スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /好きな時に好きな場所で歩いて稼げる!着になる広告『adplus(アドプラス)』
インタビュー 2020.08.31

好きな時に好きな場所で歩いて稼げる!着になる広告『adplus(アドプラス)』

時間や場所を拘束されることなく、面接や選考、特別な資格もいらない。そんな夢のようなアルバイトが学生の新しい選択肢になるかもしれない。

Wanna Technologiesの提供するadplus(アドプラス)を利用すれば、なんと歩くだけで遊びながら報酬を手に入れることができるという

一体どんなサービスなのだろう。開発者の3人にお話を伺った。

プロフィール

小野塚 悠

照井 俊哉

牧野 賢士

好きな時に好きな場所で歩いて稼げる!着になる広告『adpluss(アドプラス)』

ーーサービスをひとことで言うと?

iPadを背負って街に出かけてそこに広告を表示させることによって、歩くだけで報酬が手に入るというサービスです。

ーーどのように利用するのですか?

ユーザーはこちらで用意するライブポーチのなかにCMが流れるiPadを入れて、身につけてエリア内を歩きます。アプリをインストールするとアプリ内に広告が表示されているのですぐに働き始めることができます。

ーーユーザーの抱える課題はなんですか?

「遊びながらお金を稼ぎたい」と考える学生の課題を解決します。アルバイトのように場所や時間に拘束されることなく、また不確実性を伴うフードデリバリーとは異なり確実に報酬を手に入れられるサービスを考案しました。

ーーユーザーのメリットはなんですか?

選考や資格、初期投資なしで好きな時に働き始めることができる点です。また、UberEatsなどのフードデリバリーサービスと違って依頼の競争がなく、安定して収入を得ることができるほか、iPadを背中につけて歩くだけなので遊びながら働くことができることもメリットとして挙げられます。

ーー広告を出す企業側のメリットはありますか?

時間ごとに人の多い場所に集中してアプローチをかけることができる点がメリットです。ボーナスエリアを設け、広告を背負った人を集めることで、無駄のない効率的なPRにつながります。また、何度も同じ広告を目にする単純接触効果によって見た人にとって好印象に残りやすくなるという効果もあります。

ーーターゲットはどのような人ですか?

初期のターゲットは渋谷周辺を頻繁に利用する学生です。現在はターゲットの層が限られていますが、今後はもっと広げていきたいと考えています。

ーー競合のサービスはありますか?

同じサービス内容という意味での競合は今のところ無いですね。ただ、屋外広告を進化させるという考えで立ち上げたので、広告という意味では看板の広告がライバルになると思います。

ーー競合と比較した強みはなんですか?

高いところにあって目線が届きにくく、同じ場所にあって移動することができない看板広告に比べ、アドプラスは人の目線の位置に反復して広告を表示させることができます。また、Web広告と違って強制スキップできないため、最後まで広告を見てもらうことができる点もアドプラスの強みです。

発案はビジコン高校生チーム!学生ならではのサービス立ち上げのきっかけとは

ーーサービスを立ち上げた経緯を教えてください。

アドプラスのサービスを考案するに至った一番大きなきっかけが、キャッチフレーズにもなっている「今日お金ないから遊べない」という経験です。僕たちは現在高校生で、安定した収入源を持っていないので1ヶ月に使えるお金が非常に限られています。僕たちのような学生が友達に誘われた際に、「今日お金がないから遊べない」という理由で断ることがなくなるように、遊びながらお金を稼ぐことができて、その場で即日報酬が手に入るプラットフォームを考案しました。

ーー創業メンバー全員が現在高校3年生ということで大変驚いたのですが、高校生の間に起業しようと決意したきっかけはありますか?

もともと僕たち3人はビジネスコンテストによく一緒に応募するチームメイトでした。いろいろなコンテストに応募するうちに高校生でもできるんだ、ということに自信がつき、今回はTwitterを通して知ったディップのガクレラレーターに応募しました。

ーー起業をしたいと考える高校生に伝えたいメッセージはありますか?

「行動する」ということをぜひ心がけてほしいです。学校ではたくさんのこと知るきっかけがあります。しかし、何かを知って終わりではなく、それを忘れないためにもすぐに行動することが大切だと考えています。現在、高校生が参加できるビジネスコンテストはたくさん種類があるので、とりあえず仲間と応募してみるというのも一つの手段ですね。

「歩くだけでいい」生産性を上げてより楽しく生きられる世の中に

ーーサービスは今後どのように進化しますか?

コロナ期間が終わり次第リリースをして、お金がなくて遊べない状況にある学生に使ってもらいたいです。

ーー目指す世界観はありますか?

仕事が忙しくて余暇時間がない人が多い中で、僕たちのサービスを利用して少しでも余暇時間での報酬を提供し、本来の仕事での生産性、ひいては社会全体の生産性を上げていくことができたらいいなと考えています。

お金がなくて悲観的になってしまう人が多い世の中だと思うのですが、「ただ歩くだけでいい」ということを選択肢の一つとして提供して、より楽しく生きられる世の中にしていきたいです。

学生時代の時間はお金では買えない価値があると言われている。「歩くだけでお金が稼げる」adplusは、アルバイトの新たな選択肢になりそうだ。

adplusの事前登録サイトはこちら。

サイトへ

編集後記

取材担当阿久沢

背中に広告をつけて遊ぶとお金が入るという独創的なサービスを取材させていただきました。渋谷の街が背中広告だらけになったら、ちょっとシュールですが広告効果は抜群にありそうです。応援しています!


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

好きな食べ物から毎日のコーヒーを決める!オーダーメイドコーヒー『Omame』誕生

自社にパーソナライズされた献立を届ける「献立AI」サービス

2/10(水)ESG経営をリードする各界の先駆者が集結!「ESG/SDGs」の最前線にフォーカスしたフォーラム「The Future of ESG/SDGs」開催

“超効率型デリバリー”で飲食店とランチ難民を救う フードデリバリーのチェンジメーカー「ミノージャパン」 株式投資型クラウドファンディングを開始

チームをつなげるオンラインオフィス構築プラットフォーム「Parafice(パラフィス)」を、"サテライトオフィス2.0"にーー株式会社Divide

患者が自宅にいる間もリハビリをサポートできる病院・接骨院向けの顧客管理システムで、患者もセラピストも幸せにーー株式会社リハサク

ミノージャパン、#FUNDINNO 様で株式投資型クラウドファンディングに挑戦!

採用候補者の性格を可視化し、社員の性格傾向と照合して採用活動のミスマッチを防ぐ適性検査クラウド「Jobgram(ジョブグラム)」ーーグラム株式会社

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK