スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /イベント会場でダイニーのサービス実際に使ってみた!
ニュース 2019.06.03

イベント会場でダイニーのサービス実際に使ってみた!


<【開催報告】川崎フロンターレの試合でダイニーを実際に使ってみました!>
5月17日(金)に川崎フロンターレのホームスタジアム『等々力競技場』で川崎フロンターレvs名古屋グランパスの試合が行われました。会場ではダイニーを導入した飲食店がいくつかあり、実際にダイニーを使ってみました!

ダイニーの使い方

ダイニーのwebページの「注文する」をおすとダイニーを導入している飲食店のページが表示されます。

自身の注文したいお店のページを選択し、注文したい商品を選択します。

支払いは登録しているクレジットカードから引き落とされます。

商品受取場所をクリックすると上記のマップが表示されます。

こちらから受け取り場所が確認できます。

実際につかってみました!

休憩に入って実際にダイニーを使って生ビールを注文しました!

普通のお店ではたくさんの人が列になって待っていましたが、ダイニーを使うととてもスムーズにビールを受け取ることができました。

持っていくのもスマホのみでOK*

並ぶこともなく、らくちんにビールをゲット!楽しむ準備、万端です!

1:1の接戦で会場も大盛り上がり!ハラハラドキドキ、最後まで目が離せませんでした!!

おいしいビールと刺激的な試合を堪能しました*

社長インタビュー。今回のイベントに関して率直な感想は??

今回イベント終了後山田さんにお話を伺いました*

ーイベント無事終了しましたが、今のお気持ちは??実際にダイニーを導入してみていかがでしたか?

『試合後には毎回お客さんにフロンターレがアンケートを送っているが、そのアンケートの中身を共有していただいたところ、高評価をしてくれている方が多かった。お客さんの声をきくと、やはり普段からスタジアムグルメの待ち時間に悩まされていたとのことで、自分のスタジアムの中の動きの中に自然と取り入れてもらっていて、嬉しくおもった。
一方で、メニュー数や店舗数が多くなければあまりお客さんにとって嬉しいものではなくなってしまうので、できるだけ普段の購買と同じ状態のものを提供しなくてはならないと感じている。お店からしてみれば、キャッシュレスすらあまり浸透していないのが日本のスタジアムの現状なので、こういう新規性の高いITプロダクトに対する恐怖心はすごく強い。そのために、さばきやすい1商品だけの出品になってしまったり、そもそも出店しないという選択をしてしまう店舗がいる。
実際にダイニーの導入で売上が上がることは、数字として証明されているので、こういった数字で説得しつつできるだけ普段と変わらない商品提供をしたい。

ー今回のイベントを行うにあたって最も注意した点はどのようなところですか?

『お客さんが受け取るまでの時間。3分後に受け取れるのと、30分後に受け取れるのとでは、UXに大きな差が出てくる。
日本ではモバイルオーダーという考えがまだ根付いていないため、インターネットを使って購買するとなると「事前予約」という考え方が最初に浮かんでしまう。そのため、1日前まで注文できますとか、ひどいところだと3日前までに注文してくださいという商品提供の形になってしまう。
モバイルオーダーの素晴らしいところは、そのオンデマンド性にあるので、レジがいらないだとか、人間の対応以上にさばけるとか、そういう利点を十分に理解してもらった上で、回転率を上げるために取り入れてもらいたいと考えている。
理想のUXでいえば、スタジアムの開門前とか、座席を確保して一息ついたときに、スマホからサクッと注文してすぐにピックアップする形。また、ハーフタイムに入った瞬間に注文しておいて、先にトイレを済ませてからお店ですぐに受け取れるような、「ファストパス」の概念から逸脱しないよう気をつけている。

ー今回のイベントを経て今後どのように事業を展開していきたいですか?

『スポーツ観戦シーンをはじめとして、一時的に人であふれるところはお店の回転率を大幅に改善させることができるので、そういうところに積極的に導入していきたい。JリーグやBリーグ、野球など、需要と供給のバランスが崩れているシーンは多々あり、お店だけでなくお客さんの課題感もとても強い。より試合に集中できる環境を作るという意味でも、スポーツシーンは相性が良いと思っている。
また、他にもモバイルオーダーの可能性が活かされる市場は無限と言ってよいほどあるので、今ステルスで検証している市場も含めて、いろんな市場でその価値を発揮していきたい。

サイトへ

編集後記

取材担当大野

現役の東大生!大学の先輩としても、起業家の方としても、とても尊敬のできる方です。お会いしてみるととても気さくで笑顔の素敵な方でした✳︎

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」[

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK