CATEGORY ニュース

ニュース

ドンキはなぜ“嫌われた”のか…創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」

記事詳細ドンキはなぜ“嫌われた”のか…創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」(1/4ページ)ドンキの急成長が止まらない。ドンキホーテホールディングス(HD)は2019年6月期の売上高(連結)が1兆円を突破し、30期連続増収増益となる見通しだ。直近では、米ウォルマートが西友の売却を検討していると報道さ

ニュース

「防衛」のはずが悪影響? 米政権の関税「役立たない」

高関税措置の第3弾は日用品を幅広く対象とし、中国製の安価な輸入品の恩恵を得てきた米国の低所得者層にも打撃を与える。8月21日の公聴会で、日本の100円ショップにあたる安売りチェーン大手「ダラー・ツリー」のゲイリー・フィルビン最高経営責任者は「関税がかけられれば何千もの商品を提供できなくなる」と訴えた

ニュース

「遠慮は本気じゃない証拠」、Kyashがサービス開始前に10億調達できたワケ

銀行員やコンサルタントというキャリアを経て、Fintech系企業を興したKyash(キャッシュ)の鷹取真一氏。エンジニアリングに関する知識や人脈はほとんどなかったが、同氏の想いに共感する仲間が徐々に集まった。資金調達にも成功し、Fintechコミュニティから誘われた鷹取氏。現在は、Fintech協会の理事として、協会の活動を支えている。

ニュース

シェア争奪でM&Aが加速する半導体市場、主戦場はモバイルから自動車へ

これまでスマートフォンやノートパソコンなどの部品を手がけてきた半導体大手が、新たな成長市場として自動車市場に照準を定めた。自律走行車の開発が加速し、「モノのインターネット(IoT)」が自動車業界にも浸透し始めたからだ。ルネサス エレクトロニクスによる別の半導体メーカーの買収をはじめM&Aも相次ぐ。ビッグプレイヤーしかいなかった自動車業界の地図が塗り変わる可能性も見えてきた。

ニュース

テクノロジーが“人間の作法”を学ぶ「ナチュラル・インターフェース」──未来は目的地ではなく方向である

IKEAのグローバルフューチャーリビングラボ、SPACE10が世界中から注目を集めている。IKEAの100%出資にもかかわらず、IKEAの社員は誰も常駐しておらず、一企業の枠を超えて、未来の人と社会を見据えたプロジェクトを生み出すことに成功している異色のラボである。7月末、持続的にイノベーションが起

ニュース

20年にも電動車いすシェア開始 WHILL、VCなど13社から50億円調達

電動車いすベンチャーのWHILL(ウィル、横浜市鶴見区)は、複数人が1台の電動車いすを共有するシェアリングサービスを2020年中にも始める方針を固めた。その準備費用として、ベンチャーキャピタル(VC)など13社から総額約50億円の資金を調達したと、18日発表した。

ニュース

女性起業家大賞の最優秀賞決定

全国商工会議所女性会連合会は「第17回女性起業家大賞」最優秀賞に、埼玉県内を中心にまつげエクステサロンを展開するアイエフラッシュ(さいたま市南区)の南まゆ子社長を決めた。能力開発を目的とした人材育成システムの構築などが高く評価された。ほかの受賞者は次の通り(カッコ内は本社所在地)。【スタートアップ部

ニュース

石炭火力発電、半減へ

丸紅は18日、温室効果ガス排出量の低減に向け、石炭火力発電による発電容量を2030年までに、18年度末比で半減させると発表した。太陽光発電などの再生可能エネルギー事業に人材や資金を回し、再生可能エネルギーの全発電容量に占める比率を、現在の約10%から23年までに倍増させることも目指す。丸紅は総合商社

ニュース

スペースXの月旅行にZOZOの前沢氏 2023年計画

【シリコンバレー=佐藤浩実】起業家のイーロン・マスク氏が率いる宇宙開発ベンチャーの米スペースXは17日、月の周りを飛行する宇宙旅行の初の個人客として、通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長と契約を結んだと発表した。人類の火星移住を目指して開発中の超大型ロケット「BFR」を利