スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /地方の優秀なエンジニアをリモートワーク採用!地元ワークという働き方ーー『リモートビズ』
インタビュー 2020.12.14

地方の優秀なエンジニアをリモートワーク採用!地元ワークという働き方ーー『リモートビズ』

コロナ禍でリモートワークが定着した2020年。全ての人が勤務時間や住んでいる地域など時間的・空間的な縛りなく働くことができる時代がすごそこまで来ている。今回取材させていただいたのは、株式会社セルバの提供するエンジニアのためのリモートワーク案件紹介サービス「リモートビズ」だ。どんなサービスなのか詳しく見ていこう。

プロフィール

代表  中山 健

地方の優秀なエンジニアをリモートワーク採用!地元ワークという働き方ーー『リモートビズ』

ーーひとことで言うとどのようなサービスですか?

リモートビズは、リモートワークができるエンジニアの案件を紹介するサービスです。

基本的にはエンジニアと、エンジニアを求めている企業のマッチングを行っています。リモートビズはリモートワークの案件に特化したものとしては比較的古くからあるサービスで、今でこそコロナ禍でリモートワークが普及し始めていますが、弊社ではコロナ以前からリモートワークの促進という事業を行ってきました。

ーーどのような方が利用されているのですか?

エンジニアの利用者は地方在住の方が多いです。クライアントは主に東京の会社が多く、今までなかなか東京での仕事ができなかった地方にお住まいのエンジニアに対して東京をはじめとする都市部の案件を提供することができます。言語としてはPHPやRuby、PythonなどWeb系のプログラミング言語を多く扱っていますね。

もう一つの特徴として、リモートビズには比較的スキルの高いエンジニアが揃っています。企業側はエンジニア不足ということでフルリモートの条件で募集を行っていますが、フルリモートの案件を取れるということで必然的に弊社を通じて応募していただくエンジニアのスキルは高くなっています。

ーー利用したいエンジニアはどのような流れで登録するのですか?

リモートビズのサイトに直接ご応募いただく形をとっています。企業側の案件が数百ほど常時掲載されているのでその案件に対して応募して、弊社の方でヒアリングをさせていただき、企業の求める内容とマッチングしたらご紹介させていただくという流れになっています。

ーー競合のサービスと比べた優位点はなんですか?

リモート対応のエンジニアの紹介という点では競合のサービスはいくつかあります。それらのサービスと比べた際の強みとしましては、弊社は比較的古くからリモート案件を取り扱っており、企業からの信頼があるので案件の数が多いこと、そして地方のエンジニアにターゲットを合わせて以前から募集を行ってきたので、地方のスキルの高いエンジニア人材が豊富に集まっていることです。

セルバでは業務委託の案件紹介とは別に、フルリモートの正社員紹介のサービスも行なっています。

テックビズプロはリモートビズから派生したサービスです。スタートアップ企業など新しく創業したばかりの会社ではエンジニアが採用するのが難しいという現状があります。そのような企業に最初の一人目のエンジニアを紹介するというのがテックビズプロのサービス内容です。

スタートアップ企業側はエンジニアを採用したいけれどスキルがわからない、そもそも何を見て採用売ればいいのかがわからないという課題を抱えています。そこをテックビズプロがエンジニアの方のスキルと企業側の作りたいプロダクトを加味してアドバイスさせていただきます。

リモートワークで企業のエンジニア不足の解消と地方のエンジニアの新しい働き方を実現

ーー会社を立ち上げた経緯について教えてください。

弊社は2005年からWeb制作の事業を行っていました。今のようなリモートワークができる企業とエンジニアのマッチングのサービスを始めたのは2年ほど前からです。

2020年からコロナによって急激に事情は変わっていますがやはり今までは東京のオフィスに行ってプログラミングのお仕事をするというのが当たり前でした。弊社ではWebのシステム開発を行っていたのですが、他の会社と同じようにエンジニア不足という課題を抱えていました。それを解消するために数年前からフルリモートのエンジニアを探して依頼しており、そこで特にトラブルが発生することなくきちんと回すことができていたので、フルリモートでも仕事はできるという結論が出ました。そこでエンジニア不足に困っている他の会社にもフルリモートでエンジニアを採用しませんかと声をかけさせていただいて、リモートビズというサービスを立ち上げました。

『地元ワーク』を定着させたい

ーーサービスの今後の展開を教えてください。

「地元で東京の仕事をできるようにする」というのがリモートビズとして今目指している目標です。エンジニアが仕事のために東京に引っ越して高い家賃を支払うよりも、地元でゆとりを持って仕事をして、精神的にも豊かな状態で働くことができるような世界を作っていきたいと考えています。これからは『地元ワーク』という働き方をさらに広めていけたらいいですね。

リモートビズが気になった方はこちら。

サイトへ


取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

転職理由は本音で話すべき?638人に聞いたアンケートを元に解説!

22年卒予定の学生に聞いた「就職活動中での企業の採用選考時の対応に関する意識調査」就活中、企業の対応によって志望度が上がった経験のある人が70%強 ~半数以上が「下がった経験がある」と回答。企業と学生が対等に選びあう時代に~

26の大学発ベンチャーのタネを一挙公開!京阪神スタートアップアカデミア・コアリション【KSAC】 Demo Day 2022開催!

「GET IN THE RING OSAKA 2021 -Sustainable Business-」優勝企業が決定。世界大会への挑戦権を獲得!

Job総研『2021年ニュースランキング』調査を実施

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

音声SNS「Wacha」で、”人肌感がありながら、 自分を自由に表現できる世界”を創る。 〜Coeto創業ストーリー〜

IoT、ロボット、各種アプリなど情報通信分野に絞ったピッチイベント「ミライノピッチ2021」受賞者決定!

M&A総合研究所が上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】を発表 。建築・土木業、IT・ソフトウェア業のM&Aが大幅に増加〜

採用管理システム「sonar ATS」、タクシーCMを放送開始 ~「頑張るだけじゃ、良い人材は採用できない」採用現場の現状と「採用業務のデジタル化」の重要性を表現~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK