スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /本業が認可した副業先で働く!人生100年時代の新しいWeb副業マッチングサービス『Archers(アーチャーズ)』
インタビュー 2020.06.08

本業が認可した副業先で働く!人生100年時代の新しいWeb副業マッチングサービス『Archers(アーチャーズ)』

副業と聞くと、「お小遣い稼ぎ」や、「こっそりやるもの」といったネガティブなイメージを持たれることが多いかもしれない。

今回取材させていただいた株式会社アーチャーズが提供する「Archers(アーチャーズ)」は、そんな副業の持つネガティブなイメージを一新し、キャリア形成のツールとして機能するサービスだ。

アーチャーズの山内大樹さんによると、Archersでは本業が副業先の企業を認可するため、雇用契約のもとで安心して副業ができるという。

どんなサービスなのか、詳しくみていこう。

プロフィール

株式会社アーチャーズ プロダクト責任者 取締役 山内 大樹

社員は副業でキャリアを構築、企業はコンプライアンスを遵守できる副業マッチングサービス『Archers(アーチャーズ)』

ーーArchersはひとことで言うとどんなサービスですか?

個人が複数のキャリアを副業によって実現できるサービスです。登録していただいた企業で働く社員さんが、勤務先が認可する他の企業で副業として働くことができます。

ーーどのような企業が利用しますか?

製造業をメインで想定しています。中小企業は人材不足のところが多く、大企業では目立たない人材でも中小企業にとってはスキルや経験を持った重宝される人材であることが多いんですよね。現在行われている副業ビジネスの多くは一部のハイクラスの社員をターゲットにしていますが、Archersのターゲットはミドルの人材です。そのような社員さんに、本業で生活の基盤を確保しながら、副業で自分のキャリアを生かして喜びやモチベーションになるような場を繋いであげられたらいいなと思っています。

ーー利用する企業のメリットはなんですか?

雇用契約ありきの副業システムを取り入れられることです。現在は全責任が個人にいく業務委託の複業システムが主流です。複業の仕事がアンコントロールになり、本業に支障が出てしまう、ということも考えられます。Archersを利用すれば、自社社員がどこでどれだけ副業しているかを把握することができ、労働時間を管理することで社員を守ることができます。また、社内にいないスキル人材のスポット雇用や優秀な自社社員が副業先で活躍することで自社の評価が上がることもメリットの一つですね。新卒の方は、副業解禁している企業かどうかも情報収集していますので、副業を解禁しているという部分で応募が増えるもしれませんね。

ーー利用する社員さんのメリットはなんですか?

本業で安定した収入を得ながら自分のやりたいことに挑戦でき、さらに副業先での経験がキャリア形成に役立つことです。

近年、人生100年時代と言われ、定年の年齢が上がることによって就業寿命と企業の平均寿命の逆転という現象が起こっています。つまり誰しもが人生で2、3度の転職を経験する時代です。そのような背景で、本業一本でキャリア形成をするのはハイリスクなのではないでしょうか。定年がきても本業以外の収入源があれば資産の面で安心することができます。副業をお小遣い稼ぎではなく、キャリア形成として捉えて、ご自身の社外でのキャリアを築くことができるサービスとして利用していただきたいと考えています。

ーー競合との差別点はなんですか?

まず、雇用契約が前提となっていることが挙げられます。Archersは、本業がある社員さんが企業の把握する中で他社で副業ができるサービスとなっています。本業で築いてきたキャリアや信頼性を副業に生かし、収入よりも社員教育やキャリア形成という面を重視しているからです。Archersで副業=お小遣い稼ぎという概念を変えていきたいと考えています。

豊富な人材を持つ大企業と人材不足の中小企業。労働力を循環させギャップを改善したい

ーー起業の経緯を教えてください

サービスを思いついたのは、お客様である大企業と、仕入れ先の中小企業との間に入って部品を売る仕事をする中で、大企業と中小企業のギャップに理不尽さを感じたことがきっかけです。例えば、大企業はデジタル化が進んでいて注文もデータ化していたり、人材も豊富に揃っていたりしますが、中小企業には設備投資する金銭的な余裕がなく人材も集まらないという状況です。

このままでは仕入れ先の中小企業は大企業の要望に応えることはできません。この状況をなんとかしたいと思っていたときに、人材をうまく大企業から中小企業に動かすことができれば改善できるのではと考えたのです。

私自身は親会社で新規事業を立ち上げる部隊に所属しています。その中で、副業マッチングサービスを企画し、社内起業しました。

『副業』に意味のイノベーションを起こし、社会問題を解決する

ーーサービスの今後の展開を教えてください

当面は、アーチャーズに共感いただける企業様と手堅く実績を作り、サービスを磨き込んでいきます。当社で副業の経験を積んでいただき、やがて、フリーランスとして働く自信を身につけるサービスにしたいです。また、登録企業様が増えてくれば、製造業に限らず別の社会課題の解決にも取り組むことができると考えています。例えば保育士の資格を持っていながら、労働環境や待遇を理由にサラリーマンとして働いている方(潜在保育士)がいたとします。そういう方が、このサービスを生かして副業で保育士として働く事ができれば、保育士不足という問題の解決の一助になると考えています。

ーービジョンは何ですか?

副業という言葉の概念にイノベーションを起こしたいです。お小遣い稼ぎではなくキャリア構築、人材育成のツールとして副業が定着して当たり前になる社会の実現を目指しています。

生活のためだけに仕事をするのではなく、自分の好きなことや、やりたかったことに副業で挑戦し、将来的なキャリアを作る事で、ワクワクするライフプランを描ける世界にできたらいいですね。

副業マッチングで中小企業の社員のキャリア構築とライフプラン形成を支援するArchersに、今後も注目したい。

 

Archersのサービスが気になった方はこちら。

サイトへ

編集後記

取材担当阿久沢

本業の勤務先と副業先をつなぐというアイデアは画期的でした!「副業」の持つネガティブな部分の意味合いがなくなって、すべての人が自分の好きな働き方で生きていけるようになるといいですね。


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

【業界初】フリーエンジニアの悩みを一挙に解決するサービス「Stanfit」始動!

高度な営業企画書をオンライン上で自動生成。クラウド型提案書作成サービス『YAORDER』β版の事前登録を受付開始。

ペットの健康維持をよりカンタン・手軽なものにするサービス「pett」をリリースしました

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

みなさまは月に何回洗車しますか?

ミートキャリア、法人向けに育休復職社員カウンセリング開始 ―長期的な女性活躍に向け、大手企業で先行導入―

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK