートアップ企業のオフィス移転にかかる無駄なコストや時間を削減!昇りたい企業に昇る場を。「NovolBa(ノボルバ)」株式会社ボーンレックス

会社内の円滑なコミュニケーションはもちろん、「文化の醸成」にもオフィスというコミュニケーションの場は欠かせない。

もちろん、コストの観点から言えば、リモートワークやコワーキングスペースという選択肢もあるだろう。しかし、「自分たちが自由に使える空間」はチームの一体感を高める大きな要素になりうる。そういう意味で、たとえ初期のスタートアップであっても自社オフィスを持つ意義は大きいだろう。

しかし、事業を立ち上げたばかりのスタートアップやベンチャー企業は忙しく、費用も時間もかかるオフィス移転まで手が回らないことが多い。

そこで、物件探し、移転手続きを最大限効率化し、スタートアップ企業のオフィス移転を支援するサービスがある。株式会社ボーンレックスNovolBa(ノボルバ)だ。

NovolBaでは敷金・礼金などを抑えた物件を見つけることができ、電気水道インターネットの契約や、その他の手続きもまとめて完了してくれる。つまり、従来よりも大幅にコスト、移転時間、労力を抑えて、オフィス移転を実現している。

今回は、どんな思いからNovolBaを運営されているのか詳しく話を聞いた。

プロフィール

NovolBa運営 株式会社ボーンレックス

代表取締役 室岡拓也

スタートアップ企業のオフィス移転を効率化!

—サービスを一言で言うと?

スタートアップの成長のためにスマートなオフィス移転を実現しているサービスです。

従来の方法で不動産物件を探すと、かなりの労力と費用がかかってしまいます。例えば、入居前の敷金礼金、その他の費用もかさみますし、その他にも引越し業者を頼んだり、オフィスに置く家具を揃えたりと、多岐に渡ります。ただでさえ忙しいスタートアップ企業は、オフィスの移転まではなかなか手をつけられないこともしばしばです。

そこで、弊社サービスでは低コスト、短時間、少ない労力でのオフィスを提供させていただいております。

—ターゲットユーザーを教えてください

主にスタッフ数20名以下のスタートアップ企業に多くご利用いただいております。会社の成長に合わせて頻繁に移転したい企業と相性がいいサービスです。

—利用方法を教えてください

公式ウェブサイト、またはLINEからNovolBaにお問い合わせいただいて、移転したい物件の立地や希望条件を伺います。ご希望の条件をもとにNovolBaで物件を探し、提案させていただきます。

また、期間限定のキャンペーンとして、「入居したい物件を教えていただき、その物件をNovolBaの物件として初期費用や諸手続きの手間を省いて入居いただける」という施策も打ち出しています。

実際にオフィス移転を行う場合は、水道/電気/インターネットの契約はもちろん、家具の手配までNovolBaが行います。つまり、ユーザーは最低限の私物と体1つで引越しを完了させることが可能です。それによって、オフィス移転した初日から働ける環境を提供します。

—強みを教えてください

スタートアップ企業の移転に特化している点です。

このサービスをNovolBaと名付けた理由は、昇りたい=成長したいスタートアップ企業に「昇る場」を提供したいと思っているからです。起業した人たちの時間を最大限彼らの事業に使ってほしいという思いから、NovolBaは立ち上がりました。

そのため、スタートアップ企業が成長したときの移転先のオフィスもNovolBa内で確保することで、オフィス移転に関する様々な課題を最小化できます。その上、退去までの期間を最短1ヶ月とすることで、必要に応じてすぐに動きが取れるような内容にしています。

会社の規模の成長に合わせて、気軽にオフィス移転を支援している点がNovolBaの強みです。

ワークスペースから生まれる文化の醸成を大切にしてほしい

—このサービスを立ち上げた経緯を教えてください

サービスを立ち上げた理由は、ワーキングスペースが企業の文化の醸成に大きく影響していることに気がついたからです。

会社の文化を醸成するには働いている人同士の円滑なコミュニケーションが大切です。業務内容に関わることだけでなく、何気ない日常会話から新たな企画のアイディアが浮かんだり、問題解決の糸口が見つかることもあります。言語的な会話がなくても、職場での先輩の言動を後輩が見て学んだり、同僚の仕事への熱意を肌で感じることでモチベーションに繋がる、なんてこともあるでしょう。

しかし、そういった雰囲気はテレワークやコワーキングスペースではなかなか生まれにくいです。また、コミュニケーションの質と量が確保できないと、事業に新しく参入したメンバーと立ち上げから関わっている初期メンバーの温度差を解消できず、会社の文化の醸成がうまく行かないという悩みを持っている企業も少なくありません。

そこで、忙しいスタートアップ企業でも気軽にオフィス環境を整えられるサービスを作りたいと思い、NovolBaを立ち上げました。

スタートアップ企業の成長を促すサービス展開を目指して

—サービスの今後について教えてください

NovolBaという名前の通り、スタートアップ企業が昇っていく=成長を促すようなサービスをこれからも展開していきたいと思います。

現在はスタートアップ企業向けに、オフィスにまつわる無駄や費用を削るのが主なサービスコンテンツですが、今後はさらに成長を促すためにプラスになるような要素も付け加えていきたいと思います。

—ミッションを教えてください

「成長ステージに合わせたスタートアップのワークプレイスは僕らが創る」です。ただサービスを提供するのではなく、スタートアップ企業の成長を支えることを第一に今後も成長していきたいと思います。

詳細はNovolBaのサイトをご覧ください。

サイトへ

 


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

シンガポール発!日本のサプライチェーンファイナンスをアップデートし銀行と中小企業の橋渡しを実現する会社ーー株式会社RootAnt(ルートアント)

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK